通知

このヘルプセンターでは、Merchant Center Next と従来の Merchant Center の両方に関するコンテンツをご覧いただけます。参照している記事がご利用の Merchant Center バージョンのものであるかどうかは、各記事の上部にあるロゴで確認してください。

送料無料の基準額 [free_shipping_threshold]

送料無料の基準額とは、送料が無料になる最低注文額のことです。たとえば、「100 米ドル以上の注文で送料無料」などのようにすることができます。この場合、100 米ドル未満の注文では、標準の送料 [shipping] が適用されます。

この記事の内容


使用場面

This icon represents whether the sourced content is dependent where the product attribute is used 場合による

送料 [shipping] 属性を使用して商品単位の送料情報を表示する場合は、送料無料の基準額 [free_shipping_threshold] 属性を使用して、送料が無料になる注文額を指定します。

: 商品が送料無料の条件を満たしている場合、広告に「送料無料」と表示されます。

サブ属性

送料無料の基準額 [free_shipping_threshold] 属性では、サブ属性を使用して送料無料の国と条件を定義します。

次のようなさまざまなサブ属性があります。

  • [country](必須)
    商品の配送先に指定できる国。ISO 3166-1 国コード(CH など)を登録します。
  • 価格の基準額 [price_threshold](必須)
    送料が無料になる価格を指定します。固定の注文額を登録します。小数点記号にはピリオド(.)を使用します(例: 100.00 USD)。価格が正しく解釈されるようにするため、カンマ(,)は使用しないでください。

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。属性と属性値を登録する方法をご覧ください。

数字と通貨(ISO 4217 を適用)
繰り返しフィールド 商品ごとに送料無料の基準額 [free_shipping_threshold] 属性を 25 個まで登録できます
ファイル形式 入力例
テキスト(TSV)

ヘッダーで送料無料の基準額を指定します。国と価格の基準額はコロン(:)で区切って指定します。

使用しているサブ属性に名前を付ける場合は、任意の順序で指定できます。ただし、サブ属性値を指定しても、そのサブ属性の名前を付けなかった場合、属性値にはサブ属性が次の順序で含まれるものとします。

  1. [country]
  2. 価格の基準額 [price_threshold]

名前 free_shipping_threshold (country:postal_code)
値の例 US:100 USD

複数の異なる配送地域向けの送料無料の基準額を登録するには、送料無料の基準額 [free_shipping_threshold] 属性を複数回登録します。

名前 free_shipping_threshold
値の例 US:100 USD

名前 free_shipping_threshold
値の例 CA:90 CAD

XML(フィード)

複数の異なる配送地域向けの送料無料の基準額を登録するには、送料無料の基準額 [free_shipping_threshold] 属性を複数回登録します(それぞれのサブ属性を含めます)。

<g:free_shipping_threshold>
<g:country>US</g:country>
<g:price_threshold>100 USD</g:price_threshold>
</g:free_shipping_threshold>
<g:free_shipping_threshold>
<g:country>CA</g:country>
<g:price_threshold>150 CAD</g:price_threshold>
</g:free_shipping_threshold>

Content API 用にデータをフォーマットするには、Content API for Shopping に関するリソースをご覧ください。


おすすめの方法

  • 対象国の通貨で表現できる注文額を登録します(ISO 4217 に準拠)。たとえば、1.0012 USD ではなく 1.01 USD と登録します。対象国の通貨で価格を表現できない場合は、表現できる値への丸め処理が行われます。
  • 送料無料の基準額の通貨は、商品価格の通貨と同じにする必要があります。
  • 配送先の国ごとに異なる送料無料の値を登録します。
  • 矛盾する情報を登録しないでください。たとえば、同じ国に対して 2 つの異なる送料無料の基準額の設定を登録しないでください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー