タグ

タグとは JavaScript のスニペットで、Google などの第三者事業者に情報を送信するものです。Google タグマネージャなどのタグ管理ソリューションを使わない場合は、これらの JavaScript スニペットをサイトのソースコードに直接追加する必要があります。しかし Google タグ マネージャーを使用すると、こうした JavaScript スニペットをそれぞれソースコード内で保持する必要がなくなります。Google タグ マネージャーの管理画面では、配信するタグと、そのタグを配信するタイミングを指定できます。

Google タグ マネージャーでは、各種タグ用のテンプレートを使ってタグを設定できます。設定するタグのテンプレートがない場合は、カスタムタグを使って、そこにタグの JavaScript を配置します。Google タグ マネージャーに用意されているテンプレートは次のとおりです。

サポートされている Google タグのテンプレート

Google タグ マネージャーは次の種類のタグに明示的に対応しており、テンプレートを使ってタグのエラーが発生する可能性を最小限に抑えることができます。

Google 広告コンバージョン トラッキング タグ

Google タグ マネージャーでこのタグを設定するには、コンバージョン ID、コンバージョン ラベル、コンバージョン値を指定する必要があります。 

  1. Google 広告アカウントで、[運用ツール] > [コンバージョン トラッキング] に移動して、[コード] タブをクリックします。
  2. 左側でアクション名を選択し、[自分でコードを変更する] を選択します。コードのボックスで次を行います。
    • 「google_conversion_id =」の値を確認し、[コンバージョン ID] に入力します。
    • 「google_conversion_label =」の値を確認し、コンバージョン ラベルに入力します。
    • 「google_conversion_value =」の値を確認し、[コンバージョン値] に入力します(省略可)。値を動的に入力する場合は、変数をプルダウン メニューから選択するか、新規に作成します。

目的のコンバージョン ページでタグを配信するためのルールを追加します。「PDF ダウンロードのコンバージョン ページ」など、コンバージョン ページにちなんだルール名を付ければ、ルールを見分けて他のタグで再利用しやすくなります。

Google 広告コンバージョン トラッキングの詳細をご覧ください。

Floodlight カウンタタグ

Floodlight カウンタタグを使用すると、広告を見た、またはクリックしたユーザーが特定のページを訪れた回数をカウントできます。Floodlight タグをコンテナに追加するには、次の 2 つの方法があります。

  • キャンペーン マネージャーの管理画面からプッシュしたタグを受け取る。
  • Google タグ マネージャーの管理画面からタグを追加する。

プッシュされた Floodlight タグを受け取る

このタグは、キャンペーン マネージャーの管理画面からコンテナに直接プッシュできます。一方、Google タグ マネージャーを使用する場合は、リンクのリクエストとプッシュされたタグを承認する必要があります。詳しくは、承認についての記事をご覧ください。キャンペーン マネージャーからタグをプッシュする方法については、Google タグ マネージャー コンテナに Floodlight アクティビティを追加するをご覧ください。

プッシュされた Floodlight タグを受け取るには、[承認キュー] > [タグ] に移動して、アクティビティの名前をクリックします。一部のパラメータ(「src=」、「type=」、「cat=」の値など)がプリセットされます。

Floodlight カスタム変数は、ユーザーに関する収集データ(ユーザーが購入した映画のジャンルなど)の測定に使用できるキーと値の組み合わせです。カスタム Floodlight 変数では、「u1=」や「u2=」といったキーを使用します。プッシュされたタグでは、カスタム変数フィールドに変数の名前が事前に入力されます。これらの変数を、適切なデータを取得するように設定する必要があります。

タグを適切に変更してから、[承認] をクリックします。

Google タグ マネージャーでタグを追加する

タグの種類として「Floodlight カウンタ」を選択します。

  • 「src=」の値を確認し、[広告主 ID] に入力します。
  • 「type=」の値を確認し、[グループタグ文字列] に入力します。
  • 「cat=」の値を確認し、[アクティビティ タグ文字列] に入力します。 

 

Floodlight カスタム変数は、ユーザーに関する収集データ(ユーザーが購入した映画のジャンルなど)の測定に使用できるキーと値の組み合わせです。カスタム Floodlight 変数では、「u1=」や「u2=」といったキーを使用します。それぞれのカスタム変数で、その変数に渡す値を含む変数を選択します。

