データセーバーでモバイルデータの使用量を抑える

データセーバーをオンにすることで、データ通信量に制限のあるプランでモバイルデータの使用量を抑えることができます。このモードをオンにすると、ほとんどのアプリやサービスで Wi-Fi 接続時のみバックグラウンド データが取得されるようになります。その時点でアクティブなアプリやサービスでは、モバイルデータ通信が使用されます。

注: この手順の一部は、Android 8.0 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

データセーバー モードのオンとオフを切り替える

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を開きます。
  2. [ネットワークとインターネット] 次の操作 [データ使用量] 次の操作 [データセーバー] をタップします。
  3. [データセーバー] をオンまたはオフにします。

データセーバー モードをオンにすると、ステータスバーにデータセーバー アイコン データセーバー が表示され、端末の設定アプリ 設定アプリ の上部に通知が表示されます。

ヒント: 設定バーにデータセーバーを追加することもできます。クイック設定をカスタマイズする方法についての記事をご覧ください

Wi-Fi が利用できないときにアプリが停止しないようにする

アプリやサービスによっては、バックグラウンド データの取得を制限すると正常に動作しないことがあります。データセーバー モードがオンになっているときでも特定のアプリやサービスがモバイルデータ通信経由でバックグラウンド データを取得できるように設定できます。

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を開きます。
  2. [ネットワークとインターネット] 次の操作 [データ使用量] 次の操作 [データセーバー] 次の操作 [データ無制限アクセス] をタップします。
  3. データセーバー モードのときでもモバイルデータ通信を使用するアプリまたはサービスをオンにします。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。