検索広告 360 のヘルプセンターへようこそ。検索広告 360 は検索マーケティング キャンペーンを管理するためのプラットフォームです。 このヘルプセンターはどなたでもご利用いただけますが、検索広告 360 サービスにアクセスするには登録済みのお客様によるログインが必要です。ご登録や詳細情報については、Google のセールスチームまでお問い合わせください

ビジネスデータを使ってキャンペーンを管理する

ビジネスデータを削除する

ビジネスデータの「削除」には、キャンペーンに適用していたデータを解除するだけの場合と、テーブル全体やすべてのデータを削除する場合があります。ビジネスデータを削除する操作の種類は以下のとおりです。

  • キャンペーン、広告グループなどの項目からビジネスデータの適用を解除する
    たとえば、あるブランドに関するビジネスデータをキャンペーンのグループに適用していましたが、最近、そのブランドの広告戦略を変更しました。そのため、一部のキャンペーンでビジネスデータの適用を解除(除外)し、それ以外のキャンペーンには適用したままにします。
  • ビジネスデータ表から行を削除する
    例: 以前にビジネスデータで定義したブランドの広告掲載を停止します。そのため、ビジネスデータ表からそのブランドについて記述した行を削除します。
  • ビジネスデータ表から列を削除する
    例: 「ブランド」ビジネスデータ表には、[ディメンション] タブでレポートデータを分類または集計する追加の方法として、「商品タイプ」と「商品の年」列を含めています。しかし、「商品の年」を最新の状態に保つ作業に価値がないと判断したため、「ブランド」ビジネスデータ表から「商品の年」列を削除します。
  • ビジネスデータの表を削除する
    例: 以前に定義したビジネスデータが古くなったため、チームの同僚に間違ってその表を使用してほしくありません。そのため、検索広告 360 からその表を削除します。

キャンペーン、広告グループなどの項目からビジネスデータの適用を解除する

ビジネスデータを直接適用していた項目から解除(除外)するには:

  1. ビジネスデータを適用できる項目(エンジン アカウント、キャンペーンなど)が含まれるタブに移動します。
    たとえば、広告主に移動して [キャンペーン] タブをクリックします。

  2. ビジネスデータの列を追加します。

    1. 掲載結果の概要グラフの上に表示される [] ボタンをクリックします。

    2. [使用可能な項目] で [ビジネスデータ] をクリックします。

    3. 解除するデータの ID 列の横にある [+] をクリックします。たとえば、Dealership データを解除する場合は Dealership.ID の横にある [+] をクリックします。

      Click + next to the ID column for the type of data you want to apply.

    4. 適用を解除するデータを特定するのに役立つ属性があれば、必要に応じてその横の [+] をクリックします。
      たとえば、Dealership.Name を追加すると、ディーラーの名前を確認できるようになります。

    5. [適用] をクリックします。

  3. 前の手順で追加した ID 列をクリックし、[親から継承] をクリックします。

これで、ビジネスデータが項目に直接適用されることはなくなります。この項目は、それより上位の項目に適用されたデータを継承します。

別の方法: 一括編集でビジネスデータの特定の行の適用を解除する

項目に直接適用していたビジネスデータの特定の行を解除(除外)するには:

  1. ビジネスデータを適用できる項目(エンジン アカウント、キャンペーンなど)が含まれるタブに移動します。
    たとえば、広告主に移動して [キャンペーン] タブをクリックします。

  2. 必要に応じてフィルタを使用して、ビジネスデータの適用を解除する項目のみを表示します。

  3. 必要に応じて、特定の項目のチェックボックスをオンまたはオフにして、編集する項目のリストを絞り込みます。
    項目を選択しない場合、現在の対象範囲の(かつ指定したフィルタに一致する)すべての項目に一括編集が適用されます。

  4. レポートの表の上にある [編集 ▼] をクリックし、[ビジネスデータの変更] を選択します。

  5. ビジネスパネルで次の操作を行います。

    1. [削除] を選択します。

    2. [表の選択] リストでビジネスデータ表を選択します。
      このリストには、その広告主のすべてのビジネスデータ表が含まれています。

    3. [ビジネスデータ行を選択してください] というリストから 1 行選択します。
      このリストには、各行の ID 列の値が表示されます。
       Detaching a row of business data.

