サイトの所有権を確認する

所有権の確認とは

所有権の確認とは、特定のウェブサイトを所有していることを Search Console で証明することです。確認済み所有者は、Search Console で最高レベルの権限を持ちます。

なぜこれほど複雑なのか
Search Console に登録されているサイト所有者は、サイトに関する Google 検索の機密情報にアクセスできるほか、Google 検索などの Google サービスでのサイトのプレゼンスや動作に影響するような操作を行うこともできます。そのため、Search Console では、実際のサイト所有者にのみ所有者権限を付与する必要があります。

サイトの所有権を確認する

  1. 新しいプロパティを追加するか、プロパティ セレクタで未確認のプロパティを選択します。
  2. 下記の確認方法の中からいずれかを選択して、表示される手順を実施します。確認ページには、該当のサイトで使用できるおすすめの方法が一覧表示されます。
  3. なんらかの理由でサイトの所有権を確認できない場合は、現在の所有者に依頼して、Search Console でそのプロパティにアクセスするための権限を付与してもらってください。

複数の確認方法を使用する

プロパティの確認設定ページで、複数の確認方法を追加できます。既存の確認方法がうまくいかなかった場合(たとえば、Google アナリティクスのトラッキング コードで確認するときに、誰かがウェブサイトのテンプレートを変更してタグを除去した場合)などに、複数の確認方法を追加できます。

別の確認方法を追加するには、対象のプロパティの [設定] ページにアクセスし、[所有権の確認] をクリックします。

複数のユーザーが、同じ方法または異なる方法で、同じウェブサイト プロパティの所有権を確認できます。同じ確認方法を使用する場合は、他の所有者の確認トークンを上書きしないように注意してください。

子プロパティを確認する

プロパティを確認すると、追加したすべての子プロパティが、親と同じ確認方法で自動的に確認されます。つまり、HTML ファイル アップロードの方法で example.com の所有権を確認した場合、作成したすべての子プロパティ(m.example.com や https://example.com/some/path)が、アップロードした同じ HTML ファイルで自動的に確認されます。

確認はいつまで有効か

Search Console で確認トークンのプレゼンスと有効性を確認できる限り、確認の有効性は維持されます。Search Console は、確認トークンが引き続き存在し有効であるかどうかを、定期的にチェックします。確認が有効でないと見なされると、通知が届きます。この問題が解決されない場合、一定の猶予期間の後に、該当のプロパティに対する権限が失効します。

確認済みのすべての所有者が Search Console のプロパティに対するアクセス権を失った場合、すべてのユーザーがそのプロパティにアクセスできなくなります。

Google は、Google サイト検証ツールのユーザー エージェントを使用してサイトの確認を行います。

データ収集はいつ開始されるか

Search Console にプロパティが追加されるとすぐに、確認が行われる前でも、データが収集されます。ただし、プロパティのデータの取得が開始されるまでには数日かかります。

確認済みのサイト所有者が存在しない場合

確認済みの唯一の所有者がチームから離れた場合は、所有権の確認を行って、プロパティへのアクセスを維持(または回復)する必要があります。

他の所収者からサイトを引き継いだ場合、自身の所有権の確認が終了した後、過去の所有者の確認に使用された確認トークンを削除することで、その所有者を未確認の状態に戻すことができます(たとえば、HTML タグで確認済みの所有者については、その HTML タグをサイトから削除します)。詳しくは、所有者の追加と削除をご覧ください。

 

確認方法を選択する

Search Console は、さまざまな確認方法をサポートしています。次の表を参考にして、最適な方法をお選びください。

方法 注意事項
HTML ファイルのアップロード 比較的簡単ですが、特定の URL のサイトにファイルをアップロードして公開する必要があります。サイト ホスティング プラットフォームでは使用できない可能性があります。
HTML タグ 比較的簡単ですが、サイトのホームページの HTML ソースコードを編集する必要があります。サイト ホスティング プラットフォームでは使用できない可能性があります。
Google アナリティクス トラッキング コード アクセス可能な Google アナリティクス アカウント用の Google アナリティクス トラッキング コードがすでにページにある場合は、簡単に実施できます。ページにトラッキング コードがない場合は、トラッキング コードを追加する必要があります(Google アナリティクス アカウントをまだお持ちでない場合にはアカウント作成が必要になる可能性があります)。
Google タグ マネージャー アクセス可能な Google タグ マネージャー アカウント用の Google タグ マネージャー スニペットがすでにページにある場合は、簡単に実施できます。ページにスニペットがない場合は、スニペットを追加する必要があります(タグ マネージャー アカウントをまだお持ちでない場合にはアカウント作成が必要になる可能性があります)。
Google サイトBlogger、またはドメインのアカウント プラットフォームごとのおすすめの方法を使用してください。
ドメイン名プロバイダ 複雑ですが、ドメイン プロパティを確認する唯一の方法です。ドメイン プロバイダが確認ウィザードのリストに含まれている場合は、簡単に実施できます。ドメイン プロパティにはプロパティに関するプロトコル(http / https)とサブドメインのすべてのバリエーションのデータが含まれるため、便利です。

