顧客アカウントを販売パートナー アカウントに移行する

顧客の Google Cloud アカウントの管理を貴社の販売パートナー アカウントに移行する場合は、貴社のアカウントと顧客を関連付けるための移行トークンをお知らせいただく必要があります。移行トークンを使用すると、既存の顧客を販売パートナーのアカウントとして追加できるようになります。

顧客が複数のサービスを利用している場合は、貴社がそれらすべてのサービスの再販を取り扱っている必要があります。たとえば、顧客が G Suite アカウントと Google ドライブ ストレージ ライセンスを利用している場合、どちらか一方のみを移行することはできず、両方のライセンスを貴社に移行する必要があります。

はじめる前に

以前の無償版 G Suite を利用している顧客が貴社へのアカウント移管を希望している場合、まず顧客のアカウントを別のエディション(G Suite Basic など)にアップグレードする必要があります。アカウントがアップグレードされると、顧客に移行トークンの生成を行ってもらうことができます。

注: アカウントのアップグレードと移管を行った後は、元の無償版に戻すことはできません。

ステップ 1: 移行トークンを生成する

貴社に顧客のアカウントへのアクセス権がある場合は、貴社で移行トークンを生成できます。アクセス権がない場合は、次の手順に沿ってトークンを送信するように顧客に依頼してください。

: 移行トークンの有効期限は、生成後 14 日間です。

  1. 移行トークンを取得するページにアクセスします。
  2. 顧客のドメイン管理者のユーザー名とパスワードでログインします。
  3. 自動的にトークンが生成されます。
  4. トークンの英数字コードをコピーします。

移行トークンまたは移行プロセスについて顧客から問い合わせがあった場合は、アカウントを販売パートナーに移行するを参照いただくようお伝えください。

ステップ 2: 販売パートナー コンソールで移行を完了する

移行トークンを入手したら、顧客を追加できます。[顧客を追加] ページで移行トークンの入力を求められたら入力します。

  1. 販売パートナー コンソールにログインします。
  2. [顧客] リストのページで追加アイコン 追加 をクリックします。
  3. 顧客の情報を追加し、[次へ] をクリックします。[移行トークン] 欄が表示されます。
  4. 移行トークンを入力し、[次へ] をクリックします。

    エラーが表示される場合は、トークンの有効期限が切れている可能性があります。移行トークンの有効期限は生成後 14 日間です。新しいトークンを生成するか、トークンの生成を顧客に依頼してください。

  5. 顧客の支払いプランを選択します。

    次の点にご注意ください。

    • G Suite、Google Drive Enterprise、Cloud Identity Premium アカウントの場合、移行の時点でアカウントに関連付けられているのと同じ数のライセンスがアカウントとともに移行されます。
    • 移行されたアカウントの登録日は、移行が行われた日付になります。
    • 現在、年間プランを利用している顧客を貴社の販売パートナー アカウントに移行する場合は、移行時に新しい年間プラン(月払いまたは年払い)を選択する必要があります。フレキシブル プランは利用できません。顧客のプランの種類は契約更新日に変更できます。
  6. [続行して確認] をクリックします。
  7. 確認ページで、必要に応じて注文番号を入力します。
  8. 内容が正しければ、[続行] をクリックします。

完了すると、注文の確認メッセージが表示され、[注文履歴] ページに注文のステータスが表示されます。詳しくは、注文履歴と取引履歴の表示をご覧ください。

顧客を移行した後の課金方法の詳細については、移行した顧客の課金をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。