通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

著作権に関するよくある質問

この動画では、著作権に関するよくある質問にお答えします。

Copyright Permissions - Copyright on YouTube

著作権に関する一般的な質問

フェアユースとは何ですか?

フェアユースとは、一定の条件を満たしていれば、著作権者から許可を得なくても、著作物を再利用できることを示した法原理です。

米国の場合、何がフェアユースと見なされるかを判断できるのは裁判所のみです。

裁判所は以下の 4 つの要素に基づき、状況に応じてフェアユースを判断します。

  • 使用の目的と特性
  • 著作物の性質
  • 使用された著作物の量と価値
  • 著作物の潜在的市場または価値に対する影響

詳しくは、フェアユースに関するよくある質問をご覧ください。

パブリック ドメインとは何ですか?

著作権による保護はゆくゆく消滅します。通常、保護が消滅した作品は「パブリック ドメイン」に該当し、自由に利用できます。著作物がパブリック ドメインに該当するようになるまで、通常は何十年もかかります。

著作権保護の期間は、以下の要因によって異なります。

  • 作品が公表された場所と時期
  • 職務著作として委託された作品かどうか

米国連邦政府機関によって作成された一定の著作物は、公表直後にパブリック ドメインになります。パブリック ドメインに関する規則は国によって異なるので注意してください。

YouTube にアップロードする前に、作品がパブリック ドメインに該当するかを確認する必要があります。なお、公式なパブリック ドメイン作品リストは存在しませんが、役に立つオンライン リソースを利用できます。たとえば、コーネル大学は、パブリック ドメインに該当する可能性のある作品についてのガイドを提供しています。ただし、YouTube を始めとするこれらのガイドを提供している団体は、リンク先の全作品から著作権による保護が消滅したことを保証しているわけではありませんので、ご注意ください。

二次的著作物とは何ですか?

別の著作権者のコンテンツをもとに作品を作成する場合は、著作権者の許可を得る必要があります。二次的著作物には、ファン フィクション、続編、翻訳、スピンオフ、翻案などがあります。著作権で保護された素材のキャラクター、ストーリー、その他の要素に基づいた動画をアップロードする前に、専門家から法律上の助言を受けるようにしてください。

米国外での著作権についての詳細は、どこで調べられますか?

欧州委員会の公式ウェブサイト Your Europe には、欧州連合(EU)加盟国 / 地域での著作権に関する役立つ情報やリンクが記載されています。

世界知的所有権機関(WIPO)のウェブサイトには各国の知的財産・著作権事務所のリストがあり、お住いの地域の著作権法について確認できます。

上記のサイトはフェアユースの理解を助ける目的でのみ紹介しており、YouTube が承認や支持をしているわけではありません。

YouTube へのアップロードに関する質問

他者のコンテンツを自分の動画で使用するための許可を得るには、どうすればよいですか?

著作権で保護されている素材を動画で使用する場合、通常はまず使用許可を得る必要があります。YouTube からこうした許可を与えることはできず、許可できる当事者を探す手助けもできません。許可を得る場合は、ご自身で、または弁護士のサポートを受けながら、手続きについて調査し、対処していただく必要があります。

たとえば、すでにアップロードされているコンテンツの使用権を YouTube が付与することはできません。他のユーザーの YouTube 動画を使う場合は、直接そのユーザーへ問い合わせることができます。著作権者のクリエイターがチャンネル内で連絡方法を公開していることがあります。

YouTube のオーディオ ライブラリでは、動画で使用できる BGM や効果音を簡単に見つけることができます。ここで検索した音楽は、無料で利用できます。

他者の音楽を動画で使用することを検討している場合は、音楽を使用する際の選択肢について詳細をご確認ください。

動画で音楽を使用する際のオプション

第三者のコンテンツの使用許可を得るにはどうすればよいですか?

YouTube に動画をアップロードする前に、動画内のすべての要素に対する権利を取得する必要があります。これらの要素には、音楽(バックグラウンドで流すだけの場合も含む)、動画クリップ、写真などが含まれます。

まず、著作権者または権利者に直接問い合わせ、著作物の適切な使用許可を得られるように交渉します。

その後、ライセンスを確認します。ライセンスには、コンテンツの使用を明示的に許可する条項が含まれ、多くの場合はコンテンツの使用方法に関する制限も含まれます。どのようなライセンス契約を結ぶ場合でも、自分に付与される権利と所有者が留保する権利を明確にするために、法律の専門家に相談するようにしてください。

YouTube の無料の音楽と効果音のライブラリは、指定の規約を守れば動画で使用することが許可されているため、これらを使用することもできます。

: カバー曲を演奏する場合は必ず著作権者(ソングライターまたは音楽出版社)から許可を得るようにします。オリジナルのサウンド レコーディングを複製したり、動画の中で曲を流したり、歌詞を表示したりするには、許可とは別にライセンスが必要になる場合もあります。

コンテンツの使用許可を得ているのに、自分の動画が削除またはブロックされたのはなぜですか?

著作権で保護されている素材を動画で使用する権利を持っている場合は、動画のタイトルおよび URL を著作権者にお知らせください。この対応により、誤った削除やブロックを回避できます。

著作権侵害による削除通知によって動画が誤って削除された場合、次の対応が可能です。

Content ID の申し立てによって動画が誤ってブロックされたと思われる場合:

ただし、異議申し立ての提出または異議申し立て通知の送信を行う前に、次の項目を確認してください。

  1. 動画内のコンテンツの著作権を所有しているか。
  2. 動画内の第三者のコンテンツすべてについて、該当する著作権者から許可を得ているか。
  3. 動画は、適切な著作権法に基づいてフェアユースやフェア ディーリングなどの例外措置の対象になっているか。

上記いずれかの条件がお客様の動画に当てはまる場合は、最も適切な異議申し立ての手続きをご自身で調べるか、弁護士に相談することをおすすめします。当てはまらない場合は、著作権法に違反している可能性があります。

自分で録画、録音、または購入したコンテンツが削除されたのはなぜですか?

コンテンツを購入しただけでは、YouTube にアップロードする権利を所有していることにはなりません。著作権者を明記したとしても、購入したコンテンツを含む動画を投稿することは、通常、著作権法違反となります。

また、自分で録画または録音したからといって、YouTube にアップロードする権利をすべて所有しているとは限りません。著作権で保護された音楽がバックグラウンドで流れているなど、自分の録画または録音したコンテンツに他者の著作物が含まれる場合にも、適切な著作権者からの許可が必要です。

自分の動画が削除されました。不正な申し立てによる動画の削除を、YouTube はどうして阻止しないのですか?
著作権侵害による削除プロセスの不正使用や誤用に関して、YouTube では対策を講じています。具体的な事例やプロセスに関してコメントはできませんが、著作権ツールとプロセスの不正使用についての調査は実施しています。また、不正使用していると見なされた申立人に対しては断固とした措置を取っています。著作権侵害対応手続き(削除通知と異議申し立て通知の両方)を不正使用した場合は、アカウントの停止措置を講じています。
免責条項: この記事に記載されている情報は、法律上の助言を目的としたものではありません。この情報は情報提供のみを目的として提示しています。法律上の助言が必要な場合は、弁護士にお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー