初心者向けガイド

サポートされているファイル形式

現在のところ、Google では以下の形式のデータフィードをサポートしています。

テキスト(スプレッドシート)またはタブ区切り

この形式では、まず最初の行(見出し行)に属性名をタブ区切りで入力します。その後 2 行目から、各属性名の下に対応する値を入力します。Microsoft Excel や Google スプレッドシートのようなスプレッドシート プログラムを使ってこれを作成し、タブ区切りファイルとして保存することをおすすめします。Google スプレッドシートを使用している場合は、ファイルをダウンロードし、それを .txt ファイルとしてアップロードできるほか、スプレッドシートを直接 Merchant Center にアップロードすることもできます。

注: 現時点では、Excel ファイル形式(.xls)やカンマ区切り値(.cvs)ファイル形式のフィードをアップロードすることはできません。アップロードする前に、テキスト形式にファイルを変換してください。

タブ区切りのデータフィードの作成手順もご覧ください。

タブ区切り(.txt)をクリックして、ファイルの例をご覧ください。

利点:

  • スプレッドシート プログラムがある場合は、作成と編集が簡単
  • 複数の商品アイテムを同時に表示しやすい

欠点:

  • 形式の設定を間違えやすい

必須属性の一部を使用した例を以下に示します。

 
id [ID] title [商品名] description [商品説明] price [価格] condition [状態] link [商品リンク]
123-uk クマのぬいぐるみ(黄) ふわふわで抱き心地のいいテディベア 1200 new [新品] http://www.example.com
XML

Google では、RSS 2.0Atom 1.0 の拡張バージョンをサポートしています。これらのファイルは、メモ帳や SimpleText などのテキスト エディタで作成や編集ができます。HTML と同様、XML でもタグを使用してコンテンツのブロックを定義します。商品アイテムに関する情報はこれらのタグで囲まれます。タグは不等号記号(< >)で示されます。

利点:

  • サイトによっては既にコンテンツの XML ファイルが生成されている場合がある
  • 1 つの属性に対して複数の値を簡単に指定できる

欠点:

  • 高度な技術的知識が必要になることがある
  • 一度に多数のアイテムを確認するのが難しい

サンプル ファイルをダウンロードするには、目的の XML 形式をクリックしてください(RSS 2.0 または Atom 1)。

データフィードを作成するときは、次のいずれかのファイル名拡張子を使用して適切なファイル形式で保存してください。

  • .gz: Gnu zip、圧縮済みテキスト(おすすめ)または XML
  • .txt: TSV
  • .xml: XML(ローカル商品在庫フィードではサポートされていません)
  • .zip: Zip、圧縮済み TSV または XML
  • .bz2: Bzip2、圧縮済み TSV または XML
     

データフィードのスケジュールを設定する場合、フィード URL がフィード ファイルを直接指すように指定してください。フィード ファイルではなくウェブサイトを指す URL を指定すると、商品アイテムの情報が HTML 形式で取得され、フィードの処理が失敗します。URL は http://、https://、ftp://、または sftp:// のいずれかで始まる必要があります。ファイルにアクセスするためにユーザー名とパスワードが必要な場合は、適切なログイン情報を入力して、Google がファイルにアクセスできるようにしてください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。