悪意のある表現に関するポリシー

YouTube では表現の自由を支持し、あまり一般的でない意見でも自由に表現できるように努めていますが、悪意のある表現は許可されません。

悪意のある表現とは、次のような特性に基づいて個人や集団に対する暴力を助長したり差別を扇動したりするようなコンテンツを指します。

  • 人種または民族的出自
  • 宗教
  • 身体障がい
  • 性別
  • 年齢
  • 従軍経験
  • 性的指向性 / 性同一性

悪意のある表現と見なされるかどうかは紙一重で決まります。たとえば、一般的に民族国家を批判することは許容されますが、出身民族だけの理由で差別を扇動することが主な目的のコンテンツは YouTube のポリシーに違反すると見なされます。また、宗教など上記のような特性に基づいて暴力を助長するコンテンツも同様です。

悪意のあるコンテンツを報告する

差別的、または侮蔑的なものがすべて悪意のある表現と見なされるわけではありません。特定のユーザーが投稿したコンテンツを不愉快に感じる場合は、そのユーザーをブロックすることができます。

ただし、コンテンツが YouTube の悪意のある表現に関するポリシーを遵守していないと思われる場合は、次のいずれかの方法で YouTube に報告して確認を求めることができます:

  • 動画を報告する: YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反していると思われる悪意のあるコンテンツを見つけた場合は、[報告] 機能を使用して報告することができます。
  • 嫌がらせ行為を報告する: 報告すべきと思われる動画、コメント、ユーザー アカウントを見つけた場合は、報告ツールにアクセスして、詳しい内容を送信することができます。
 
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。