検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

著作権に関するよくある質問

著作権の問題に関するよくある質問と回答については、この記事をご覧ください。

著作権に関する一般的な質問

パブリック ドメインとは何ですか?

作品の中には、著作権保護が消滅して「パブリック ドメイン」に該当するものがあり、このような作品は自由に利用することができます。著作物がパブリック ドメインに該当するようになるまで、通常は何年もかかります。著作権が保護される期間は、作品が公表された場所や時期、作品が職務著作として委託されたものであるかどうかなどの要素によって異なります。米国連邦政府機関によって作成された一定の著作物は、公表直後にパブリック ドメインになります。パブリック ドメインに関する規則は、国によって異なりますのでご注意ください。

YouTube にアップロードする前に作品が実際にパブリック ドメインであるかどうかを確認することは、ご自身の責任です。なお、公式なパブリック ドメイン作品リストは存在しませんが、役に立つオンライン リソースがいくつか利用できます。コロンビア大学図書館コーネル大学の著作権情報センターでは、パブリック ドメインに該当すると思われる著作物に関する便利なガイドが提供されています。ただし、YouTube も上記いずれの大学も、リンクされている作品が著作権の保護を受けていないと保証することはできません。

派生著作物とは何ですか?

別の著作権者のコンテンツを元に新たな作品を作成する場合は、著作権者の許可を得る必要があります。派生著作物には、続編、翻訳、スピンオフ、翻案などがあります。著作権で保護された素材の登場人物やあらすじなどの要素を元にした動画をアップロードする前に、専門家から法律上の助言を受けることをおすすめします。

フェアユース

フェアユースとは、一定の条件を満たしていれば、著作権者から許可を得なくても、著作物を再利用できることを示した法原理です。

裁判所は 4 つの要素を重視して事例ごとにフェアユースを判断しています。これには、著作物の利用の目的と特性、著作物の性質、著作権で保護されているその作品全体に対する利用部分の比率、また著作物の潜在的市場または価値に対する使用の影響といった要素があります。フェアユースによってコンテンツが保護されており、それを理由に異議申し立てまたは異議申し立て通知を送信できると確信していても、コンテンツが削除の対象とならないとは限りません。

動画の説明に、特定の文言や免責条項(「フェアユースによる使用」)を追加しても、作品が自動的に保護されることはありません。詳しくは、フェアユースの俗説をご覧ください。

著作権者の許可なく著作物を使用できるかどうかのルールは、国によって異なります。たとえば米国では、解説、批評、研究、教育、ニュース報道での使用はフェアユースと見なされる場合があります。考え方は似ていますが、仕組みが若干異なるフェア ディーリングを定めた国もあります。

YouTube はフェアユース保護プログラムの中で、YouTube での適切なフェアユースの例を一部ご紹介しています。米国以外の地域ではこの再生リストの動画を視聴することはできませんが、このプログラムについて学習し、フェアユースの他の例を確認していただくことはできます。

詳しくは、フェアユースに関するよくある質問をご覧ください。

米国外での著作権についての詳細は、どこで調べられますか?

欧州委員会のウェブサイトには、欧州連合諸国での著作権に関する役立つ情報とリンクがあります。

世界知的所有権機関(WIPO)のウェブサイトには各国の知的財産・著作権事務所のリストがあり、自分の国で適用される著作権法に関する情報を確認することができます。

また、世界知的所有権機関のウェブサイトでは世界各国の著作権法のデータベースも提供されています。

上記のサイトはフェアユースの理解を助ける目的でのみ紹介しており、YouTube が承認支持しているわけではありません。

YouTube へ動画をアップロードするユーザーの質問

他者のコンテンツを自分の動画で使用するための許可を得るには、どうすればよいですか?