    この編集を後で行う、定期的に行う、また特定の時間に変更を元に戻す場合は、スケジュールを設定する方法についての詳細をご覧ください。

  6. [保存] をクリックします。
    一括編集の進行状況は、レポートの表の上部に表示されます。

一括処理中の編集をキャンセルする

  1. [詳細] をクリックして [一括処理] ページを表示します。
  2. [結果] 列で [キャンセル] をクリックします。
  3. 検索広告 360 で編集がキャンセルされたら、[結果] 列の [レポートのダウンロード] をクリックして、キャンセルする前にどの編集の処理が完了していたかを確認します。

データが解除されたことを確認する

データが正しく解除されたことを確認するには、項目に適用されるビジネスデータを表示します。

継承されるビジネスデータへの影響

ビジネスデータは継承されるので、キャンペーンからビジネスデータを解除すると、そのキャンペーン内のどの項目にも、そのデータは追加されなくなります(それ以前にキャンペーン内でそのデータを直接適用している項目は除きます)。

詳しくは、継承されるビジネスデータについての詳細をご覧ください。

ビジネスデータ表から行を削除する

ビジネスデータのある行を使用しなくなり、組織内の他の人がそのデータを誤って使用しないようにしたい場合は、その行を削除します。その行が現在キャンペーンや他の項目に関連付けられている場合、そのビジネスデータはキャンペーンや他の項目に表示されなくなります。

その行が別の行に参照として含まれている場合、親の行では、削除したデータについては空の値が表示されます。たとえば、「都市」という表の「シアトル」で「州」という表の「ワシントン」を参照している場合、「ワシントン」を削除すると、「シアトル」では州が定義されなくなります。「ワシントン」が「国」や「地域」という表の行を参照している場合、「シアトル」では国や地域も定義されなくなります。

後でデータが必要になった場合は、行を復元することができます。

ビジネスデータの行を削除するには:

  1. 広告主に移動します。 

    広告主への移動手順
    1. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    2. [代理店] リストで、対象の広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールします。

    3. [広告主] のリストで、該当する広告主をクリックします。

    4. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    広告主のすべてのエンジン アカウントに関するデータを含む広告主ページが表示されます。

  2. 左ナビゲーション パネルで、[ビジネスデータ] をクリックします。

  3. [ビジネスデータ表の名前] 列で、名前をクリックします。

  4. ビジネスデータの行の横にあるチェックボックスをオンにします。
  5. [編集▼] をクリックして、[削除] を選択します。
  6. 確認のため、[OK] をクリックします。

削除したビジネスデータの行を復元するには:

  1. 広告主に移動します。 

    広告主への移動手順
    1. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    2. [代理店] リストで、対象の広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールします。

    3. [広告主] のリストで、該当する広告主をクリックします。

    4. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    広告主のすべてのエンジン アカウントに関するデータを含む広告主ページが表示されます。

  2. 左ナビゲーション パネルで、[ビジネスデータ] をクリックします。

  3. [ビジネスデータ表の名前] 列で、名前をクリックします。

  4. 削除した行を表示するには、レポートの表の上部にある [表示] リストで [すべて] を選択します。

  5. 削除済みアイコン(Removed status button)がある行の横にあるチェックボックスをオンにします。

  6. [編集▼] をクリックして [再開] を選択します。

復元したデータが以前にキャンペーンや他の項目に関連付けられていた場合、そのデータはキャンペーンや他の項目に表示されるようになります。

ビジネスデータ表から列を削除する

ビジネスデータのある列を使用しなくなり、組織内の他の人がそのデータを誤って使用しないようにしたい場合は、その列を削除します。

列は削除すると復元できなくなります。

また、ID 列は削除できません。すべての表で ID 列を指定する必要があります

準備

その列が数式列保存済みビューで使用されていないこと、自動化ルールの条件として使用されていないことを確認してください。Search Ads 360 の他の機能で使用されている列を削除することはできません。

列を削除する

  1. 広告主に移動します。 

    広告主への移動手順
    1. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    2. [代理店] リストで、対象の広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールします。

    3. [広告主] のリストで、該当する広告主をクリックします。

    4. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    広告主のすべてのエンジン アカウントに関するデータを含む広告主ページが表示されます。

  2. 左ナビゲーション パネルで、[ビジネスデータ] をクリックします。

  3. ビジネスデータ表の横にあるチェックボックスをオンにします。

  4. [編集▼] をクリックして [詳細の編集] を選択します。
  5. 削除する列の削除アイコン キャンセル をクリックします。
    Click the "Remove" icon
  6. [保存] をクリックします。

キャンペーンなどの項目のすべてから自動的にその列が削除されます。

ビジネスデータ表を削除する

ビジネスデータ表のデータを使用しなくなり、組織内の他の人がそのデータを誤って使用しないようにしたい場合は、その表を削除します。

ビジネスデータ表は削除すると復元できなくなります。If you remove a business data table, you can't create a new one with the same name.

準備

その表の列のデータが数式列保存済みビューで使用されていないこと、自動化ルールの条件として使用されていないことを確認してください。Search Ads 360 の他の機能で使用されている表を削除することはできません。

ビジネスデータ表を削除する

  1. 広告主に移動します。 

    広告主への移動手順
    1. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    2. [代理店] リストで、対象の広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールします。

    3. [広告主] のリストで、該当する広告主をクリックします。

    4. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    広告主のすべてのエンジン アカウントに関するデータを含む広告主ページが表示されます。

  2. 左ナビゲーション パネルで、[ビジネスデータ] をクリックします。

  3. ビジネスデータ表の横にあるチェックボックスをオンにします。

  4. [編集▼] をクリックして、[削除] を選択します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
263
false