タグの情報を入力したら、[保存] をクリックします。

Floodlight カウンタタグの詳細をご覧ください。

Floodlight 販売タグ

Floodlight 販売タグを使用すると、ユーザーが購入したアイテムの数と、それらの購入の合計値を確認できます。Floodlight タグをコンテナに追加するには、次の 2 つの方法があります。

  • キャンペーン マネージャーの管理画面からプッシュしたタグを受け取る。
  • Google タグ マネージャーの管理画面からタグを追加する。

 

プッシュされた Floodlight タグを受け取る

このタグは、キャンペーン マネージャーの管理画面からコンテナに直接プッシュできます。一方、Google タグ マネージャーを使用する場合は、リンクのリクエストとプッシュされたタグを承認する必要があります。詳しくは、承認についての記事をご覧ください。キャンペーン マネージャーからタグをプッシュする方法については、Google タグ マネージャー コンテナに Floodlight アクティビティを追加するをご覧ください。

プッシュされた Floodlight タグを受け取るには、[承認キュー] > [タグ] に移動して、アクティビティの名前をクリックします。一部のパラメータ(「src=」、「type=」、「cat=」の値など)がプリセットされます。

プッシュされたタグでは、収益パラメータに {{cost}} 変数が事前に入力されるため、収益額を取得する {{cost}} 変数を作成して設定する必要があります。

オーダー ID パラメータでも、{{ord}} 変数が事前に入力されるため、{{ord}} 変数を作成して設定する必要があります。この変数では、オーダー ID(「販売したアイテム」をカウント方法として指定している場合は、販売したアイテム数のカウント)を取得します。

Floodlight カスタム変数は、ユーザーに関する収集データ(ユーザーが購入した映画のジャンルなど)の測定に使用できるキーと値の組み合わせです。カスタム Floodlight 変数では、「u1=」、「u2=」といったキーを使用します。プッシュされたタグでは、カスタム変数フィールドに変数の名前が事前に入力されます。これらの変数を、適切なデータを取得するように設定する必要があります。

タグを適切に変更してから、[承認] をクリックします。

Google タグ マネージャーでタグを追加する

タグの種類として「Floodlight 販売」を選択します。

  • 「src=」の値を確認し、[広告主 ID] に入力します。
  • 「type=」の値を確認し、[グループタグ文字列] に入力します。
  • 「cat=」の値を確認し、[アクティビティ タグ文字列] に入力します。 

 

収益パラメータでは収益額を含む変数を選択し、[オーダー ID] で、オーダー ID を含む変数を選択します。「販売したアイテム」をカウント方法として選択している場合は、販売したアイテム数のカウントを含む変数を選択します。これらの変数をまだ作成していない場合は Google タグマネージャで作成する必要があります。

Floodlight カスタム変数は、ユーザーに関する収集データ(ユーザーが購入した映画のジャンルなど)の測定に使用できるキーと値の組み合わせです。カスタム Floodlight 変数では、「u1=」や「u2=」といったキーを使用します。それぞれのカスタム変数で、その変数に渡す値を含む変数を選択します。

タグの情報を入力したら、[保存] をクリックします。

Floodlight 販売タグの詳細をご覧ください。

Google アナリティクスのタグ

ウェブ プロパティ ID を確認するには:

  • Google アナリティクス アカウントで [管理] に移動します。
  • [プロパティ設定] をクリックします。

 

トラッキング ID(UA-xxxxxx-xx の形式)を [ウェブ プロパティ ID] 欄に入力します。

[ウェブ プロパティ ID] 欄で変数を使用することもできます。これは、複数の Google アナリティクス プロパティを管理している場合に役立ちます。

ユーザー属性レポートやインタレスト レポート、リマーケティング、キャンペーン マネージャーとの統合などのディスプレイ広告向けの機能を有効にするには、[ディスプレイ広告主のサポート] チェックボックスをオンにします。このオプションを選択する場合は、ディスプレイ広告に関するポリシー要件をご確認ください。

