検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

AdWords 認定資格について

Google AdWords 認定資格は、AdWords に関する基礎知識や応用力、実務能力に優れた個人を Google が公式に認定するものです。この認定資格を提示することで、Google に認められたオンライン広告のエキスパートであることを証明できます。

この記事では、認定資格を取得することのメリット、認定資格の取得方法、認定資格のステータスを効果的にアピールする方法などを紹介します。

始める前に

AdWords 認定資格試験を受験し、認定資格を取得するには、Google Partners にログインしておく必要があります。始めるにあたって、Google Partners プログラムへのお申し込みをご確認ください。

メリット

Google Partners プログラム参加代理店であれば、どなたでも AdWords 認定資格を取得することができます。認定資格を取得するメリットは次のとおりです。

  • 専門性をアピールできる。 ご自身の名前が入った認定資格証明書(印刷可)や、合格した試験と取得した認定資格が表示される Google Partners プログラム公開プロフィール ページがあると、クライアントや見込み顧客に対して、オンライン広告掲載の専門知識があることのアピールになります。
  • 所属代理店が Google Partner バッジまたは Google Partner プレミアバッジを取得できるようサポートできます。 代理店がバッジを取得する要件の 1 つとして、AdWords 認定資格を持つ所属メンバーが 1 名以上在籍していることが挙げられます。Google Partner バッジの取得要件に関する詳細をご覧ください。

AdWords 認定資格の仕組み

Google Partners プログラムにお申し込みいただくと、AdWords 認定資格試験を無料で受験できるほか、試験対策の教材も無料でご利用いただけます。

要件

AdWords 認定資格を取得するには、AdWords 基礎認定資格試験に加え、検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告のいずれかの認定資格試験の 2 科目の試験に合格する必要があります。

受験可能な AdWords 認定資格試験

認定資格試験 説明
AdWords 基礎 出題範囲には、オンライン広告掲載や AdWords の利点をはじめ、キャンペーンの管理や最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と中級レベルの知識が試されます。
検索広告 出題範囲には、検索ネットワークで配信する検索広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。
ディスプレイ広告 出題範囲には、ディスプレイ キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、高度な知識が試されます。
モバイル広告 出題範囲には、広告のフォーマット、単価設定、ターゲティング、キャンペーンの測定や最適化などが含まれ、モバイル広告の基礎および高度な知識が試されます。
動画広告 出題範囲には、YouTube やウェブに配信する動画広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。
ショッピング広告 出題範囲には、Merchant Center アカウントと商品データフィードの作成、ショッピング キャンペーンの作成と管理などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。

メモ

  • Google ショッピング広告認定資格試験は、中国語(簡体)、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語(米国、英国)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語で受験できます。

認定資格ステータスの共有方法

認定資格を取得したら、個人認定証や Google Partners プログラムの公開プロフィール ページで、他のユーザーと共有することができます。それぞれの方法については、以下の各セクションをご覧ください。

個人認定証の利用方法

認定資格を取得すると、Google Partners アカウントの [プロフィール] ページから個人認定証を表示して印刷することができます。認定証を印刷する手順は次のとおりです。

認定証を印刷する手順
  1. Google Partners アカウントにログインします。
  2. [概要] セクションの [プロフィール] をクリックします。
  3. [認定資格と試験] までスクロールします。これまでに合格したすべての試験と取得した認定資格が有効期限とともに表示されます。
  4. 認定証を表示して印刷するには、認定資格名をクリックするか、認定資格をお持ちの試験のカードにある [印刷] ボタンをクリックします。

Google Partners 公開プロフィールの利用方法

公開プロフィールで認定資格が示されることで、ご自身の専門知識をアピールできます。このページは読み取り専用で、これまでに取得したすべての AdWords 認定資格試験とそのステータスが一覧表示されます。また、このページは「google.com」ドメインでホストされる一意の URL を備えているため、共有相手を選ぶことができます。

公開プロフィールの URL を取得して共有相手を選択するには、[プロフィール] ページの [公開プロフィール] セクションに移動します。デフォルトでは、プロフィールは自分以外には表示されません。

プロフィール ページに表示される項目

  • 名前: Google アカウントに使用している名前が表示されます。名前を変更する場合は、下記の名前の変更手順を記載したセクションをご覧ください。
  • 代理店名: Google Partners の個人プロフィールが代理店のプロフィールに関係付けられている場合は、代理店の名前が表示され、そのプロフィールにリンクします(代理店プロフィールが Google Partner 検索で公開されている場合)。
  • 写真: Google Partners プログラムのプロフィール ページには、自動的に Google+ のプロフィール写真が表示されます(Google+ のプロフィール写真は、常に一般に公開されています)。Google+ プロフィールに写真を使用していない場合は、Google Partners プログラムのプロフィール ページにも写真は表示されません。
  • Google+ プロフィール: Google Partners プログラムのプロフィール ページには、Google+ プロフィールへのリンクが自動的に表示されます。Google+ プロフィール セクションを公開する相手は、ご自身で選べます。詳しくは、Google+ プロフィール セクションを公開するユーザーを選択する方法をご覧ください。
  • 認定資格: 取得した Google Partners プログラム認定資格と合格した試験の一覧が表示されます。

ヒント

Google+ をまだご利用でない場合: ビジネス用のメールアドレスとリンクしている Google アカウントをお持ちでない場合は、Google アカウントを作成して Google+ を利用する方法をご確認ください。すでにお持ちの場合は、Google+ プロフィールに写真を追加する方法をご覧ください。

