仕事用プロファイルとは

仕事用プロファイルを有効にすると、組織の業務に関係するデータとアプリを管理し、端末のその他のデータとアプリについてはユーザーに管理を任せることができます。仕事用プロファイルは管理者の管理下におかれ、個人のアカウント、アプリ、データとは区別されます。既定の設定では、仕事用プロファイルの通知とアプリアイコンには、個人用アプリと区別しやすいように、赤いブリーフケースが付いています。仕事用プロファイルを使用すると、IT 部門は個人のアプリやデータの使用を制限することなく、作業環境を保護できます。

仕事用プロファイルを設定するには、企業向けモバイル管理(EMM)プロバイダの Device Policy Controller アプリを端末にインストールする必要があります。最新のアプリは EMM プロバイダから入手できます。Device Policy Controller では、Android 5.0 以降の端末で仕事用プロファイルを設定できます。

個人の端末で仕事用プロファイルを設定した場合に組織が管理できるようになる情報について

個人が所有している端末に仕事用プロファイルを設定する際、Device Policy Controller アプリケーションに利用規約が表示されます。また、取得および記録対象となる端末上のデータの詳細も表示されます。仕事用プロファイルを設定するには、ユーザー ライセンス契約を確認してこれに同意する必要があります。

仕事用プロファイルを使用すると、管理者は次の一部またはすべての操作を行うことができます。
  • 端末に対して、設定やアプリごとの制限を適用する
  • 仕事用プロファイル内で、仕事用データへのアクセスや仕事用データの作成、削除を行う
  • ユーザー操作なしでアプリと証明書をインストールおよび削除する
  • 仕事用プロファイル内でデータにアクセスするアプリの一覧をリクエストする
  • 仕事用プロファイルのデータをリモートワイプする
  • 個人用プロファイルと仕事用プロファイル間で共有できる内容を制限する
  • 仕事用プロファイルでの画面キャプチャをブロックする
  • 管理対象アカウントに関する統計情報を表示する
  • メールサーバーや内部データへのコーポレート アクセスを管理する
  • ユーザー アカウントのパスワードを変更する
  • ネットワーク アクティビティや場所の情報を監視する
仕事用プロファイル ポリシーの例:

たとえば、仕事用プロファイルの設定を完了する前に、管理者は端末のパスワードが 4 文字以上である、最新の Device Policy が使用されているなどのポリシーを指定することができます。その後、同期が 30 日間行われなかった場合は端末からアカウントをワイプするなど、さまざまなポリシーで端末を保護することができます。

組織が表示できるユーザーの端末に関するデータ

個人の端末で仕事用プロファイルを設定する際、端末の一部の詳細は管理者と共有されますが、組織で管理されるのは仕事用プロファイルのデータのみです。個人用スペース内のデータやアプリは区別され、非公開のままになります。

ドメイン管理者は、ユーザーの端末に関する次の詳細を表示できます。

  • 機種、シリアル番号、ID
  • 電話番号
  • 携帯通信会社
  • オペレーティング システム
  • ビルド番号
  • カーネル バージョン
  • ベースバンド バージョン
  • MAC アドレス
  • 言語

詳細については、各ドメイン管理者のプライバシー ポリシーをご覧ください。

仕事用プロファイルがあるかどうかを確認する方法

端末で [設定] > [アカウント] にアクセスします。仕事用プロファイルがある場合は、[仕事] の項目に表示されます。

完全管理の対象となる端末での仕事用プロファイルの設定について

Android 8.0 以降を搭載した完全管理の対象端末を使用している場合、管理者が端末上に別の仕事用プロファイルを作成することができます。この場合、IT 部門がデバイスと仕事用プロファイルの両方の所有者となります。つまり、IT 部門が仕事用プロファイル内のビジネスデータやアプリを管理したり、仕事用プロファイル以外(個人用プロファイル)のデータやアプリにアクセスしたりできます。

完全管理の対象となる端末に仕事用プロファイルがあると、IT 部門が個人用プロファイルと仕事用プロファイルに異なるポリシーを適用できます。たとえば、個人用プロファイルに適用するポリシーを少なくすることで、個人用アカウントの追加など、ある程度の個人的な利用ができるようになります。その一方で、会社が承認したアプリとデータを含む仕事用プロファイルには厳しいポリシーを適用できます。また、仕事用プロファイルには長いパスワードが必要で、データの共有も制限されます。

仕事専用端末での組織によるデータ管理方法について詳しくは、各ドメイン管理者のプライバシー ポリシーをご覧ください。

仕事用プロファイルを削除する方法

仕事用プロファイルを削除するには、[設定] > [アカウント] > [仕事用プロファイルを削除] の順に開きます。仕事用プロファイル内のすべてのアプリとデータを削除してもよい場合は、[削除] をタップします。

Android 8.0 以降を搭載の仕事用プロファイルを含む完全管理端末では、管理者の許可があれば仕事用プロファイルのみ削除できます。

個人の端末ではいつでも仕事用プロファイルを削除できます。

仕事用プロファイルを削除すると、そのプロファイル内の、端末にあるすべてのローカルデータが削除されます。

初期状態にリセットすると、端末からすべてのデータ(個人用と仕事用の両方)が削除されます。ただし、初期状態にリセットできるのは端末の所有者のみです。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。