確認方法の詳細

ウェブサイト ホスティング プラットフォーム(WordPress、Shopify、Wix など)を使用しているサイト
WordPress、Wix、SquareSpace などのウェブサイト ホスティング プラットフォームを使用している場合、以下の方法を使用できないことがあります。あるいは逆に、Search Console でプロパティを簡単に確認できる、または自動的に確認するための特別なプラグインや設定がプラットフォームから提供される場合があります。
ウェブサイト ホスティング プラットフォームを使用している場合は、このページに記載されている確認方法を試す前に、次の手順をお試しください。
  1. サイトのホストのドキュメントで、Search Console の確認情報を検索します。たとえば、「Wix での Search Console の確認」、「Weebly での Search Console の確認」、「Shopify での Search Console の設定」などです。
  2. 該当するプラットフォームで確認を処理できるプラグインを検索します。たとえば、WordPress の Site Kit では、確認を処理できるほか、Search Console データの簡易表示も提供されます。: Site Kit は Google が公式スポンサーになっている唯一のプラグインです。任意のプラグインの場合は、少し調べてからインストールするようにしてください
HTML ファイルのアップロード

HTML ファイルのアップロードによるサイトの所有権確認 - Google Search Console のトレーニング

概要

特別な HTML ファイルをサイト上の特定の場所にアップロードすることにより、サイトの所有権を確認します。このファイルは特定のユーザーに関連付けられています。確認の詳細ページに記載の手順に沿って手続きします。サイトから確認ファイルを削除すると、サイトは未確認の状態になります。

⚠️ 要件

  • このファイルは認証を要求できません。HTML ファイルをアップロードするディレクトリは、ログインしていないユーザーでもアクセス可能である必要があります。ブラウザのシークレット ウィンドウでファイルにアクセスしてみることで、それを試すことができます。
  • ウェブブラウザでアクセス可能なウェブサイトのルート ディレクトリに、ファイルをアップロードできる必要があります。これを行う権限がない場合は、別の確認方法をお試しください。ウェブサイト ホスティング プラットフォームを使用している場合は、サービスのヘルプページを検索して、それが可能かどうか確認が必要になる場合があります。
  • HTML ファイルのアップロードは URL プレフィックス プロパティには使用できますが、ドメイン プロパティには使用できません。

ステップ

HTML ファイルを使用して所有権を確認する手順は次のとおりです。

  1. ウェブサイト ホスティング プラットフォームを使用している場合は、サービスのヘルプページを検索して Search Console でサイトを確認するための固有の手順を調べてください。情報が見つからない場合は、次の手順に進んでください。
  2. この確認手法の要件をお読みください
  3. プロパティの所有権確認ページHTML ファイル アップロードの方法を選択します。
  4. 提供された確認ファイルをダウンロードします。このファイルはユーザーごとに異なります。各ユーザーの Gmail アカウントに関連付けられており、他のユーザーの識別には使用できません。
  5. 確認ファイルをウェブサイトにアップロードして、確認の詳細ページで指定したアドレスで使用できるようにします。その場所として使用されるのは、通常は、プロパティのルート ディレクトリです(つまり、プロパティが https://example.com と定義され、提供されたファイルの名前が 1234.txt である場合、ファイルは https://example.com/1234.txt で閲覧されます)。このファイルを検索する際、Search Console はリダイレクトを行いません。必要に応じてファイル本文の末尾に改行を追加することはできますが、ファイルの名前や内容にそれ以外の変更を加えることはおやめください。
  6. ブラウザで、Search Console の確認ウィザードで指定した場所にアクセスし、ファイルを閲覧できることを確認します。その URL でブラウザがファイルを表示できない場合、Google が確認目的でそれを見つけることはできません。ヒント: ログインせずにアクセスできるか確認するには、ブラウザのシークレット ウィンドウを使用します。
  7. 確認の詳細ページで [確認] をクリックして、確認を完了します。
  8. 確認が失敗する場合は、発生する可能性のあるエラーに関する以下の説明を参照して問題を解決します。

