min_handling_time [最短発送準備時間]、max_handling_time [最長発送準備時間]

min_handling_time [最短発送準備時間] と max_handling_time [最長発送準備時間] を使用すると、商品が配送先に到着するまでの正確な時間をユーザーに知らせることができます。最長発送準備時間と最短発送準備時間は、注文を受けてから発送するまでの最長時間と最短時間です。

活用例

Shopping Actions の場合は必須

Shipping Actions の場合、Merchant Center で発送準備時間を含める必要があります。商品アイテム単位で発送準備時間を使用すると、Merchant Center で設定されている発送準備時間よりも、ここで定義した min_handling_time [最短発送準備時間] 属性と max_handling_time [最長発送準備時間] 属性のほうが優先されます。

ショッピング広告の場合は省略可能

対象国が米国で、広告に配送予定日の範囲を表示したい場合は、min_handling_time [最短発送準備時間] 属性と max_handling_time [最長発送準備時間] 属性を組み合わせてこの情報を登録します。

広告に配送予定日が表示されない国に対して min_handling_time [最短発送準備時間] 属性または max_handling_time [最長発送準備時間] 属性を使用した場合、米国以外の国での配送予定日のサポートが有効になったときに配送予定日が表示されるようになります。

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。

数値(正の整数)
繰り返しフィールド 不可
Schema.org のプロパティ
説明

Offer.deliveryLeadTime.minValue

Offer.deliveryLeadTime.maxValue

Type: QuantitativeValue

ファイル形式 入力例
テキスト フィード 1
XML フィード

<g:min_handling_time>1</g:min_handling_time>


形式の API については、Content API for Shopping をご覧ください。

 

ファイル形式 入力例
テキスト フィード 3
XML フィード

<g:max_handling_time>3</g:max_handling_time>


形式の API については、Content API for Shopping をご覧ください。

ガイドライン

高品質な商品データを登録して広告の効果を最大限に高めるため、以下のガイドラインに沿って設定してください。

最小要件

商品の広告を表示するには、次の要件を満たしている必要があります。これらの要件を満たしていない場合は商品が不承認となり、お客様の Merchant Center アカウントの [診断] ページに通知が表示されます。

  • 営業日を使用し、週末は含めないでください。たとえば、火曜日に注文を受け、金曜日までに倉庫から発送する場合、最長発送準備時間は 3 日間となります。金曜日に注文を受け、月曜日までに倉庫から発送する場合、最長発送準備時間は 1 日間となります。

おすすめの設定

ここでは、商品データの基本的な要件を満たしたうえで、さらに効果を上げるための最適化方法を紹介します。

  • 注文を受けた日と同日に、常に商品の発送を準備できる場合は 0 を登録します。
  • 注文を受けた日と同日に商品の発送を準備できない場合があるときは、1 以上の数値を登録します。たとえば、営業時間外の注文を受けている場合は、0 より大きい数値を入力してください。
  • 特定の数値ではなく範囲を指定したい場合は、min_handling_time [最短発送準備時間] 属性と max_handling_time [最長発送準備時間] 属性を組み合わせて使用できます。範囲を指定したくない場合は、min_handling_time [最短発送準備時間] 属性を使用する必要はありません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。