悪意のある表現に関するポリシー

悪意のある表現は、YouTube では許可されていません。次のいずれかの特性に基づいて個人や集団に対する暴力や差別を助長するコンテンツは削除されます。

  • 年齢
  • 障がい
  • 民族
  • ジェンダー
  • 国籍
  • 人種
  • 在留資格
  • 宗教
  • 性別
  • 性的指向
  • 従軍経験

* ジェンダー、性別、性的指向については、社会の考え方が変化していることに配慮して定義しています。

このポリシーに違反するコンテンツを見つけた場合はご報告ください。コミュニティ ガイドラインへの違反を報告する手順はこちらでご確認いただけます。報告すべきと思われる動画、コメント、チャンネルを複数見つけた場合は、報告ツールにアクセスして詳しい内容を送信できます。

クリエイターへの影響

コンテンツを投稿する場合

以下を目的とするコンテンツは YouTube に投稿しないでください。

  • 上記の特性に基づいて個人や集団に対する暴力を助長する。YouTube では脅迫が許可されません。暴力行為の予告は間接的であっても現実の脅迫と見なされます。詳しくは、嫌がらせやネットいじめに関するポリシーをご覧ください。
  • 個人や集団を動物、昆虫、害虫、病気、またはその他の人間以外の存在と比較するなどして非人間的に扱う。

このポリシーに違反するその他のコンテンツ

  • 上記の特性に基づいて個人や集団に対する暴力を称賛または美化する。
  • 憎悪を助長することを主な目的として、人種的、民族的、宗教的、またはその他の中傷を使用する。
  • 上記のいずれかの特性に基づいて憎悪を生み出したり助長したりするステレオタイプを使用する。これは、こうしたステレオタイプを助長するか、それを事実として扱うスピーチ、テキスト、画像の形をとることがあります。
  • 上記の特性に基づいて、ある集団が他の集団よりも劣っているという主張。これには、この集団の知能や能力が低い、価値がないなどと決めつけることが含まれます。

教育的コンテンツ

悪意のある表現が、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術を主な目的とする場合は、そのコンテンツを許可することがあります。ただし、悪意のある表現を自由に使ってよいわけではありません。許可されるのは次のような場合です。

  • ヘイトグループに関するドキュメンタリー: グループを支持したり、その思想を宣伝したりしていない教育コンテンツは許可されます。暴力や憎悪を助長するドキュメンタリーは許可されません。
  • 人間の科学的研究についてのドキュメンタリー: 特定の集団の劣等性や優越性に関する仮説を扱っていても、時間に伴う仮説の変化を追ったドキュメンタリーは教育目的であるので許可されます。個人や集団が劣っている、または人間未満であるという科学的証拠があると主張するドキュメンタリーは許可されません。

このポリシーは、動画、動画の説明、コメント、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

YouTube で許可されていない悪意のある表現の例を示します。

  • 「この [暴力事件] が起こってよかった。[上記の特性を持つ人] は自業自得だ。」
  • 「[上記の特性を持つ人] は犬だ。」または「[上記の特性を持つ人] は動物のようだ。」

その他の例

  • 「[上記の特性を持つ人] を殴りに行こう。」
  • 「[上記の特性を持つ集団] はみんな邪悪だ。」
  • 「[上記の特性を持つ人] は人間のくずだ。」
  • 「[上記の特性] は病気だ。」
  • 「[上記の特性を持つ人] は病気だ。」

これらはほんの一例です。このポリシーに違反する可能性があると思われる場合はコンテンツを投稿しないでください。

このポリシーに違反するコンテンツへの措置

コンテンツがこのポリシーに違反している場合は、そのコンテンツを削除し、その旨をメールで通知します。投稿したコンテンツが初めてコミュニティ ガイドラインに違反した場合は、警告を受けるだけで、チャンネルが罰せられることはありません。2 回目以降の場合はチャンネルに対して違反警告が発行されます。違反警告を 3 回受けると、チャンネルは停止されます。違反警告システムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

コンテンツに悪意のある表現が含まれると疑われる場合は、そのコンテンツで利用できる YouTube 機能が制限される可能性があります。詳しくは、機能制限についての記事をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。