トラブルシューティング

HTML ファイルのアップロードによる確認では、次のようなエラーが発生する可能性があります。

  • 所定の場所で確認ファイルが見つかりませんでした
    ユーザー個人の確認ファイルがユーザーのプロパティのルート ディレクトリに見つかりませんでした。提供された確認ファイルを、一切の変更を加えずに、サイトの指定された場所へアップロードしてください。アップロードしたファイルの名前またはコンテンツが、提供された HTML ファイルと一致しない場合、サイトの所有権を確認できません。ファイルが存在するかどうかは、ブラウザでアクセスしてみることで確かめられます。
  • 確認ファイルのコンテンツが間違っています
    Search Console から提供された確認ファイルは、ファイル名やコンテンツを変更せずに、そのままの状態で使用する必要があります。ファイル名またはコンテンツが、ログインしているユーザーに対して Search Console から提供されたファイルと一致しない場合は、所有権を確認できません。Search Console から提供された確認ファイルは、一切の変更を加えずに、指定された場所へアップロードしてください。
  • 確認ファイルがハッキングされています
    サイトがハッキングされている可能性があるため、サイトの所有権を確認できませんでした。詳しくは、ハッキングされたサイトの検出と修正に関する説明をご覧ください。
  • 確認ファイルによって、許可されていない場所にリダイレクトされます
    Search Console が確認ファイルを参照するために他のドメインへのリダイレクトに従うことはありません。ただし、同じドメイン内へのリダイレクトには従います。ファイルをブラウジングすることで、別のドメインにリダイレクトされているかどうかをチェックできます。すべてのトラフィックを別のサイトにリダイレクトするサイトについては、代わりに HTML タグによる確認を使用することをおすすめします。リダイレクトが可能な場合とそうでない場合の例を以下に示します。
    • http://example.com から http://www.example.com - 可能
    • http://example.com から https://example.com -- 可能(http から https といった、別のプロトコルへのリダイレクトがサポートされています)
    • example.com から foo.com -- 不可能(別ドメイン)
    • m.example.com から example.com -- 
    • example.com から m.example.com -- 
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
HTML タグ

HTML タグによるサイトの所有権確認 - Google Search Console のトレーニング

概要

特定のページの HTML に <meta> タグを追加することにより、サイトの所有権を確認します。メタタグがそのページに存在するかどうかが確認されます。タグを検出できない場合は、発生したエラーに関する情報が表示されます。このタグは特定のユーザーに関連付けられています。Search Console は、このタグの有無を定期的に確認します。

⚠️ 要件

  • ホームページは認証を要求できません。サイトのホームページは、ログインしていないユーザーでもアクセス可能である必要があります。
  • サイトのホームページの HTML ソースコードを直接編集できる必要があります。具体的には、ホームページの <head> タグにタグを挿入できる必要があります。これを行う権限がない場合は、別の確認方法をお試しください。ウェブサイト ホスティング プラットフォームを使用している場合は、サービスのヘルプページを検索して、それが可能かどうか確認が必要になる場合があります。
  • ファイルに含めるタグは 2 MB 未満にする必要があります。スクリプトなどの外部リソースは、サイズの一部としてカウントされません(この制限は、ほとんどのウェブサイトには影響しません)。
  • URL プレフィックス プロパティには使用できますが、ドメイン プロパティには使用できません。

ステップ

HTML タグを使用して所有権を確認する手順は次のとおりです。

  1. ウェブサイト ホスティング プラットフォームを使用している場合は、サービスのヘルプページを検索して Search Console でサイトを確認するための固有の手順を調べてください。情報が見つからない場合は、次の手順に進んでください。
  2. この確認手法の要件をお読みください
  3. プロパティの所有権確認ページHTML タグによる方法を選択します。
  4. サイトのログインしていないホームページの HTML の <head> セクションに、Search Console の確認ウィザードからタグをコピーします(注を参照)。例:
    <head>
    <title>Example.com のホームページ</title>
    <meta name="google-site-verification" content="......." />
    </head>

    このタグはユーザーごとに異なります。各ユーザーの Gmail アカウントに関連付けられており、他のユーザーの識別には使用できません。
  5. ページを保存します。ページにアクセスし、ページのソースコードでタグを探して、タグがライブページに存在することを確認します(Ctrl+F キーを押してページソースで「google-site-verification」を検索し、タグを探します)。
  6. 確認の詳細ページで [確認] をクリックして、確認を完了します。
  7. 確認が失敗する場合は、発生する可能性のあるエラーに関する以下の説明を参照して問題を解決します。

トラブルシューティング

HTML タグによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • メタタグがないか、間違った場所にあります。確認用のメタタグは、ページの <head> セクション内に存在する必要があります。このエラーが表示された場合は、次の点を確認してください。
    • メタタグが正しいページにあるか。メタタグは、サイトのホームページのレンダリングされたソースに配置します。これは、Search Console のプロパティを定義する URL にアクセスしたときに、ブラウザが表示するページです。

    • メタタグがページの正しい場所にあるか。メタタグは、ページの <head> セクションに配置します。正しい配置は、たとえば次のようになります。
      <html>
        <head>
          <title>ページタイトル</title>
          <meta name="google-site-verification" content="確認用の文字列">
        </head>
      <body>
      ...
      