Google タグ マネージャーが対応している Google アナリティクス タグは以下のとおりです。

必要に応じて、[詳細設定] で次の設定を追加で使用することもできます。

  • 基本設定
    • IP アドレスの匿名化: 詳細
    • 仮想ページ遷移: ページ遷移を表してデータのトラッキングを可能にします。詳細
    • サンプルレートを設定: 詳細
    • セッション Cookie タイムアウトの設定: 詳細
  • キャンペーン トラッキング:
    • アンカーを許可: 詳細
    • キャンペーン Cookie タイムアウトの設定: 詳細
  • カスタム変数: 詳細
  • ドメインとディレクトリ: 詳細
    たとえば、A.com から B.com へドメインをまたいでトラッキングする際に、独自に設定した Cookie を使用するのではなく、URL パラメータ(A.com でのセッション)からの Cookie データを使用するように B.com を設定する必要があります。このリンクを有効にするには、[リンカーを許可] チェックボックスをオンにします。
  • 検索エンジンと参照元: 詳細
  • 高度な設定:
    • トラッカーの名前: トラッカー オブジェクトに自分で名前を付けることができます。: トラッカー オブジェクトに自分で名前を付けることはおすすめできません。誤って既存のトラッカー オブジェクト名を付けてしまうと、データが壊れる恐れがあるためです。トラッカーに名前を付けると、Google タグマネージャで作成されたトラッカーとお客様の既存の Google アナリティクス コードでステータスを共有できますが、それにはサイトのコードを変更して Google タグマネージャの dataLayer 構文を使用する必要があります。そうではない場合は、Google タグマネージャでトラッキングを設定することはできません。
    • ローカル GIF パス: 詳細
    • ユーザー Cookie タイムアウト: 詳細
    • ヒット コールバック: このフィールドの値は、関数を返す変数を参照します。この関数は、Google アナリティクスのトラッキング ビーコンの送信が完了すると呼び出されます。
    • 拡張リンクのアトリビューションを有効化: 詳細
    • ブラウザのトラッキング モジュールを有効化: 詳細
    • Flash 検出を有効化: 詳細
    • タイトル検出を有効化: 詳細
    • ヒット数を Google のサーバーに送信: ローカル GIF パスを設定すると、所有しているサーバーにヒット数が送信されます。このオプションを指定すると、Google にもヒット数が送信されます。

基本的なトラッキング

Google アナリティクスの基本的なトラッキングでは、Google アナリティクス タグを 1 つ追加して、トラッキング タイプとして「ページビュー」を選択します。すべてのページでタグを配信するためのルールを追加します。基本的なトラッキングのみでよい場合は、この Google アナリティクス タグを 1 つだけ追加します。ただし、イベントや e コマースのトランザクションをトラッキングする場合は、他の Google アナリティクス タグも追加する必要があります。

Google アナリティクス イベントをトラッキングする

例については、Google アナリティクス イベントをご覧ください。

複数のドメインを対象にトラッキングする

例については、クロスドメイン トラッキングをご覧ください。

ユニバーサル アナリティクス タグ

ユニバーサル アナリティクス タグは、Google アナリティクスのトラッキング タグの新バージョンです。ユニバーサル アナリティクスには、Google アナリティクス アカウントとは違う方法でデータを収集して整理する一連の機能が用意されています。

ユニバーサル アナリティクスを使用すると、より多くの種類のデータを収集してデータの質を改善できるため、広告掲載、販売、商品やサービスの利用、サポート、顧客維持などのあらゆる段階にいるユーザーによるビジネスの利用状況をより的確に把握できます。

ユニバーサル アナリティクスは、Google タグ マネージャーで設定するのが最適です。今後の変更をはるかに容易に行えるためです。

ウェブ プロパティ ID を確認するには:

  • Google アナリティクス アカウントで [管理] に移動します。
  • [プロパティ設定] をクリックします。

 

トラッキング ID(UA-xxxxxx-xx の形式)を [ウェブ プロパティ ID] 欄に入力します。

[ウェブ プロパティ ID] 欄で変数を使用することもできます。これは、複数の Google アナリティクス プロパティを管理している場合に役立ちます。

Google タグ マネージャーが対応している Google アナリティクス タグは以下のとおりです。

必要に応じて次の設定を追加で使用することもできます。
  • 基本設定
    • IP アドレスの匿名化: 詳細
    • セッション コントロール: 詳細
    • ドキュメント参照: 詳細
    • ドキュメント パス: 詳細
    • ドキュメント タイトル: 詳細
    • サンプルレート: 詳細
  • 高度な設定
    • グローバル変数の名前: 詳細
  • Cookie 設定
  • クロスドメイン トラッキング: 自動リンクドメイン - 「A.com, B.com, C.com」のように複数のドメインをカンマで区切ります(使用例についてはクロスドメイン トラッキングをご覧ください)。
  • カスタム ディメンション: 詳細
  • カスタム指標: 詳細
  • 設定するフィールド: たとえば、A.com から B.com へドメインをまたいでトラッキングする際に、独自に設定した Cookie を使用するのではなく、URL パラメータ(A.com でのセッション)からの Cookie データを使用するように B.com を設定する必要があります。このリンクを有効にするには、次のように指定します。
    フィールド名: allowLinker
    値: true

