スクリーンセーバーを設定する

Android 搭載のスマートフォンやタブレットの充電中やホルダー装着時に画像、カラフルな背景、時計などを表示するスクリーンセーバーを設定できます。

注: この手順の一部は、Android 8.0 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

スクリーンセーバーをオフにする

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を起動します。
  2. [ディスプレイ] 次の操作 [詳細設定] 次の操作 [スクリーンセーバー] をタップします。
  3. [起動するタイミング] 次の操作 [設定しない] をタップします([起動するタイミング] が表示されない場合は、[スクリーンセーバー] をオフにします)。

スクリーンセーバーを設定する

手順 1: スクリーンセーバーで表示する画像を選択する

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を起動します。
  2. [ディスプレイ] 次の操作 [詳細設定] 次の操作 [現在のスクリーン セーバー] をタップします。
  3. 次のいずれかのオプションをタップします。
    • 時計: デジタル時計またはアナログ時計を表示します。時計を選択したり、画面の輝度を下げたりするには、[時計] の横にある設定アイコン 設定 をタップします。
    • カラー: 画面上にさまざまなカラーを表示します。
    • フォト: フォトアプリの写真を表示します。参照元を選択したり、選択を変更したりするには、[写真] の横にある設定アイコン 設定 をタップします。
    • その他のアプリ: スクリーンセーバーと連動するアプリをダウンロードしている場合は、そのアプリもリストに表示されます。

手順 2: スクリーンセーバーを起動するタイミングを選択する

スマートフォンやタブレットの充電中、ホルダー装着時、またはそのいずれかの場合に、スクリーンセーバーを使用できます。ホルダー装着時とは、スマートフォン アクセサリの一種であるホルダーに接続された状態のことです。

  1. スクリーンセーバーの設定画面で、[起動するタイミング] をタップします([起動するタイミング] が表示されない場合は、その他アイコン その他 次の操作 [起動するタイミング] をタップします)。
  2. [ホルダー装着時]、[充電時] または [充電中またはホルダー装着中] をタップします。

手順 3: スクリーンセーバーをテストする

スクリーンセーバーがどのように表示されるかを確認するには、[今すぐ起動] をタップします([今すぐ起動] が表示されない場合は、その他アイコン その他 次の操作 [今すぐ起動] をタップします)。

スリープモードにしてスクリーンセーバーを起動する

スクリーンセーバーの設定後、端末がスリープモードになるとスクリーンセーバーが起動します。端末がスリープモードになるまでの時間を変更する方法は次のとおりです。

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を起動します。
  2. [ディスプレイ] 次の操作 [詳細設定] 次の操作 [スリープ] をタップします。
  3. オプションを 1 つ選択します。

重要: 電源ボタンを押して端末の電源を切ると、スクリーンセーバーは起動しません。画面を表示したままにすると端末が自動的にスリープモードになります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。