    • ページの編集にウェブエディタや WYSIWYG エディタを使用する場合は必ず、パソコン上のローカルコピーだけでなくライブページの HTML も編集してください。
  • メタタグが正しくありません。
    確認メタタグが見つかりましたが、コンテンツが正しくありません。エラーを回避するには、Search Console の [確認] ページで提供されるメタタグをコピーして貼り付けてください。このエラーは、別ユーザーの確認タグがページにすでに存在していた場合に表示されることがあります。Search Console の確認ウィザードで付与されたタグと完全に同じものがページの HTML に含まれていることを確認してください。
  • メタタグの形式が正しくありません
    ページに確認メタタグが見つかりましたが、構文エラーがあるようです。Search Console から提供されたタグをコピーして、ページのソース HTML にそのまま貼り付けてください(このページにアクセスするだけでは、ブラウザにタグは表示されません。タグを確かめるには、ページを生成する HTML を表示する必要があります)。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
ドメイン名プロバイダ

DNS レコードによるサイトの所有権確認 - Google Search Console のトレーニング

概要

ドメイン プロバイダのレコードリストに DNS レコードを追加して、所有権を証明します。これはドメイン プロパティ(example.com)にのみ必要です。URL プレフィックス プロパティ(https://example.com)には必要ありません。URL プレフィックス プロパティにこの方法を使用すると、ドメイン プロパティも自動的に確認されます。

一部のドメインについては Google 側でレコードを追加できますが、その他のドメインについては自分でレコードを挿入する必要があります。

ルートドメイン(example.com)またはサブドメイン(m.example.com)の所有権を確認できます。ルートドメインの所有権を確認すると、自動的にすべてのサブドメインの所有権が確認されますが、サブドメインの所有権を確認しても親ドメインの所有権は確認されません。例: m.example.com の所有権を確認すると、pets.m.example.com の所有権も確認されますが、example.com の所有権は確認されません。

