サイト検索の掲載結果

検索結果にページが表示されない理由について確認する

Google では、すべてのクエリに対して関連性の高い結果を表示するよう努めています。検索結果は検索インデックスから取得されます。検索インデックスは、ウェブ上にコンテンツが追加または変更されるたびに更新されます。コンテンツの変更や Google のランキング アルゴリズムの更新により、検索結果での URL の掲載順位が変動したり、場合によっては掲載されなくなったりする可能性があります。

こうした変動により混乱を招くことがあるかもしれませんが、他のウェブサイトから適度にリンクされているサイトであれば、次回クロール時にインデックスに再追加される可能性があります。どのページについても Google のインデックスや特定のランクでの継続的な表示を保証することはできませんが、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)ではクロールに適したサイトにするためのヒントをご覧いただけます。ここに記載されている推奨事項に従っていただくと、Google の検索結果にサイトが継続的に表示される可能性が高くなります。

Google 検索結果にサイトが表示されない場合や掲載順位が以前より下がっている場合は、次の手順を確認して、問題の原因を特定してください。

  • サイトが Google インデックスに登録されていることを確認する
  • 手動によるスパム対策の影響かどうかを確認する
  • Google でサイトを検出してクロールできるようにする
  • Google でサイトをインデックスに登録できるようにする
  • 関連性が高く役立つコンテンツにする

サイトが Google インデックスに登録されていることを確認する

  • site: 検索を行う

    サイトの所有者から Google の検索結果にサイトが登録されていないと連絡がある場合、実際はそのほとんどのケースで検索結果に登録されています。サイトが Google のインデックスに登録されているかどうかを確認するには、URL 全体を入力して Google サイト検索を行ってください。たとえば、site:google.com で検索すると http://www.google.com/search?num=100&q=site:google.com という結果が表示されます。site: 演算子とドメイン名の間にはスペースを入れません。

    URL を入力して Google サイト検索を行った結果にサイトが表示される場合は、Google のインデックスに登録されているということです。

    一方、以前はインデックスに登録されていたサイトが現在は登録されていない場合は、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反していたため削除された可能性があります。ガイドラインを確認して問題を修正した後、再審査をリクエストしてください。

  • ドメイン名でサイトの掲載順位を確認する

    www.[ドメイン名].com で Google 検索を行います。検索結果にサイトが表示されない、または掲載順位が低い場合は、サイトがウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反しているため手動によるスパム対策が実施された可能性があります。マルウェアなどの問題がサイトで見つかると、Google ではメッセージ センターを通じてお知らせします。また、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に照らし合わせてサイトを確認してください。問題がすべて解決したら、再審査をリクエストしてください。

  • 新しいコンテンツを Google に通知する

    新しいサイトは Google で検出されていない場合があるため、Google にサイト情報を通知します。 サイトマップの送信は、Google が新しいページを検出できるようにする方法の 1 つです。サイトが既にインデックスに登録されている場合でも、サイトマップを Google に送信することで、どのページが最も重要かを知らせることができます。

手動によるスパム対策の影響かどうかを確認する

  • [手動による対策] ページを確認する

    Google では、自動化されたシステムを使用してウェブページをクロール、インデックス登録、提供していますが、検索結果の品質を守るためには手動による対策を講じることも必要だと考えています。サイトにスパムが含まれている場合や、ウェブマスター ガイドラインに違反している場合は、サイト全体を検索結果から削除するといった手動による対策を実施することがあります。手動による対策がサイトのランキングに影響する場合は、ウェブマスター ツールの [手動による対策] ページで通知します(このデータを見るためには、サイトの追加と確認が済んでいる必要があります)。

Google でサイトを検出してクロールできるようにする

Googlebot は、新しいページや更新されたページを「クロール」し、検出したページを Google のインデックスに追加します。クロールを開始する際は、前回のクロールで生成され、ウェブマスターから提供されたサイトマップによって増加したウェブページの URL リストを使用します。Googlebot はこれらのウェブサイトすべてにアクセスし、各ページのリンクを検出してクロール対象のページ リストに追加します。また、新しいサイト、既存のサイトへの変更、無効なリンクを検出し、Google インデックスの更新情報として使用します。

  • クロール エラーを確認する。ウェブマスター ツールの [クロール エラー] ページでは、クロール時にアクセスできなかった URL の詳細を確認できます。エラーを確認し、可能な場合は修正します。Googlebot の次回のクロール時に変更点が検出され、Google インデックスの更新情報として使用されます。
  • robots.txt ファイルを確認する。robots.txt テスト ツールを使用して robots.txt ファイルを分析すると、サイトの URL やディレクトリから Googlebot がブロックされていないかどうかを確認できます。
  • URL がメタ タグによってブロックされていないことを確認する。
  • サイトの構成を見直してアクセスしやすいものにする。ほとんどの検索エンジンはテキストをベースに処理を行います。JavaScript、DHTML、画像、Silverlight などのリッチ メディアを使用してナビゲーションやリンクを作成すると、Googlebot や他のスパイダーでサイトをクロールできない場合があります。
  • サイトの構成を変更したり、新しいドメインに移転したりすると、ページの掲載順位が低くなることがあります。これを防ぐには .htaccess ファイルで 301 リダイレクト(「RedirectPermanent」)を使用して、ユーザー、Googlebot、他のスパイダーを適切にリダイレクトします(Apache の場合は .htaccess ファイルを使用し、IIS の場合は管理コンソールを使用します)。301 HTTP リダイレクトについて詳しくは http://www.ietf.org/rfc/rfc2616.txt(リンク先は英語)をご覧ください。
  • サイトマップの作成と送信を検討する。サイトが既にインデックスに登録されている場合でも、サイトマップでサイトの情報を Google に提供し、どの URL が最も重要かを知らせることができます。サイトマップは、Googlebot で簡単に見つからないような動的なコンテンツや他のコンテンツがサイトにある場合や、サイトが新しく十分にリンクされていない場合などに役立ちます。