基本的なトラッキング

Google アナリティクス(ユニバーサル アナリティクス)の基本的なトラッキングでは、Google アナリティクス(ユニバーサル アナリティクス)タグを 1 つ追加して、トラッキング タイプとして「ページビュー」を選択します。すべてのページでタグを配信するためのルールを追加します。基本的なトラッキングのみでよい場合は、この Google アナリティクス(ユニバーサル アナリティクス)タグを 1 つ追加するだけですが、イベントや e コマース トランザクションをトラッキングする場合は、他の Google アナリティクス(ユニバーサル アナリティクス)タグを追加する必要があります。

Google アナリティクス イベントをトラッキングする

例については、Google アナリティクス イベントをご覧ください。

複数のドメインを対象にトラッキングする

例については、クロスドメイン トラッキングをご覧ください。

GDN リマーケティング タグ

Google タグ マネージャーで Google ディスプレイ ネットワークのリマーケティング タグを設定するには、コンバージョン ID とコンバージョン ラベルを指定する必要があります。

  1. Google 広告アカウントで、[キャンペーン] タブをクリックします。
  2. 左側のキャンペーンのリストで、[共有ライブラリ] > [オーディエンス] をクリックします。
  3. 自動的に作成された「メインリスト」というリストを見つけます。次に、[タグ / 定義] 列の [タグ] をクリックします。
  4. [タグ] をクリックして、コードのボックスで次を行います。
    • 「google_conversion_id =」の値を確認し、[コンバージョン ID] 欄に入力します。
    • 「google_conversion_label =」の値を確認し、[コンバージョン ラベル] 欄に入力します。

詳しい手順については、Google 広告の動的リマーケティングの設定に関する記事をご覧ください。リマーケティング タグの詳細もご覧ください。

認定ベンダーのタグのテンプレート

Google タグのテンプレートのほか、さまざまな第三者タグのテンプレートも利用できます。テンプレートを使用するには、テンプレートを選択して必要な情報を入力します。すると、Google タグ マネージャーでが自動的に適切なコードが生成されます。認定ベンダーのタグに関する詳細をご覧ください。

自社のタグのテンプレートを Google に追加してほしい方は、お問い合わせください。タグのベンダーになる方法についてご説明いたします

カスタムタグの種類

カスタムタグには次の 2 種類があり、ほぼすべてのタグからコードをコピーして貼り付けることができます。テンプレートによって明示的にサポートされていないタグを設定する必要がある場合は、次のいずれかの種類のタグを使用します。

カスタム画像タグ

カスタム画像タグタイプでは、タグタイプ オプションとして表示されていない画像タグを管理できます。たとえば、トラッキング用に非表示の 1 ピクセル画像を使用する場合は、その画像の URL を指定します。変数を挿入するには、その変数の名前を二重の中括弧で囲みます(例: {{variable_name}})。プロトコルに連動したバージョンの画像がある場合は「https://」、安全性の高いバージョンのみの場合は「http://」を選択します。

画像のキャッシュ バージョンが保存されているブラウザからのヒットが記録されるようにするには、[キャッシュの無効化] チェックボックスをオンにします。

カスタム HTML タグ

カスタム HTML タグタイプでは、Google タグ マネージャーのテンプレートによって明示的にサポートされていないタグ(Google 以外のタグなど)を管理できます(詳細についてはタグに関する制限をご覧ください)。

HTML または JavaScript をコピーしてテキストボックスに貼り付けます。その際は、必ず HTML スクリプトタグ内に JavaScript スニペットを配置してください。タグに document.write() の呼び出しを組み込むこともできます。

カスタム HTML タグに変数を挿入するには、その変数の名前を二重の中括弧で囲みます(例: {{variable_name}})。複数のコンテキストでタグを再利用するのに役立ちます。

複数のタグは一体化せず別々に追加します。たとえば、オリジナルのサイトコードで 2 つのデータ収集ツールが隣り合わせになっている場合は、それらを 2 つの別個のカスタム HTML タグに分けます。これにより、各タグの設定を別々に行うことができます。

タグを配信するタイミングを決めるルールを指定します。タグの名前を指定して保存すると、そのタグを Google タグ マネージャーで管理できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。