ユーザー補助用の Google Meet タッチスクリーンを使用する

Google Meet ハードウェアではタッチスクリーン コントローラを使用できます。

音声フィードバック機能を使用する

音声フィードバックは、表示中の画面のテキストを読み上げる機能です。上昇音はスクリーン リーダーがオンになったことを示し、下降音はスクリーン リーダーがオフになったことを示します。タッチスクリーンの設定から音声フィードバックのオン、オフを切り替えることもできます。詳しくは、Meet のタッチスクリーンを使用するをご覧ください。

音声フィードバックのオン、オフを切り替える方法は次のとおりです。

  1. 「ChromeVox 音声フィードバックをご利用いただけます」と音声が流れるまで、画面上の任意の部分を 2 本の指で長押しします。
  2. 音声フィードバックをオフにするには、画面上の任意の部分を 2 本の指で長押しします。

音声フィードバックがオンになっているときは、画面の右側を上下にドラッグすると音量を調整できます。

注: 入力源は 1 つだけにしてください。タッチスクリーンを使用しているときに物理キーボードを使用すると、音声フィードバックを再起動しなければならない場合があります。

「OK Google」の音声操作を使用する

詳しくは、「OK Google」の音声操作の使用についての記事をご覧ください。

字幕を有効または無効にする

タッチスクリーンを使用して、自動字幕起こしを有効または無効にできます。この機能を使用すると、ビデオ会議中のモニターに会話のテキストが表示されます。録画された会議には表示されません。詳しくは、Meet ハードウェア ビデオ会議での字幕の使用についての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。