Google Partners 公開プロフィールを共有する方法

デフォルトでは、自分自身以外プロフィールを見ることはできません。あなたのプロフィール ページの URL を知っている他のユーザーにも表示されません。プロフィールを他のユーザーと共有するには、プロフィールを公開する必要があります。下記の手順でプロフィールの公開設定を変更することができます。

プロフィールの公開設定を変更する手順
  1. Google Partners アカウントにログインします。
  2. [概要] セクションの [プロフィール] をクリックします。
  3. プロフィール ページの [公開プロフィール] セクションで、[共有] メニューをクリックして [公開] を選択すると、プロフィールが他のユーザーに表示されるようになります。誰にもプロフィールを公開したくない場合は、メニューで [自分だけ] を選択します(デフォルトではこの設定が選択されています)。

[共有] メニューをクリックして別の設定を選択すると、プロフィールの公開設定をいつでも変更できます。

ヒント

Google Partners アカウントにログインしたまま公開プロフィールにアクセスすると、選択しているプロフィールの公開設定がページ上部に表示されます。

認定証や公開プロフィール ページ上の名前の変更方法

個人の認定証や公開プロフィール ページに記載されている名前が正しくない場合、Google Partners アカウントでその情報を更新する必要があります。更新するには、Google アカウントの情報を編集します。

Google アカウントの名前を変更する手順
  1. Google アカウントにログインします。
  2. [プロフィールを編集] をクリックすると、Google+ プロフィール ページが開きます。
  3. 自分の名前をクリックして編集します。姓または名を編集できる入力ボックスが表示されます。Google+ でプロフィールの名前を変更すると、そのアカウントで利用しているすべての Google サービスで使用する名前も変更されますのでご注意ください(たとえば、その Google アカウントに Gmail がリンクされている場合、Gmail で表示される名前も変更されます)。

Google アカウントの名前は 1 年間に 3 回まで変更することができます。

認定資格の有効期間

試験に合格した実績は、試験日から 12 か月間有効です。AdWords 認定資格を維持するには、(1)AdWords 基礎認定資格試験、(2)その他いずれかの広告認定資格試験に合格している必要があります(常に 2 つ以上の試験に合格している必要があります)。

たとえば、3 月に AdWords 基礎認定資格試験、5 月に検索広告認定資格試験を受験して合格した場合、認定資格を維持するには、翌年の 3 月までに AdWords 基礎認定資格試験、5 月までに検索広告認定資格試験を再受験して合格する必要があります。

認定資格を他のユーザーにアピールするためのガイドライン

AdWords 認定資格は、オンライン広告の公認プロフェッショナルであることを証明するものです。以下で、現在の顧客や見込み顧客にアピールする方法をご紹介します。

  • AdWords 認定資格は、オンライン広告の公認プロフェッショナルであることを証明するものです。
  • Google Partners プログラムが運営する AdWords 基礎認定資格試験に加え、検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告のいずれかの認定資格試験に合格すると、認定資格が取得できます。

認定資格ステータスについて他者に伝える際の例をいくつかご紹介します。

「Google から AdWords 公認プロフェッショナルの認定を受けており、数々の試験に合格し AdWords についての豊富な知識があることが公認されています。Google AdWords を利用して、オンライン ビジネス拡大のお手伝いができます。」

認定資格をアピールするときは、以下の点にご留意ください。

  • 実際に自分が認定資格試験に合格した場合のみ、認定資格を取得していることを公言するようにしてください。同じ代理店の同僚が認定されたりバッジを取得しても、それはあくまでもその個人の認定資格です。
  • 認定資格を取得していると公言できるのは、認定資格の有効期限内のみです。有効期限が切れた後は、再度試験に合格するまでは、認定資格を所持していると言うことはできません。
  • 履歴書や名刺、また LinkedIn などのソーシャル メディアのプロフィールに、この認定資格について記載しても構いません。Google Partners プログラムで使用されているロゴは、使用ガイドラインに定められている範囲内でのみ使用できます。

認定資格に関するよくある質問

AdWords 認定資格と Google Partner バッジの違い

  • AdWords 認定資格で認定されるのは個人です。 Google Partners プログラム参加代理店の所属メンバーであればどなたでも AdWords 認定資格を取得できます。公認プロフェッショナルとして、カスタマイズされた Google 発行の認定証を表示して、このステータスをアピールすることができます。
  • バッジを取得し、専門分野認定を受けるのは代理店です。 Google Partner ステータスの要件を満たしている代理店は Google Partner バッジまたは Google Partner プレミアバッジを取得して、「Google Partner」であることを宣伝できます。Google Partners プログラムに参加しただけでは Google Partner になることはできませんのでご注意ください。
    • 代理店専門分野認定は、代理店が以下の要件を満たしていることを示すものです。
      • Google Partner バッジまたは Google Partner プレミアバッジを取得している
      • AdWords サービスについての認定資格を持つ所属メンバーが 1 人以上いる
      • 次のサービスにおける良好なサービス提供実績と、その分野の専門知識がある
        • 検索広告
        • モバイル広告
        • 動画広告
        • ディスプレイ広告
        • ショッピング広告
      • 認定資格を得ているサービス分野での過去 90 日間の AdWords 費用が 10,000 米ドル以上である
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。