⚠️ 要件

  • カスタム ドメイン名を所有しているか、ドメイン名を管理している必要があります。
  • ドメイン名プロバイダの管理ページにログインできる必要があります。

ステップ

ドメイン名プロバイダ(ドメイン名の購入元企業)を介して所有権を確認する手順は次のとおりです。

  1. ウェブサイト ホスティング プラットフォームを使用している場合は、サービスのヘルプページを検索して Search Console でのサイトの確認に関する固有の手順を調べてください(DNS プロバイダがわからない場合に 確認するためのヒント)。プロバイダのページで固有の解決策が見つからない場合は、次の手順に進んでください。
  2. Search Console の当該プロパティの所有権確認ページで、ドメイン名プロバイダによる方法を選択します(ドメイン プロパティを作成すると、これが自動的に選択されます)。
    • Search Console で TXT レコードが提供されている場合は、下記の手動によるドメイン名プロバイダの手順 > TXT DNS レコードの手順 をご覧ください。
    • Search Console でドメイン名プロバイダがリストに表示されている場合は、プロバイダを選択して [確認を開始] をクリックし、記載された手順を実施します。ドメイン名プロバイダにログインする必要があります。ログインすると、すぐに確認が行われます。
    • Search Console に、自分のものではないドメイン名プロバイダが表示されている場合は、リストから [任意の DNS プロバイダ] を選択し、下記の手動によるドメイン名プロバイダの手順を実施します。
      手動によるドメイン名プロバイダの手順
      Search Console でドメイン名プロバイダがドメイン名確認ダイアログに表示されていない場合は、DNS レコードをプロバイダのレコードに手動で追加する必要があります。この DNS レコードとは、Search Console から提供される名前と値のペアです。では始めましょう。
      1. 使用する DNS レコードの形式を決定します。サイトの構成に応じて、TXT レコードCNAME レコードのどちらかを選択する必要があります。どちらを使用するかを決定する方法は次のとおりです。
        1. [CNAME] タブで、Google 管理者ツールボックスを開きます
        2. プロパティのドメイン名を入力します。これは、「https://」の後の部分です。プロパティが「https://www.example.com/」の場合、ドメイン名は「www.example.com」となります。
        3. [CNAME] タブで出力を確認します
          • [最も一般的なケース] レコードが見つからない場合: CNAME レコードが見つからない場合は、TXT レコードの手順を実施します。
            CNAME レコードのあるサイトが見つかりません
          • レコードが見つかった場合: CNAME レコードが見つかり、かつターゲット値が入力したドメインの親ドメインである場合は、CNAME レコードの手順を実施します。ドメイン名が親ドメインでない場合は、TXT レコードの手順を使用します。
            CNAME レコードのあるサイト
      2. 状況に応じて、次に示す TXT レコードまたは CNAME レコードの手順のいずれかを実施します。
      TXT DNS レコードの手順
      1. 一意の TXT 確認レコードを生成する: Search Console でドメイン プロパティの確認を求められたら、Search Console の確認ポップアップの [レコードタイプを選択] で [TXT] を選択します。Search Console から、次のステップで使用する文字列値の TXT レコードが提供されます。
      2. DNS レコードをドメイン プロバイダに追加する: 次の手順に沿って、前のステップで Search Console から提供された TXT レコードをドメイン プロバイダのレコードに追加します。
        1. プロバイダの Google Workspace ドキュメントを開きます。
        2. Search Console で TXT レコードをすでに取得しているため、Google Workspace のステップ 1(一意の確認レコードを取得する)を無視します。
        3. ドメインホストにログインします(一般的には Google Workspace のステップ 2)。
        4. Search Console の TXT レコードをドメインの DNS レコードに追加します(一般的には Google Workspace のステップ 3)。
          • ホスト / 名前のプロパティの場合DNS プロバイダのドキュメントでの説明に沿って、空白のままにするか、「@」に設定します。
          • のプロパティの場合、前に生成した Search Console の TXT レコードの文字列を入力します。
        5. Google Workspace のステップ 4(確認ステップ)を無視し、下のステップ 4 に進みます。
      CNAME DNS レコードの手順
      1. 一意の CNAME 確認レコードを生成する: ドメイン プロパティの確認フローで、Search Console の確認ポップアップの [レコードタイプを選択] で [CNAME] を選択します。次のステップで使用する 2 つの値が提供されます。状況に応じて、一方の値は「名前」、「ラベル」、または「ホスト」という名前になり、もう一方の値は「宛先」または「ターゲット」という名前になります。
      2. DNS レコードの値をドメイン プロバイダに追加します。
        1. プロバイダの Google Workspace ドキュメントを開きます。
        2. Search Console で CNAME レコードをすでに取得しているため、Google Workspace のステップ 1(一意の確認レコードを取得する)を無視します
        3. ドメインホストにログインします(一般的には Google Workspace のステップ 2)。
        4. Search Console で取得済みのレコードの値を使用して、ドメインの DNS レコードに CNAME 確認レコードを追加します(一般的には Google Workspace のステップ 3)DNS プロバイダのサイト上の適切なフィールドに、両方の値を入力します。プロバイダから提案されたデフォルトの TTL 値を使用できます。
        5. Google Workspace のステップ 4(確認ステップ)を無視し、下のステップ 4 に進みます。
  3. Search Console の確認の詳細ページで [確認] をクリックして、所有権の確認を完了します重要: レコードを手動でインストールした場合、プロバイダがそのレコードの提供を開始するまでには最大 2~3 日かかります。前述の手動によるドメイン名プロバイダの手順で確認ができなかった場合は、1~2 日待ってからもう一度お試しください。トラブルシューティングの発生する可能性のあるエラーのセクションをご覧ください。または、ドメイン名プロバイダがレコードを提供しているかどうかを確認する方法をご覧ください。
重要: 確認状態が維持されるよう、確認が完了してもプロバイダから DNS レコードを削除しないでください。

トラブルシューティング

ドメイン名プロバイダによって提供されるレコードを確認する手順は次のとおりです。

  1. Google 管理者ツールボックスにアクセスします。
  2. 上部のボックスに、プロトコルやスラッシュを付けずにドメイン名を入力します(例: 「https://example.com」ではなく「example.com」と入力します)。
  3. 確認に使用するレコードタイプに応じて、[TXT] または [CNAME] をクリックします(ほとんどのサイトで、所有権の確認には TXT レコードが使用されます)。
  4. レコードタイプ(通常は CNAME または TXT)を示すラベルとともに、プロバイダで検出された当該タイプの DNS レコードがすべて下部に表示されます。
  5. レコードのリストの中から、Search Console により発行された DNS レコードを探します。
    • TXT レコードの場合、Search Console の確認レコードは「google-site-verification=<<数字>>」のようになります。
    • CNAME レコードの場合、確認レコードは名前と値のペア(名前にはプロパティ ドメインが含まれ、値には dv.googlehosted.com が含まれる)になります。
    レコードは、Search Console で付与された確認レコードの値と完全に一致する必要があります(手動による確認の手順を確認レコードを生成する手順まで再び行うことにより、Search Console の DNS レコードの値を確認できます)。
  6. 自分の認証情報がリストに表示されない場合は、1~2 日待ってからもう一度お試しください。

