「AdWords 基礎」理解度テストの学習ガイド

AdWords リニューアル版におけるキーワード プランナーについて

この記事は、AdWords リニューアル版をご利用の方を対象としています。ご使用の AdWords がリニューアル版と従来版のどちらであるかをご確認ください

一部の広告主様にご提供している AdWords リニューアル版において、キーワード プランナーをご利用いただけるようになりました。合理化された新しいデザインと強化されたこの機能を、検索ネットワーク キャンペーン向けのキーワード候補の検索に加え、キーワードに関するデータや予測の取得にご活用ください。

この記事では、AdWords リニューアル版のキーワード プランナーのメリットと、現在ご利用いただける機能を紹介します。

メリット

  • よりシンプルで直感的なランディング ページで、さらに効率的に作業を進められるようになりました。
  • キーワードに関する調査がさらに容易になっており、しかも性能面は従来と変わりありません。
  • 視覚化機能の強化により、効率よくインサイトが得られます。
  • 必要に応じて、従来版のキーワード プランナー簡単に切り替えることができます。

利用できる機能

以下は、AdWords リニューアル版で現在ご利用いただけるキーワード プランナーの主な機能です。新しい機能が利用可能となった際は、このページでお知らせいたします。

利用できる機能
キーワード候補
過去のデータ: 平均月間検索ボリューム、競合性、広告のインプレッション シェア、オーガニック検索のインプレッション シェア、オーガニック検索の平均掲載順位
キーワードの予測
グラフ: 検索ボリュームの傾向、プラットフォーム別の内訳、地域別の内訳
ターゲット設定: 地域、言語、検索ネットワーク
期間のカスタマイズ
キーワードのプランや候補、統計データのダウンロード
キーワードの入札単価の範囲(過去の指標)

 

以下は、AdWords リニューアル版のキーワード プランナーではまだご利用いただけない機能です。今後の追加にご期待ください。

まだご利用いただけない機能
広告グループとキーワードを含むプランの作成
アカウントでのプランの保存
入札単価予測の正規分布曲線

 

最新情報

指標: 入札単価の範囲

AdWords リニューアル版では、「推奨入札単価」の指標に替わって「ページ上部に表示された広告の入札単価(低い範囲)」と「ページ上部に表示された広告の入札単価(高い範囲)」が導入されました。

  • ページ上部に表示された広告の入札単価(低い範囲): 過去に対象のキーワードでページ上部に広告を表示した広告主様の単価実績の中で、低い範囲の入札単価(第 20 百分位数の近似値)が示されます。このデータは、お客様が指定した地域と検索ネットワークの設定に基づきます。
  • ページ上部に表示された広告の入札単価(高い範囲): 過去に対象のキーワードでページ上部に広告を表示した広告主様の単価実績の中で、高い範囲の入札単価(第 80 百分位数の近似値)が示されます。このデータは、お客様が指定した地域と検索ネットワークの設定に基づきます。

入札単価の範囲のデータは、[キーワード候補] ページと [過去の指標] ページに表示されます。このデータを基に、キャンペーンに追加するキーワードとその有効な入札単価を選ぶことができます。

推奨入札単価とは異なり、ページ上部に表示された広告の入札単価(低い範囲)とページ上部に表示された広告の入札単価(高い範囲)は、検索結果の最初のページの上部に広告を表示した入札単価に基づきます。

注: 検索結果の最初のページの上部に広告を表示するのは、入札単価、品質スコアなどの要因の組み合わせに基づいているため、入札単価を調整する際には、これらの指標をキーワードの品質スコアと関連付けて考慮することができます。キーワードの入札単価の範囲のデータは、過去 30 日間の入札単価情報に基づくため、過去の入札単価情報が限られている場合は表示されない場合があります。この新機能は引き続き改善される予定ですので、今後にご期待ください。

予測: プランの概要

新しい「プランの概要」ページでは、上位のキーワード、地域、端末別に、プランの予測がわかりやすいダッシュボードに表示されます。各予測のパラメータを変更することで詳細な分析情報を取得し、プランの成功に役立てることができます。

[プランの概要] ページの上部には、デフォルトの入札単価が表示されます。これを高くしたり低くしたりすることで、キーワードの掲載結果がどのように変化するかを確認することができます。デフォルトの入札単価は下記に基づいて算出されます。

  • 以前のプラン(ある場合)
  • お客様のアカウントの広告グループ(個別クリック単価使用)の上限クリック単価平均
  • または、同じ通貨を使用する広告グループ全体(個別単価設定使用)の上限クリック単価平均

新しいキーワードを検索する方法

  1. AdWords にログインします。
  2. 右上にあるツールアイコン をクリックして、[プランニング] で [キーワード プランナー] をクリックします。
  3. [新しいキーワードを見つける] 検索ボックスに次のいずれかを入力または貼り付けます。複数入力する場合は、Enter を押して改行で区切ります。
    • 宣伝する商品やサービスに関連する語句
    • ビジネスに関係するウェブページまたはウェブサイトの URL
  4. [開始する] をクリックして、新しいキーワード候補、過去のデータ(平均月間検索ボリュームや競合性など)を取得します。

