通知

このヘルプセンターでは、Merchant Center Next と従来の Merchant Center の両方に関するコンテンツをご覧いただけます。参照している記事がご利用の Merchant Center バージョンのものであるかどうかは、各記事の上部にあるロゴで確認してください。

オンライン商品リスティングの当日配達について

従来の Merchant Center の記事ヘッダーのカスタム アイコン。

販売者は、この機能を使用して当日配達のバッジおよびアノテーションの対象となるオンライン商品を示すことができます。対象となる無料リスティングにオンライン商品が表示され、Google 全体で当日配達が可能であることが示されます。

Google に配送情報を送信する方法をご覧ください。


このページの内容


はじめに

  • 当日配達に対応している商品を特定します。
  • 対象店舗の受付終了時間を確認します。複数のタイムゾーンに対応するために、当日配達サービスを複数設定しなければならない場合があります。タイムゾーンは、ユーザーの現在地ではなく、貴社で指定した Merchant Center の設定に基づきます。
  • 配送料を含む料金体系を決定します。現在、追加料金はサポートされていないため、すべての料金を合計して 1 つの配送料として Google に渡すことがベスト プラクティスです(範囲ベースの送料はサポートされています)。
  • 店舗ごとに配送範囲を設定します。配送範囲がそれぞれ異なる場合は、別の当日配達サービスを設定するか、広すぎない配送範囲を選択します。

利用条件

以下の条件を満たしている場合、米国内のリスティングで当日配達のアノテーションとバッジを有効にすることができます。

  • 貴社のビジネスで、対象商品について当日配達フルフィルメント サービスを実施している必要があります。また、Merchant Center に送信する当日配達の設定が、貴社のウェブサイトの設定と一致している必要があります。
  • 当日配達の送料が、貴社のウェブサイトに記載されている送料と一致している必要があります。
  • 貴社のリスティングが、米国内で入手可能なものである必要があります。

手順

オンライン商品リスティングの当日配達を設定する

オンライン商品リスティングの当日配達は、標準配送サービスを使用して設定できますが、発送準備時間とお届け日数の一部を変更する必要があります。また、同じ「標準配送」の当日配達サービスで、お届け日数を使用して当日配達対象地域を含め、それ以外の配送地域を除外することもできます。

新しい配送サービスを作成する

  1. Merchant Center アカウントで、ツールと設定のアイコン Merchant Center Settings [icon] をクリックします。
  2. [ツール] で [送料と返品] を選択します。
  3. [配送サービスを追加] をクリックします。
  4. [オンライン商品の配送] を選択します。

サービス範囲

[サービス範囲] ページで、配送サービスの名前を指定したら、国として [米国]、通貨として [米ドル] を選択します。

: この機能は現在、米国でのみご利用いただけます。

お届け日数

  1. [お届け日数の範囲を設定する] を手動で選択します。
  2. 当日配達の受付終了時間を選択します。これは、当日配達の対象となる注文の受付可能な最終時間を、時間数または特定の時間で指定します。
    • さらに、この時間を計算するタイムゾーン(ユーザーの現在地ではなく、Merchant Center の設定に基づく)を選択します。
  3. [注文の発送準備時間] は、注文処理に必要な最短日数を 0、最長日数を 0 と入力します。
  4. [お届け日数] は、注文の配送に必要な最短日数を 0、最長日数を 0 と入力します。
: 配送地域によってお届け日数が異なる場合は、[その他のお届け日数] を選択し、これらの設定を適用する特定の配送地域を追加します。詳しくは、地域別の価格と在庫状況をご覧ください。

送料

  1. [送料] ページで、当日配達サービスで購入者に請求する送料を選択します。以下の選択肢があります。
    • 一定額を超えると送料無料。
    • すべての注文が送料無料。
    • 注文の合計金額に基づく、範囲ベースの料金。
    • すべての注文で定額の料金。
    • 詳細設定では、配送地域(対象となる郵便番号 / 都道府県)、商品の重量、商品の数量、注文価格に応じた送料を指定できます。
  2. [保存] をクリックします。

商品の一部のみが当日配達可能である場合は、送料ラベルを使用して該当する商品にタグを付け、送料表を作成する際に詳細設定で送料ラベルの名前を指定します。

: [配送の概要] ページでは、[通常便] フローで作成された当日配達サービスのお届け日数が [当日配達] と表示されます。

確認

優れたカスタマー エクスペリエンスを実現するために、配送設定を検証することが重要です。Google は、販売者によって追加された当日配達サービスを審査して、詳細が貴社のサイトに記載されている内容と一致しているかどうか確認します。貴社のウェブサイトと購入手続きのフローの両方で、当日配達が宣伝、言及されている必要があります。

Google が設定を確認するまでに最大で 72 時間かかります。当日配達の配送設定に問題がある場合は、Merchant Center アカウントの管理者宛てに、問題の解決方法が記載されたメールが送信されます。

: アノテーションがいつ、どのように表示されるかは、確認ステータスに関係なく、さまざまな要因によって左右されます。

よくある質問

ユーザーのタイムゾーンに基づいて当日配達を設定するにはどうすればよいですか?

対象となるタイムゾーンごとに別々の配送サービスを設定する必要があります。

追加のサービス料金を反映するにはどうすればよいですか?

現在、追加料金は区別されていないため、送料の合計に含まれている必要があります。

特定の都道府県 / 郵便番号の範囲にのみ当日配達が利用可能であることを反映させるにはどうすればよいですか?

お届け日数で、対象となる特定の都道府県 / 郵便番号の範囲を指定します。[送料] ページに移動したら、[詳細設定] をクリックして送料表を作成します。特定の都道府県 / 郵便番号の範囲を指定し、その範囲の価格を設定します。項目をもう 1 つ追加し、送料の値を [送料なし] に設定することで、ほかの都道府県 / 郵便番号を除外します。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー