Google Pixel でバッテリーと充電器を使ってみる

Google Pixel では、バッテリーを管理し、バッテリーを長持ちさせ、バッテリーに関する問題を解決できます。

Google Pixel のバッテリーを管理する

バッテリー ウィジェットをホーム画面に追加する

バッテリー ウィジェットを使用すると、Google Pixel や近くのコネクテッド デバイスのバッテリー情報を確認できます。

バッテリー ウィジェットを追加する方法

電池残量を確認する

Google Pixel ではバッテリーの残量を確認できます。

バッテリー残量を確認する方法

Google Pixel を充電する

すべての Google Pixel は、USB-C ケーブルを使って充電できます。適切に充電できるよう、Google Pixel 5a (5G) など、一部のスマートフォンでは付属の電源アダプターをお使いください。スマートフォンが充電されない場合は、スマートフォンが充電されない問題の解決方法をご確認ください。 詳しくは、Google Pixel の充電方法についての記事をご覧ください。
Google Pixel 3、Google Pixel 4、Google Pixel 5、Google Pixel 6、Google Pixel 6 Pro、Google Pixel 7、Google Pixel 7 Pro、Google Pixel 7a は Qi ワイヤレス充電に対応しています。 Pixel Stand を使って Google Pixel をワイヤレス充電する方法をご覧ください。

バッテリー シェアを使用すると、Qi 認証済みのスマートフォンやアクセサリ(Google Pixel Buds、Google Pixel 5~7 Pro(Google Pixel 6a、7a を除く)など)をワイヤレス充電できます。スマートフォンの背面にアクセサリや他のスマートフォンを置くだけで充電が始まります。

Google Pixel のバッテリーは、使用方法、温度、経年などが原因で、時間の経過とともに性能が低下していくことがあります。一部の Google Pixel では、バッテリーが長持ちするよう、デバイスとバッテリーの温度を管理するために充電が自動的に調整されることがあります。このため、充電速度が遅くなる場合があります。

Google Pixel でのバッテリー シェアの仕組みをご覧ください。

バッテリー セーバーとスーパー バッテリー セーバーを使用する

バッテリーを長持ちさせるために、バッテリー セーバーが自動でオンになるよう設定できます。また、バッテリー セーバーはいつでも手動でオンにできます。デバイスのバッテリーをさらに長持ちさせたい場合は、スーパー バッテリー セーバーをオンにしてください。
詳しくは、バッテリー セーバーとスーパー バッテリー セーバーの使用方法についての記事をご覧ください。

「充電を一時的に制限しています」(Google Pixel 3 以降)

バッテリーの健全性を守り、長持ちさせるために、次のような特定の状況では、スマートフォンは自動的に充電を 70~80% までに制限します。

  • 高温の環境で数時間以上、充電し続けている場合
  • 数日間以上、充電し続けている場合

この機能がオンになっている場合、[バッテリーを保護する] という通知が届きます。設定アプリの [バッテリー] で [バッテリーを保護するために充電が最適化されます] というメッセージも表示されます。

ヒント: スマートフォンが上記の条件に該当しなくなった場合、この機能は自動的に無効になります。つまり、スマートフォンが 100% まで充電されるようになったときには、この機能はすでに無効となっています。

バッテリー保護機能を無視して、スマートフォンが 100% まで充電されるようにするには、設定アプリの [バッテリー] で [フル充電する] をタップするか、Google Pixel を再起動します。

ヒント: スマートフォンがまた前述のような状況になった場合、この機能は自動的に再び有効になります。

Google Pixel のバッテリーを長持ちさせる

電池を長持ちさせる

電池を長持ちさせ、スマートフォンを長く利用できるよう、電池の使い方に気をつけて消耗を抑えましょう。

電池を長持ちさせる方法

残量の少ない電池を長持ちさせる

スマートフォンをすぐ充電できないときに残量の少ない電池を長持ちさせるには、バッテリー セーバーをオンにします。電池の消耗を抑えるために、設定を一時的に変更することもできます。

残量の少ない電池を長持ちさせる方法

自動調整バッテリーと電池の最適化をオンにする

必要なときだけスマートフォンのバッテリーを使用するようアプリを設定するには、自動調整バッテリーとバッテリーの最適化をオンにしておきます。これらの設定はデフォルトでオンになっています。

バッテリーを最適化する方法をご確認ください

Google Pixel のバッテリーはユーザーの操作を常に学習し、最近のアプリの使用状況に基づいて自動的に最適化されます。新しいデバイスをセットアップした場合や出荷時の設定にリセットした後、最適化が完全に有効になるまでには数週間かかることがあります。最適な結果を得るには、自動調整バッテリーとバッテリーの最適化をオンにしておきます。

Google Pixel のバッテリーに関する問題を解決する

電池が消耗する問題を解決する
スマートフォンの電池寿命が短いと思われる場合は、ダウンロードしたアプリの消費電力が多すぎることが考えられます。電池残量を長持ちさせる設定に変更することもできます。
充電されない、または電源が入らない問題を解決する

Google Pixel で次のいずれかの問題が発生している場合:

  • 電源が入らない
  • 画面が黒または空白である
  • 電源が入ってもすぐに切れる

充電されない、または電源が入らない Google Pixel を修理する方法

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
16514637853006533886
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
1634144