[キーワード候補] ページでは、取得した結果で次のことができます。

  • キーワードをプランに追加
  • 地域、言語、またはネットワーク設定別にキーワードを表示
  • キーワード テキスト、平均月間検索ボリューム、低い範囲の平均入札単価、高い範囲の平均入札単価、競合性、オーガニック検索のインプレッション シェア、広告インプレッション シェア、またはアカウントにすでに登録されている除外キーワード別に結果をフィルタリング
  • 期間を変更してキーワード候補の検索ボリューム データをカスタマイズ
  • 検索ボリュームの傾向、プラットフォーム、地域別に視覚化
  • キーワード候補をダウンロード

キーワードの予測と過去のデータを取得する方法

  1. AdWords にログインします。
  2. 右上にあるツールアイコン をクリックして、[プランニング] で [キーワード プランナー] をクリックします。
  3. [使用しているキーワードに関する指標や予測データを確認する] 検索ボックスにキーワードのリストを入力または貼り付けます。各キーワードはカンマまたは改行で区切ってください。
  4. [開始する] をクリックして、予測を表示します。
  5. キーワードの過去のデータ(月間検索ボリュームや競合性など)を表示するには、ページ上部の [過去の指標] をクリックします。
     

[予測] ページでは、取得した結果で次のことができます。

  • デフォルトの入札単価に基づいて最新のキーワードの予測を取得
  • クリック数、費用、マッチタイプ、表示回数、クリック率、平均クリック単価別に結果を並べ替え
  • 期間別に予測をカスタマイズして、季節ごとのトラフィックを確認
  • 「プランの概要」に移動して、上位のキーワード、地域、デバイスの予測を表示
  • プラン予測をダウンロード
     

[過去の指標] ページでは、取得した結果で次のことができます。

  • キーワードの過去のデータを期間別にカスタマイズ
  • プランのキーワードの過去データをダウンロード
     

キーワードの予測データについて

クリック数: キーワードで表示された広告が 1 日あたりにクリックされる回数の推定値です。
費用: キーワードに対して、1 日にお支払いいただく可能性のある費用の平均です。
表示回数: 広告が 1 日に表示される回数の推定値です。表示回数は、広告が検索結果ページに表示されるたびにカウントされます。
クリック率(CTR): 広告の推定クリック数を推定表示回数で割って算出した割合です。
平均クリック単価(平均 CPC): 広告のクリック 1 回に対してお支払いいただく可能性のある金額です。1 回のクリックに対してお支払いいただく最終的な金額(実際のクリック単価)は自動的に調整されるため、掲載順位を獲得するために最低限必要なクリック単価に 1 円を加えた金額になります。このため、表示される金額は、すべてのキーワードを合計した予測費用や、広告グループで設定したクリック単価より低くなる場合があります。

過去の指標について

月間平均検索ボリューム: 指定したターゲット設定と期間で、キーワードとその類似パターンが検索された平均回数です。デフォルトでは、12 か月間の平均検索ボリュームが表示されます。
ページ上部に表示された広告の入札単価(低い範囲): 過去に対象のキーワードでページ上部に広告を表示した広告主様の単価実績の中で、低い範囲の入札単価(第 20 百分位数の近似値)が示されます。このデータは、お客様が指定した地域と検索ネットワークの設定に基づきます。
ページ上部に表示された広告の入札単価(高い範囲): 過去に対象のキーワードでページ上部に広告を表示した広告主様の単価実績の中で、高い範囲の入札単価(第 80 百分位数の近似値)が示されます。このデータは、お客様が指定した地域と検索ネットワークの設定に基づきます。
競合性: 個々のキーワードと Google で扱っているすべてのキーワードを比較し、入札している広告主の数を相対的に示す指標です。このデータは、指定した地域と検索ネットワークのターゲット設定に基づいて算出され、「低」、「中」、「高」で表示されます。
広告インプレッション シェア: 先月の広告の表示回数を、ターゲットとする地域とネットワークにおいてキーワードと完全一致した検索数で割った値です。なお、キーワード プランナーの [広告インプレッション シェア] は、管理画面の掲載結果表に表示されるインプレッション シェアや完全一致のインプレッション シェアとは異なります。この数値が、該当のキーワードで広告が表示される可能性があった推定回数に基づいているのに対し、キーワード プランナーのデータは、キーワードと完全に一致した検索ボリュームに基づいています。[広告インプレッション シェア] 列に「-」が表示されているのは、計算のためのデータが不十分であるという意味です。
オーガニック検索のインプレッション シェア: 特定のキーワード候補を使ったウェブ検索で、お客様のウェブサイトのページが表示された回数の割合を指します。つまり、「広告主様のウェブサイトのページが表示されたウェブ検索数」を「キーワード候補が検索された合計回数」で割った値です。オーガニック検索のインプレッション シェアを表示するには、Search Console アカウントを AdWords アカウントにリンクしてください。
オーガニック検索の平均掲載順位: 広告主様のウェブサイトと他のウェブサイトの掲載順位を比較した結果が表示されます。特定のキーワードのウェブ検索で、結果ページに表示されたお客様のページの掲載順位(複数のページが表示された場合は、その最高順位)の平均値です。

ご意見をお寄せください

AdWords リニューアル版へのご意見をお聞かせください。アカウント右上にあるヘルプアイコン 、[フィードバック] の順にクリックしてください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。