G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

ゾーン

ゾーンを使用して、サイトへのタグ付けを管理、サンドボックス化します。
この機能は、Google マーケティング プラットフォームに含まれる Google タグ マネージャー 360 でのみご利用いただけます。
Google マーケティング プラットフォームの詳細

ゾーンを使用すると、メインのコンテナが読み込まれたときに追加のタグ マネージャー コンテナをリンクすることができ、そうしてリンクされたコンテナによってサイト上のタグを配信することができます。リンクされたコンテナ(第三者が所有および管理するコンテナを含む)は、タグ マネージャー アカウントに関連付けられます。

ゾーンの境界を設定して、ゾーンが有効なページを定義し、リンクされたコンテナが配信できるタグの種類を制限することができます。ゾーンは、承認と組み合わせることで、組織のタグ管理ワークフローの効率化に役立ちます。

使用例:

  • 第三者広告代理店に、代理店が取り組んでいる広告キャンペーンに関連するタグタイプのみを使用して特定のページ上のタグを配信するゾーンへのアクセス権を付与する。
  • 採用担当チームに、サイトの人材募集セクションでコンテナを公開するためのアクセス権を与える。
  • マーケティング チームに、ほとんどのページでコンテナを公開するアクセス権を与えるが、セキュリティで保護されたコンテンツ(ショッピング カートのページなど)を編集するだけで公開する権利はなく、審査と承認のプロセスを経なければならないようにする。

ゾーンを作成する

新しいゾーンを作成するには:

  1. タグ マネージャーで [ゾーン] 次の操作 [新規] の順にクリックします。
  2. [ゾーンの設定] で 追加 をクリックし、1 つ以上のコンテナを追加します。
  3. 次のいずれかの操作を使用してコンテナを選択します。
    1. the container select icon をクリックし、現在のアカウントからコンテナを選択します。
    2. the container select icon追加 の順にクリックし、現在のアカウントで新しいコンテナを作成します。
    3. [コンテナ ID] と任意の [ニックネーム] を手動で入力します。 
      注: どのコンテナの ID でも入力することができます。同じアカウントのコンテナである必要はありません。
  4. 省略可: [ゾーンの境界] で [一部のページ] を選択し、リンクされたコンテナがタグを配信できるページを指定します。
  5. 省略可: [種類の制限] を切り替えて、リンクされたコンテナが配信できるタグ、トリガー、変数のタイプを指定します。: カスタム テンプレートを使用できるようにするには、[サンドボックス化されたスクリプトの種類] を有効にします。
  6. ゾーンにタイトルを付け、[保存] をクリックします。
  7. 変更を反映するには、ワークスペースを保存して公開します。

ゾーンを編集する

ゾーンを編集するには:

  1. [ゾーン] をクリックし、編集するゾーンの名前をクリックします。
  2. [ゾーン構成]、[ゾーンの境界]、[タイプの制限] を必要に応じて編集します。
  3. 変更を反映するには、ワークスペースを保存して公開します。
注: ゾーン内のコンテナ間の通信はサポートされていません。メインのコンテナのデータレイヤに変更を加えても、同じゾーンに含まれるリンク先コンテナには反映されない可能性があります。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102259
false