DNS による方法を使用してプロパティを確認した後で DNS レコードを表示する手順は次のとおりです。

  1. ウェブマスター セントラルを開きます。
  2. プロパティのリストでプロパティ名をクリックすると、プロパティの確認方法のリストが表示されます。
  3. DNS TXT レコードまたは DNS CNAME レコードのいずれかの横にある [詳細] をクリックして、レコード値を表示します。
  4. 前述のようにGoogle 管理者ツールボックスを使用して、ドメイン名プロバイダから提供されているレコードをすべて表示することもできます。

DNS レコードによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • 確認用の DNS TXT レコードが見つかりませんでした
    確認用の TXT レコードが見つかりませんでした。追加したレコードが Google に認識されるまで数分(さらには数日)かかる場合があります。1~2 日待ってからもう一度お試しください。
  • 確認レコードが一致しませんでした
    Search Console で提供される値に一致する確認用レコードが DNS プロバイダにありませんでした。必ず確認ページで取得したレコードを使用してください。TXT レコードの場合、名前 / ホストのフィールドは空白のままにし、DNS レコードの値のフィールドに TXT 文字列を使用する必要があります。CNAME レコードの場合、DNS レコードの名前 / 値のフィールドで使用する名前と値のペアが付与されます。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
Google アナリティクス トラッキング コード

Google アナリティクスによるサイトの所有権確認 - Google Search Console のトレーニング

概要

Google アナリティクスを使用してサイトのトラフィックをトラッキングしていて、アカウントに編集権限がある場合、サイトで使用されている Google アナリティクス トラッキング コードを使用してサイトを確認できます。Google アナリティクスの管理に使用しているのと同じ Google アカウントで Search Console にログインしている必要があります。

⚠️ 要件

  • ホームページは認証を要求できません。サイトのホームページは、確認のために、ログインしていないユーザーでもアクセス可能である必要があります。また、アクセスするのに認証が必要なページが検索に表示されないことが多々あり、その場合、重要な検索データは獲得されません。
  • そのページで使用する Google アナリティクス アカウントの「編集」権限が必要です。Google アナリティクス 4 では、Google アナリティクス ストリームに確認コードが関連付けられています。以前のバージョンの Google アナリティクスの場合、確認コードは Google アナリティクスのウェブ プロパティに関連付けられています。
  • Search Console と Google アナリティクスの両方に同じ Google アカウントを使用する必要があります
  • ログインしていないホームページ(注を参照)には、analytics.js スニペットまたは gtag.js スニペットのいずれかが含まれている必要があります。トラッキング コードは、ページの <body> セクションではなく <head> セクションに含まれている必要があります。このタグが指定されているか確認するには、ブラウザでページにアクセスしてページのソースを表示し、スニペットを検索します。
  • Google アナリティクス コードは変更を加えずそのまま使用します。変更してしまうと、確認手続きが正しく完了しません。
  • ファイルに含めるタグは 2 MB 未満にする必要があります。スクリプトなどの外部リソースは、サイズの一部としてカウントされません(この制限は、ほとんどのウェブサイトには影響しません)。
  • URL プレフィックス プロパティには使用できますが、ドメイン プロパティには使用できません。

ステップ

Google アナリティクス タグを使用して所有権を確認する手順は次のとおりです。

  1. この確認手法の要件をお読みください
  2. Google アナリティクスで、プロパティに対する編集権限を持っているのと同じ Google アカウントを使用して、Search Console を開き、確認するプロパティを追加または選択します。
  3. サイトの確認の詳細ページで [Google アナリティクス] を選択し、[確認] をクリックします。
  4. 確認が失敗する場合は、発生する可能性のあるエラーに関する以下の説明を参照して問題を解決します。

