在庫確認について

Google の在庫確認プログラムは、ローカル店舗の商品情報をチェックし、販売者がデータフィードを使用して登録した情報と一致しているかどうか確認します。在庫確認のリクエスト方法については、こちらをご覧ください

ローカル在庫広告に正確な情報が表示されるようにするため、Google では在庫確認プログラムを実施しています。Google はこのプログラムを実施して、実店舗の商品情報をチェックし、販売者がデータフィードを使用して登録した情報と一致しているかどうか確認します。

在庫確認方法

Google は、販売者から送信されたフィード内の在庫の正確性を確認するにあたり、販売者の品揃え、店舗数、地域の在庫状況を考慮して、次の中からいずれか 1 つの方法を選択します。すべての検証リストは、類似した因子をベースとするアルゴリズムを使用して生成されます。

現地での確認

Google 担当者が Merchant Center アカウントの設定で指定されている在庫確認のご担当者様に連絡し、数店舗への訪問スケジュールを調整します。在庫の確認は、店舗への影響が最小限になるように行われます。通常、販売のピークとなる期間や時間帯に訪問することはありません。

最初の訪問時には、Google の担当者が 1~3 名で伺います。

  1. 店舗に到着し次第、店舗の管理者の方にご挨拶して作業内容を説明します。
  2. 1 日の訪問中、商品のリストに関する情報を収集します。
  3. 在庫の確認作業を終日行います。確認作業に立ち合っていただく必要はありません。
  4. 在庫がなかった商品アイテムについて店舗管理者に確認します。

Google の担当者が商品の写真を撮影したり、棚から商品を動かしたり、通常の店舗営業を邪魔したりすることはありません。一般的に、商品の価格と在庫状況の確認のためと販売者側から提案されない限り、Google の担当者が事務室や商品倉庫に入る必要はありません。

現地での確認に関するよくある質問

担当者が倉庫内に立ち入る必要はありますか?

店舗のレイアウトによって異なります。担当者は、在庫品としてフィードに含まれている商品アイテムについて、在庫があること、同じ価格で販売されていることを確認します。商品アイテムが倉庫にしかない場合、担当者は店舗管理者に支援を要請することがあります。

評価担当者が店舗にいる時間はどれくらいですか?
Google から業務を委託されている作業員の店舗滞在時間は通例 6〜8 時間となっています。作業の目的は、売り場にある商品アイテムを時間内にできるだけ多く確認することです。店舗によってレイアウトや広さは異なります。店舗によっては、担当者が分析に必要なデータを集めるために 8 時間かかる場合もあれば、6 時間以内で済むこともあります。

店舗を訪問する評価担当者は何人ですか?
店舗の品揃えに応じて、現場で確認作業を行うのは 1~3 人です。

評価時間は一定の時間に短縮できますか?
時間制限のリクエストは可能です。ただし、すべての在庫確認を完了するには最低でも 4 時間が必要です。確認の時間が 4 時間未満では、確実な評価のために十分なデータサンプルを得られない可能性があるためです。

電話による確認

Google は販売者と相談のうえ、店舗の担当者に都合がいい時間帯に、電話による確認作業のスケジュールを設定します。電話による確認作業は通常、1 店舗につき 1.5 時間ほどかかります。従来の現地での確認プロセスと同様に、Google の担当者は商品アイテムのリストについて質問し、データフィードで提出されたデータと商品、価格、在庫情報が一致しているかどうかを確認します。

自己確認

販売者のアカウントに、在庫確認の準備が整ったことを確認するメールをお送りします。メールが届きましたら、店舗担当者の連絡先情報と、在庫確認を実施できる時間帯をお知らせください。合意された日付に、店舗の担当者宛に調査フォームと、店舗のデータフィードからランダムに選択した商品の一覧をメールでお送りします。店舗の担当者の方が、これらの商品情報と店舗の実際の在庫が一致しているかを確認してください。いくつかの商品の写真を撮っていただくこともあります。写真には商品ラベルと表示価格もしくは価格タグがはっきり写っている必要があります。

この作業をすべて終えるのに、店舗あたり約 4 時間かかります。

定期的な在庫の確認

販売者のローカル在庫広告の掲載が開始されると、Google は電話または実店舗への訪問によって定期的な在庫の確認を行います。これにより、商品、価格、在庫状況の情報の正確性が維持されていることが確認されます。

電話による確認

電話での確認の際は、Google の担当者が身分を明かさずに数店舗に電話をかけ、2~3 種類の商品アイテムについて在庫状況と価格をお尋ねします。担当者は、通話時間ができるだけ短くなるよう努めています。買い物客が特に増える年末年始などの時期や、販売がピークとなる時間帯や曜日に電話での確認を行うことはありません。

現地での確認

定期的な現地での確認も、導入時の在庫確認プロセスと同じように行われます。
今後、販売者ご自身で在庫確認を行うことを依頼する可能性があります。その場合は、手順についてご連絡いたします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。