著作権で保護されている素材を動画で使用したい場合、通常はまず使用許可を得る必要があります。YouTube からこうした許可を与えることはできず、また許可できる当事者を探して連絡する手助けもできません。これは、ご自身で調べて、ご自身でまたは弁護士の支援を受けて対処する必要があります。

たとえば、既にアップロードされているコンテンツの使用権を YouTube が付与することはできません。他のユーザーがアップロードしている YouTube の動画を使いたい場合は、メッセージの送受信機能を利用してそのユーザーへ問い合わせることができます。

YouTube では、動画に組み込むことができる素材の検索に役立つ機能を提供しています。

  • YouTube のオーディオ ライブラリでは、YouTube 動画に使用する BGM やサウンド エフェクトを簡単に見つけることができます。無料で利用できる音楽を検索できます。
  • 音楽ポリシー一覧でも、音楽の著作権者が適用する Content ID ポリシーを確認することができます。ポリシーによっては、動画は YouTube 上から削除されず、表示される広告の収益が音楽の著作権者に支払われます。詳しくは、音楽ポリシーをご覧ください。
  • YouTube 動画エディタでは、クリエイティブ・コモンズのライセンスに基づいて他の YouTube ユーザーがアップロードした動画をリミックスすることができます。

コンテンツの使用許可を得ているのに、自分の動画が削除されたのはなぜですか?

特定の著作権で保護された素材を自分の動画で使用するための権利を取得してある場合は、YouTube 上の動画のタイトルと URL を元の著作権者に伝えておき、誤認による削除を防ぐことをおすすめします。

誤認によって動画が削除された場合は、次のいずれかの方法でご対応ください。

動画が Content ID の申し立てによって誤ってブロックされたと思われる場合:

Content ID の申し立てに対する異議申し立てを行ったり、著作権侵害による削除に対する異議申し立て通知を送信したりする前に、次の項目を検討することをおすすめします。

  1. 動画内のコンテンツの著作権を所有していますか。
  2. 動画内の第三者のコンテンツのすべてについて、該当する著作権者から許可を得ていますか。
  3. 著作権で保護されている素材の使用方法は、フェアユース、公正取引、または適用される著作権法の定める、それに類似した例外に該当しますか。

上記のいずれかの条件がお客様の動画に当てはまる場合は、最も適切な異議申し立ての手続きをご自身で調べるか、弁護士に相談していただくことをおすすめします。当てはまらない場合は、著作権法に違反している可能性があります。

自分で録画 / 録音した、または購入したコンテンツが削除されたのはなぜですか?

コンテンツを購入しただけでは、YouTube にアップロードする権利を所有していることにはなりません。著作権者を明記して、購入したコンテンツを含む動画を掲載した場合でも、通常は著作権法違反となります。

自分で録画または録音しただけでは、YouTube にアップロードする権利を所有していることにはなりません。著作権で保護された音楽をバックグラウンドで再生するなど、自分の録画または録音した動画に著作権で保護された他者のコンテンツが含まれる場合は、適切な著作権者から許可を得る必要があります。

自分の動画が削除されたのですが、YouTube では不正な申立人による動画の削除をどうして阻止しないのですか?
YouTube は著作権侵害による削除のプロセスで不正行為や不正使用に対処するための措置を講じています。具体的な事例やプロセスに関するコメントはできませんが、著作権ツールとプロセスの不正使用については十分に調査しており、不正使用していると見なされた申立人に対しては断固とした措置を取っています。著作権侵害対応手続き(削除と異議申し立て通知の両方)を不正使用した場合は、アカウントの停止措置を講じています。

著作権者の質問

チャンネルや再生リスト全体の削除をリクエストすることはできますか?

いいえ、できません。コンテンツを侵害している申し立て対象の動画を URL で特定する必要があります。

動画の URL を取得する方法は次のとおりです。

  1. YouTube で問題の動画のページを開きます。
  2. 上部にあるアドレスバーに、動画の URL が表示されます(www.youtube.com/watch?v=xxxxxxxxxxx のような形式)。

著作権侵害の申し立てを提出するには、Google または YouTube のアカウントにログインして著作権に関する申し立てのウェブフォームを使用します。

著作権に関する申し立てに関して、YouTube が詳しい情報を求めるのはなぜですか?