トラブルシューティング

Google アナリティクス トラッキング コードによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • アナリティクス コードが見つかりません(「サイトのインデックス ページに Google アナリティクス トラッキング コードが見つかりませんでした」)
    プロパティのホームページに Google アナリティクス トラッキング コードが見つかりませんでした。
  • コードの形式が正しくありません(「サイトの Google アナリティクス トラッキング コードの形式が正しくありません」)
    ページに Google アナリティクス トラッキング コードと思われるコードが見つかりましたが、形式が正しくありません。提供されたアナリティクス トラッキング コードを変更せずそのまま使用してください。
  • 古い Google アナリティクス スニペットが見つかりました(「サイトの Google アナリティクス トラッキング コードに従来のスニペットが使用されています」)
    ホームページに古いバージョンのアナリティクス コードが存在します。Search Console は、最新バージョンの Google アナリティクス スニペットのみをサポートします。古いスニペットには、_gat. または _getTracker|urchin.js が含まれています。
  • Google タグ マネージャーのコードが見つかりました(「サイト内で Google タグ マネージャー スニペットが検出されました」)
    ページに Google タグ マネージャー スニペットは見つかりましたが、Google アナリティクス スニペットが見つかりません。Google アナリティクスによる方法でこのプロパティの確認をお試しください。
  • スニペットのタイプが間違っています(「サイト内で第三者タグ マネージャー スニペットが検出されました」)
    Google アナリティクス スニペットを使用してください。
  • スニペットが間違った場所にあります(「サイトの Google アナリティクス トラッキング コードが、ページ上の正しい場所に配置されていません」)
    スニペットは、ホームページの <head> セクションに含まれている必要があります。これを確かめるには、ホームページのレンダリングされたソースを表示します。
  • ユーザーが Google アナリティクス アカウントを持っていません(「Google アナリティクスのアカウントが作成されていません」)
    有効な Google アナリティクス アカウントを持っていること、サイトでそのアカウントを使用していること、その Google アナリティクス アカウントへのアクセスに使用している Google アカウントで Search Console にログインしていること、その Google アナリティクス アカウントに編集権限があることが必要です。
  • ビューが作成されていません(「Google アナリティクスでウェブサイトのビューが作成されていません」)
    ビューのない Google アナリティクスのプロパティがあります。Google アナリティクスを使用してサイトの所有権を確認するには、このプロパティにビューを作成しておく必要があります。
  • 権限が不十分です(「この確認方法を使用するには、このアナリティクス ウェブ プロパティの「編集」権限が必要です」)
    このウェブサイトで使用する Google アナリティクス プロパティの編集権限が必要です。Google アナリティクスの編集権限を持つアカウントで Search Console にログインしてください。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
Google タグ マネージャー コンテナ スニペット

Google タグ マネージャーによるサイトの所有権確認 - Google Search Console のトレーニング

概要

サイトで有効になっている Google タグ マネージャー アカウントをお持ちで、そのアカウントに公開権限または管理者権限がある場合は、Google タグ マネージャー コンテナ スニペット コードを使用してサイトの所有権を確認できます。タグ マネージャーの管理に使用しているのと同じ Google アカウントで Search Console にログインしている必要があります。

⚠️ 要件

  • ホームページは認証を要求できません。サイトのホームページは、確認のために、ログインしていないユーザーでもアクセス可能である必要があります。また、アクセスするのに認証が必要なページが検索に表示されないことが多々あり、その場合、重要な検索データは獲得されません。
  • ページ上の Google タグ マネージャー コンテナに対する公開権限または管理者権限が必要です
  • Search Console と Google タグ マネージャーの両方に同じ Google アカウントを使用する必要があります
  • ログインしていないホームページ(注を参照)では、正しい場所に正しいタグが含まれている必要があります。タグ マネージャー コードの <noscript> の部分は、ページの <body> 開始タグの直後に配置する必要があります。そうしないと、確認が失敗します。<body> タグとタグ マネージャーのコードの間に、データレイヤー(または HTML コメント以外のもの)を挿入することはできません。このタグが指定されているか確認するには、ブラウザでページにアクセスしてページのソースを表示し、スニペットを検索します。
  • コードは変更を加えずそのまま使用します。変更してしまうと、確認手続きが正しく完了しません。
  • ファイルに含めるタグは 2 MB 未満にする必要があります。スクリプトなどの外部リソースは、サイズの一部としてカウントされません(この制限は、ほとんどのウェブサイトには影響しません)。
  • URL プレフィックス プロパティには使用できますが、ドメイン プロパティには使用できません。

ステップ

Google タグ マネージャー タグを使用して所有権を確認する手順は、次のとおりです。

  1. Google タグ マネージャーで編集権限を持っているのと同じ Google アカウントを使用して、Search Console を開きます
  2. この確認手法の要件をお読みください
  3. サイトの確認の詳細ページGoogle タグ マネージャーを使用する方法を選択し、表示される手順を実施します。
  4. 確認が失敗する場合は、発生する可能性のあるエラーに関する以下の説明を参照して問題を解決します。

トラブルシューティング

Google タグ マネージャーによる確認では、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • タグが見つかりません(サイトのホームページで Google タグ マネージャー コンテナ ID が見つかりませんでした
    サイトのホームページに Google タグ マネージャーのコードが見つかりませんでした。
  • 権限が不十分です(この確認方法を使用するには、このタグ マネージャー コンテナの「公開」または「管理者」権限が必要です)