Google でサイトをインデックスに登録できるようにする

Googlebot はクロールした各ページを処理し、検出したすべての単語とページ上の場所を登録した大規模なインデックスを作成します。さらに、タイトルタグや alt 属性などの主要なコンテンツ タグや属性に含まれる情報も処理します。Google では多くの種類のコンテンツを処理できます。ただし、HTML、PDF、Flash ファイルは処理できますが、Silverlight など他のリッチ メディア フォーマットのクロールやインデックス登録は困難です。

  • サイトのインデックス登録の統計情報を確認する。この統計情報は、Google インデックスでサイトがどのように登録されているかを表します。
  • サイトの構成を確認する。Google はほとんどの検索エンジンと同様にテキストをベースに処理を行います。つまり、Googlebot は、画像ファイル、Flash 以外のほとんどのリッチ メディア ファイル、JavaScript が生成するページ、ログインの必要なページに含まれているテキストを読み取れません。テキスト ベースの解読可能なコンテンツにすることで、ユーザーにも Googlebot にもアクセスしやすいサイトを構築できます。

関連性が高く役立つコンテンツにする

  • [検索クエリ] ページを確認して、ユーザーがどのようにサイトにアクセスしているかを把握する。最初の列には、サイトが最も多く表示された Google 検索が表示されます。このページには、各クエリの表示回数、クリック数、CTR(クリック率)も表示されます。この情報は、ユーザーが検索している内容(該当のクエリ)とサイトへのアクセスにつながったクエリを把握するうえで特に役立ちます。たとえば、サイトが「エスプレッソ マシン」と「コーヒー メーカー」という検索キーワードで Google 検索結果に頻繁に表示されるにもかかわらず、このクエリのクリック率が低い場合、サイトにコーヒー メーカーの情報が記載されていることがユーザーに伝わっていない可能性があります。この場合、アピール度と関連性を高めるようにコンテンツを改良することをおすすめします。ただし、サイトにキーワードを過剰に詰め込むことは避けてください。キーワードの乱用は、サイトの掲載順位だけでなくユーザーの利便性も低下させる恐れがあります。
  • Google でのサイトのクロール情報を把握する。[コンテンツ キーワード] ページには、他のサイトからのリンクで使用されているキーワードやフレーズが表示されます。第三者の観点でサイトを見ることにより、ターゲット ユーザーを絞り込む適切な方法を把握できます。
  • ウェブマスター ツールの [HTML の改善] ページを確認する。タイトル タグやメタデータ(descriptions)情報により、サイトのコンテンツに関する有益な情報を Google に提供できます。さらに、このテキストは検索結果ページに表示される場合があり、具体的で有益なテキストであればユーザーがクリックする可能性は高くなります。
  • サイトを広める。ユーザーのクエリとサイトの関連性は、サイトへのリンクを基に判断されます。自然なリンクは、ウェブの動的な性質として、そのサイトがユーザーにとって便利で価値があると他のサイトに判断されると増えていきます。
  • セーフサーチを無効にしていることが原因で、アダルト コンテンツとしてコンテンツが報告されていないかどうかを確認する。Google のセーフサーチ フィルタを使用すると、検索結果にアダルト サイトや性的なコンテンツを含むサイトを表示しないよう設定できます。フィルタの精度を完全に保証することはできませんが、セーフサーチでは Google 独自の高度な技術を使用して、キーワード、フレーズ、URL、Open Directory のカテゴリを確認しています。
  • 優れた画像コンテンツを使用して、トラフィックを増やす。画像を公開するときは、ユーザーに高い利便性を提供できるよう十分に考慮し、画像のガイドラインに従うことをおすすめします。

競合相手が他のサイトの掲載順位を下げたり、Google のインデックスから削除することはほぼ不可能です。サイトにリンクしている別のサイトに問題がある場合は、そのサイトの所有者に直接連絡することをおすすめします。Google ではウェブ上に公開されている情報を収集し整理していますが、これらのページのコンテンツには関与していません。

検索結果の変動は、データ センターが異なることが原因の場合もあります。Google 検索を行うと、クエリが Google のデータ センターに送信され、検索結果が取得されます。データ センターは多数あり、クエリの送信先は地理上の場所や検索トラフィックなどのさまざまな要因により異なります。すべてのデータ センターで同時にデータを更新するわけではないため、クエリを処理するデータ センターによって異なる検索結果が表示される可能性があります。

この記事はどの程度役に立ちましたか?

フィードバックが記録されました。ご協力ありがとうございました。
  • まったく役立たなかった
  • あまり役立たなかった
  • まあまあ役立った
  • かなり役立った
  • とても役立った