Google からの情報の削除

Google 検索では、ウェブ全体のウェブサイトから収集された情報を表示します。Google の検索結果に表示されるご自身の情報を削除するには、情報を公開したウェブサイトの所有者に連絡することをおすすめします。ウェブサイトの所有者が情報を削除した場合、Google がその情報を見つけて検索結果に表示することはありません。

ウェブサイトの所有者が情報を削除しない場合、Google は特定の種類の機密性の高い個人情報を削除します。

ウェブサイトの所有者に連絡する

ウェブサイトの所有者に連絡するには:

  • お問い合わせ用のリンクを使用する。「お問い合わせ用」のリンクまたはサイト所有者宛てのメールアドレスがないかを確認します。この情報は多くの場合、サイトのホームページ下部に表示されています。
  • Whois を使用して連絡先情報を検索する。Google を使用してサイト所有者について Whois(「誰ですか?」)の検索を実行できます。google.com にアクセスし、「whois www.example.com」と入力して検索します。サイト所有者に連絡するためのメールアドレスは、通常は Registrant Email または Administrative Contact として表示されています。
  • サイトのホスティング会社に連絡する。通常、Whois の検索結果にはウェブサイトをホストしている会社の情報が含まれています。ウェブサイトの所有者と連絡が取れない場合は、サイトのホスティング会社にお問い合わせください。

Google に連絡して機密性の高い個人情報を削除する

Google では、身元詐称や金融詐欺、またはその他の具体的な被害に関する重大なリスクにつながる個人情報を削除する場合があります。

削除対象となる可能性のある情報

  • 国が発行する識別番号(米国の社会保障番号、アルゼンチンの個人納税者識別番号、ブラジルの納税者番号、韓国の住民登録番号、中国の身分証明カードなど)
  • 銀行口座番号
  • クレジット カード番号
  • 署名の画像
  • 当人の承諾なしにアップロードまたは共有された、ヌードや露骨な性描写を含む画像
  • 個人の秘密である一般人の診療記録

一般に削除対象とならない情報

以下の情報は個人情報ですが、政府の公式ウェブサイトで一般公開されているため、通常は削除対象とはしません。

  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

その他の情報を削除する

Google では、著作権侵害の報告など特定の法的な理由によるコンテンツの削除も行います。個人情報以外にも、その他の情報を削除するよう Google にリクエストできます。

リクエストを送信する前に、削除ポリシーをご覧いただき、Google 側で削除できる情報の種類についてご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。