検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

URL の変更を伴わないサイト移転

1. 新しいホスティング インフラストラクチャをセットアップする

このセクションでは、サイト移転を実際に開始する前に行う作業について説明します。

A. 新しいサイトをコピーしてテストする

まず、新しいホスティング プロバイダにサイトのコピーをアップロードします。その後、ユーザーがサイトで行う操作をすべてもれなくテストして、サイトが想定どおりに動作することを確認します。その際は、次の点にご留意ください。

  • ウェブブラウザでサイトを開き、サイトのページ、画像、フォーム、ダウンロード ファイル(PDF ファイルなど)といったすべての要素を確認します。
  • テスト環境を作成して(IP 制限付きアクセスにするなど)、サイトを本稼動に移行する前にテスト環境ですべての機能をテストします。
  • 新しいインフラストラクチャに仮のホスト名(beta.example.com など)を付けて、公開テストを行えるようにし、ブラウザでアクセシビリティをテストできるようにします。仮のホスト名を付けると、Googlebot がサイトにアクセスできるかどうかをテストしやすくなります(下記で詳述)。
  • 本稼動トラフィックの量をできるだけ少なくして、新しいサイトをテストします。

B. Googlebot が新しいホスティング インフラストラクチャにアクセスできるかどうかを確認する

Search Console のアカウントをまだ作成していない場合は、新しいアカウントを作成して、先ほどの手順でサイトのコピーに付けた仮のホスト名(beta.example.com)を追加します。Search Console の Fetch as Google 機能を使用して、Googlebot が新しいインフラストラクチャにアクセスできるかどうかを確認します。

ファイアウォールやサービス拒否(DoS)保護の設定によって、Googlebot による DNS やホスティング プロバイダのサーバーへのアクセスがブロックされていないことを確認してください。

C. DNS の TTL 値を確認する

DNS の TTL 値を小さくすると、サイトの移転がより迅速に進むことがあります。DNS 設定は通常、指定された Time to Live(TTL)設定に基づいて ISP のキャッシュに保存されています。TTL が長く設定されている場合は、ユーザーが新しいサイトにより早く移行できるようにするため、サイト移転の 1 週間前までにその値を小さくすることを検討してください。

D. Search Console の確認機能を確認する

Search Console の所有権確認機能がサイト移転後も引き続き動作するようにします。

Search Console でサイトの所有権の確認に HTML ファイルを使用している場合は、サイトの新しいコピーに現行の確認ファイルを入れることを忘れないように注意してください。

同様に、コンテンツ管理システムのテンプレートにメタタグまたは Google アナリティクスを組み込んで所有権の確認を行っている場合は、新しい CMS コピーに同じものを組み込むようにします。

この記事は役に立ちましたか?