ドキュメントのプレビュー、パブリッシュ、共有

Google Web Designer には、目的に応じてドキュメントを表示するさまざまな方法があります。

ドキュメントを作成する

Google Web Designer でプロジェクトを扱っている場合は、デザインビューでステージ上のプロジェクトを確認できます。作成中に生成されるファイルはソースファイル(作成者ファイルとも呼ばれます)であり、プロジェクトごとに別個のフォルダに保存する必要があります。

メインのソースファイルは HTML ファイルですが、ブラウザ内でこの HTML ファイルを直接開いてドキュメントをプレビューすることはできません。HTML にプロジェクトの全機能が含まれているわけではないからです。

ソースファイルを広告として入稿しないでください。

ソースファイルではなく、Google Web Designer でドキュメントをパブリッシュしたファイルを使用します。

ドキュメントをプレビューする

プレビューすると、エンドユーザーにプロジェクトがどのように表示され、動作するかを確認できます。ブラウザ内にドキュメントの一時的なスナップショットが開き、プレビュー モードのオプション(レスポンシブ広告のサイズが異なるバージョンの表示など)を設定して、プレビューを操作することができます。ドキュメントは作成中に何度でもプレビューできますが、プレビューで生成されるファイルはそのパソコンでの表示用であり、共有用ではありません。

Web Designer のステージでアニメーションをプレビューすることもできますが、一部制限があります(イベントがトリガーされないなど)。

プレビューでの相違点

ドキュメントに含まれている要素がプレビューに表示されない場合は、ガイドレイヤの可能性があります。

ドキュメントをパブリッシュする

ドキュメントが完成したら、パブリッシュして最終的なファイルを作成する必要があります。パブリッシュするとソースコードが整備され、Google AdMob、Google 広告、ディスプレイ&ビデオ 360 の広告に応じたイネーブラー コードが追加されます。また、追加の設定を行うこともできます。

パブリッシュしたファイルは、誰でも Google Web Designer をインストールせずにブラウザで閲覧できます。ドキュメントが広告の場合は、パブリッシュしたファイルを入稿する必要があります。

ドキュメントを共有する

ファイルの最善の共有方法は、そのファイルを共有する目的によって異なります。

  • ドキュメントを共同編集する場合は、ソースファイルを共有します。また、プロジェクトの問題をトラブルシューティングする場合も、ソースファイルを共有する必要があります。
  • 完成したプロジェクトを共有する場合は、ドキュメントをパブリッシュします。[パブリッシュ] ダイアログのオプションを使用して .zip ファイルを作成してから、レビュー担当者に送信することができます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。