    この確認方法を使用するには、Google タグ マネージャー コンテナに対する公開または管理者の権限が必要です。
  • タグが間違っています(サイトで使用されているコンテナ ID が、お使いのタグ マネージャー アカウントに関連付けられていません
    ホームページにタグ マネージャーのコードが見つかりましたが、Search Console にログインしているアカウントには、このタグ マネージャー コンテナに対する適切な権限が付与されていません。このタグ マネージャー コンテナに対して適切な権限を持つ Google アカウントで Search Console にログインしてください。
  • タグ マネージャー コンテナがありません(Google タグ マネージャーでコンテナが作成されていません
    現在お使いの Google アカウントのタグ マネージャー アカウントにコンテナが作成されていません。タグ マネージャー コンテナが作成済みで、そのコンテナに対して適切な権限を持つ Google アカウントで Search Console にアクセスしていることを確かめてください。
  • タグが間違った場所にあります(サイトのホームページで Google タグ マネージャー コンテナ ID が見つかりませんでした
    タグがホームページに存在しないか、ページコードの正しい場所(<head> 要素内)に配置されていません。タグ マネージャーのドキュメントの説明どおり、タグを正しいページおよび場所に配置してください。
  • その他の一般的な確認エラーを下記に示します。
Google サイト

Google サイトの所有権確認 - Google Search Console のトレーニング

概要

Google サイトのウェブサイトをお持ちの場合、同じ Google アカウントを使用して Search Console にログインすると、その Google サイトのプロパティの所有権が自動的に確認されます。

⚠️ 要件

  • Google サイトの作成には、Search Console で使う Google アカウントと同じアカウントを使用する必要があります。
  • Google サイトの管理に使用しているのと同じアカウントで Search Console にログインしている必要があります。

ステップ

Blogger

Blogger によるサイトの所有権確認 - Google Search Console トレーニング

概要

Blogger で作成した新しいブログは、Search Console アカウントに自動的に追加され、確認されます。ブログが Search Console のホームページに自動的に表示されない場合は、プロパティとして追加すると、自動的に確認されます。

⚠️ 要件

  • 古いブログは自動的には確認されないため、HTML タグによる方法で確認する必要があります。
  • ブログの管理に使用しているのと同じアカウントで Search Console にログインしていることを確認します。
Google ドメイン
ドメインを Google Domains に登録している場合、そのドメインに登録したプロパティは Search Console に追加すると自動的に確認されます(同じ Google アカウントを使用して両方のプロダクトを管理している場合のみ)。

確認タグはどこに配置すればよいですか?

タグベースの確認方法(Google アナリティクス、Google タグ マネージャー、HTML <meta> タグの各方法)を使用している場合は、プロパティを定義する URL にアクセスしたときに未ログイン ユーザーがリダイレクトされるページの確認タグが、Search Console により検出されます。

プロパティが https://example.com として定義されている場合に、ログインしていないユーザーがブラウザにその URL を入力すると、https://example.com/home にリダイレクトされ、Search Console によって https://example.com/home のページの確認タグが検出されます。

別の確認方法(ファイル アップロードによる方法)では、リダイレクトは実施されません。

一般的な確認エラー

それぞれの確認方法に特有のエラー以外に、ほとんどの確認方法で、次のような確認エラーが発生する可能性があります。

  • 正しくないタグ / スニペット / ファイルによるエラー
    確認を行うにあたっては、提供されたタグ、コード スニペット、ファイルを変更せずにそのまま使用してください。
  • サーバーへの接続がタイムアウトしました。
    サーバーがタイムアウトしたため、ファイルを確認できませんでした。サーバーが停止しているか、ビジー状態で応答が遅くなっていることが原因と考えられます。サーバーが応答していることを確認してから、もう一度お試しください。
  • サイトのドメイン名の検索でエラーが発生しました。
    確認ファイルにアクセスしようとしましたが、DNS エラーによりドメインにアクセスできませんでした。サーバーが停止しているか、ドメインへの DNS ルーティングに問題があることが原因と考えられます。ドメイン名が正しく解決されることを確認してから、もう一度お試しください。
  • ダウンロード リクエストのリダイレクト回数が多すぎます。
    URL に潜在的な問題(無限ループなど)がないかどうかをチェックしてください。
  • サーバーから無効なレスポンスが返されました。
    このエラーは、サイトでパスワード認証を要求している場合や、その他の理由で Google がサイトにアクセスできない場合に、発生する可能性があります。
  • サーバーに接続できませんでした。
    サーバーが停止していないことと、ドメイン名が正しく解決されていることを確認してから、もう一度お試しください。
  • 内部エラーが発生しました。
    この問題が解決しない場合は、ウェブマスター セントラルのヘルプ フォーラムで最新情報をご確認ください。
  • タイムアウト
    サイトまたはドメイン サーバーが Google のリクエストに対する応答を停止しました(使用している確認方法によって異なります)。サイトが応答していることを確認してから、もう一度お試しください。
  • ドメインを検出できませんでした。
    指定されたサイト URL を解決しようとしましたが、この URL は DNS サービスに認識されていません。プロパティの正しい URL を指定していることをご確認ください。

ドメインの所有権の確認について問題がある場合は、以下からお問い合わせください。

確認に関する問題を報告する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
83844
false
false