著作権とは

多くの国では、オリジナルの作品を作成して物理的媒体に記録すると、作成者は自動的にその作品の著作権を所有することになります。著作権者は作品を使用する独占権を有します。他の誰かが作品を使用できる権利は、ほとんどの場合、著作権者だけが付与できます。

どのような種類の作品が著作権の対象となりますか?
  • 音声と映像の作品(テレビ番組、映画、オンライン動画など)
  • サウンド レコーディングおよび楽曲
  • 執筆された作品(講義集、記事、書籍、楽譜など)
  • 視覚的作品(絵画、ポスター、広告など)
  • ビデオゲーム、コンピュータ ソフトウェア
  • 演劇作品(劇、ミュージカルなど)

アイデア、事実、プロセスは著作権の対象ではありません。著作権法によると、著作権保護の対象となるには、作品に創作性があり、かつ作品が有形媒体に記録されている必要があります。名称やタイトルそのものは著作権保護の対象ではありません。

権利を侵害せずに著作権で保護されている作品を使用することはできますか?

所有者の著作権を侵害することなく、著作権で保護されている作品を使用することは可能です。フェアユースを主張する方法と、他者のコンテンツを自分の動画で使用するための許可を得る方法とがあります。

他者の音楽を動画で使用することを検討している場合は、音楽を使用する際のオプションの詳細についてご確認ください。

動画で音楽を使用する際のオプション

 

コンテンツの作成者によっては、クリエイティブ・コモンズ ライセンスと呼ばれる特定の要件を設定し、自分の作品の再利用を許可していることがあります。

YouTube が著作権の所有について判断を下すことはありますか?

いいえ、YouTube が権利の所有についての異議申し立て論争を仲裁することはできません。YouTube が正式かつ有効な削除通知を受け取ると、法律に従ってそのコンテンツを削除します。また、有効な異議申し立て通知を受け取ると、削除通知の申立人にそれを転送します。それ以後は、裁判を起こすなど、当事者同士で問題に対処することになります。

著作権と商標は同じものですか?

著作権とは知的財産権の一種であり、商標とは異なります。商標は、ブランド名、銘文、ロゴなどの識別要素を、他者が特定の目的で使用できないように保護するものです。著作権は、発明を保護する特許とも異なります。

YouTube では、商標を侵害している動画や、その他の法律に違反している動画に対する削除手続きを別途設けています。

著作権とプライバシー権の違いについて

動画、画像、サウンド レコーディングに自分自身が録画または録音されているからといって、そのコンテンツの著作権を持つことにはなりません。たとえば、友人があなたとの会話を録画した場合、録画した友人がその動画の著作権を所有することになります。2 人の会話の言葉は、事前に決められていた場合を除いて、動画から独立して著作権の対象になることはありません。

友人や他のユーザーがあなたを録画または録音した動画や画像を、あなたの許可なくアップロードし、プライバシーや安全が侵害されたと思われる場合は、プライバシー侵害の申し立てを行うことができます。

著作権に関するよくある誤解

著作権と YouTube での著作権の取り扱いに関するよくある誤解を以下にまとめました。以下のことを行っても、自分のコンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われなくなるわけではありません。

誤解 1: 著作権者の情報を表示すれば、著作権で保護されているコンテンツを使用してもよい

著作権者の情報を表示しても、それで自動的に著作物を使用する権利が付与されることはありません。動画を YouTube にアップロードする前に、動画で使用している著作権で保護された素材すべての使用許可を確保してください。フェアユースの主張に基づいて使用する場合、著作権で保護されている他人の著作物に自身のオリジナルのコンテンツを付け足したとしても、動画がフェアユースとはみなされない可能性があります。このため、4 つの要素(利用の目的と特性、著作物の性質、著作権で保護されているその作品全体に対する利用部分の比率、著作物の潜在的市場または価値に対する使用の影響)すべてをよく検討し、必要に応じて法律の専門家に相談することをおすすめします。

誤解 2: 「非営利」を主張すれば、どのコンテンツを使用してもよい

著作権で保護されている作品からの収益を意図しない場合でも、著作権侵害の申し立てを必ず回避できるとは限りません。たとえば、「娯楽としての用途のみ」または「非営利目的」と主張してアップロードしても、それだけでは不十分です。フェアユースに関しては、裁判所が使用用途を慎重に確認し、それがフェア(公正)であるかどうかの判断を下します。「非営利」の用途はフェアユースかどうかの判断では好意的に受け止められますが、それだけで自動的に認められるわけではありません。

誤解 3: 他のクリエイターがやっているので、自分もやってよい

自分のアップロードと似た動画が YouTube サイトにあるからといって、そのコンテンツを投稿する権限が自分にもあるということにはなりません。著作権者が、自分の著作物のすべてではなく一部について、YouTube サイトに掲載することを許可している場合があります。また、非常に似た動画でも、それぞれ著作権者が異なり、一方は許可しているが、他方が許可していないということも考えられます。

誤解 4: 自分が購入した iTunes、CD、DVD などのコンテンツは使ってもよい

コンテンツを購入しただけでは、YouTube にアップロードする権利を所有していることにはなりません。著作権者を明記して、購入したコンテンツを含む動画を掲載した場合でも、通常は著作権法違反となります。

誤解 5: テレビ、映画館、ラジオなどで自分で録画や録音したコンテンツは使ってもよい

自分で録画または録音したからといって、YouTube にアップロードする権利をすべて所有しているとは限りません。著作権で保護された音楽をバックグラウンドで再生するなど、自分の録画または録音した動画に著作権で保護された他者のコンテンツが含まれる場合は、適切な著作権者から許可を得る必要があります。

誤解 6: 「著作権を侵害する意図はありません」と記載した

「すべての権利は作者が所有します」、「著作権を侵害する意図はありません」、「私は著作権を所有していません」といったフレーズや免責事項を記載しても、著作権者の許可を得たことにはなりません。また、自動的にフェアユースとして認められるわけでもありません。

誤解 7: 著作権で保護されたコンテンツであっても数秒程度の使用であれば問題ない

著作権で保護されたコンテンツをライセンスを受けずに使用した場合、それがほんの数秒間であっても、その長さに関係なく動画が Content ID によって申し立てを受ける、あるいは著作権者により削除される可能性があります。フェアユースを主張することは可能ですが、フェアユースの対象になるかどうかを判断できるのは裁判所のみです。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。