著作権侵害によるコンテンツ削除は正式な法的要求ですので、執行力ある要求文書として正式なものにするためには、決められた項目を記載する必要があります。

情報が不十分、または無効な著作権に関するリクエスト(たとえば削除通知異議申し立て通知など)に対し、YouTube はリクエストを正式なものにするうえで不足している情報を送信者へ返信します。

著作権に関するリクエストを提出した後でこのような返信があった場合は、返信された内容をよくご確認いただき、内容に応じたご対応をお願いします。ほとんどの場合、お客様からの有効な申し立てがあるまで、YouTube では対応できません。

新たな著作権の申し立てをするたびに、自分のすべての情報を提供しなければならないのはなぜですか?

著作権法に従い、すべての削除リクエストに対して、必要事項がすべて記載された正式な著作権の通知をご提出いただく必要があります。

著作権侵害の申し立てを再度提出する際は、Google アカウントか YouTube アカウントにログインして著作権に関する申し立てのウェブフォームをご利用いただくと最も簡単です。

継続的な著作権管理ニーズのあるコンテンツ所有者様には、YouTube のコンテンツ検証プログラムContent ID のご利用をお申込みいただけます。

YouTube に自分の著作権を侵害している動画を通知して、動画が削除された後、その動画を YouTube に復元するというメールが届いたのはなぜですか?

おそらく、お客様の削除リクエストに対する異議申し立て通知が YouTube に送られてきたためです。お客様がそのユーザーの侵害行為の差し止めを提訴したという証拠をお送りいただかない限り、法律に基づいて動画は復元されます。お客様から 10 日内にお知らせがない場合、そのコンテンツは YouTube に復元されます。

自分の著作権保護コンテンツへ不正にアクセスできるようにするパスワードやキー ジェネレータを提供している動画を報告するには、どうすればよいですか?

お客様のソフトウェアへのアクセス制限を無視して他人がアクセスできるようにしてしまう情報(パスワード、キー ジェネレータ、クラッキングなど)を含む動画は、その他の法的問題の申し立てフォームを利用して YouTube へ通知いただくのが適切であり、最も簡単です。

 

他のウェブサイトから自分の動画のコピーを削除するにはどうすればよいですか?

使用を許可していない自分の YouTube 動画を他のウェブサイトで見つけたときは、そのウェブサイトが定める動画の削除申請手続きに従う必要があります。YouTube がお客様に代わってその手続きをすることはできません。

ユーザーに動画のアップロードを許可しているほとんどのサイトでは、デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)のセーフハーバー原則に頼っています。こうしたウェブサイトがコンテンツ所有者から必要事項がすべて記載された有効な著作権侵害による削除通知を受け取った場合、その通知に従ってコンテンツを削除する必要があります。一部の例外もありますが、自分の作品のコピーがフェアユースによる保護を受けていないという確信がある場合は、そのコピーの削除を申請できます。

DMCA による削除通知の要件をご覧いただき、著作権侵害に基づく削除通知に記載する必要がある項目をご確認ください。

ほとんどのサイトは、特定の動画の URL へのリンクを必要とします。該当の動画が自分のフィード内にある場合、または別の動画と一緒にページ上に表示されている場合は、動画または動画のタイムスタンプを右クリックして固有の URL を入手します。

DMCA に頼っているサイトは、米国著作権局に登録されている指定 DMCA エージェントの連絡先情報をウェブサイトに記載しなければなりません。自分の動画が許可なく使用されている場合に著作権侵害に基づく削除通知を送信できるサイトのメールアドレスを以下に記載しています。探しているサイトが下記に含まれていない場合は、著作権局のデータベースで適切な連絡先情報をお調べいただけます。

 

Dailymotion: notifications@dailymotion.com

Facebook: ip@fb.com

Instagram: ip@instagram.com

Periscope: copyright@periscope.tv

Twitter: copyright@twitter.com

Vimeo: dmca@vimeo.com

 

免責条項: ここに記載する内容は法律上の助言ではありません。詳細については弁護士にご相談ください。この情報は情報提供のみを目的として提示しています。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。