Chromebox for meetings でデュアル ディスプレイを使用する

モニターがどんなに大きくても、会議の参加者が多くなると画面が窮屈に感じられることがあります。そのような場合は Chromebox for meetings に 2 台目のモニターを接続して、全員の顔とドキュメントがはっきり見えるようにすることができます。

2 つ目の画面を追加する

2 つ目の画面を追加するには、2 台目のディスプレイを Chromebox for meetings のディスプレイ ポートに接続するだけです。接続したモニターは Chromebox for meetings 端末で自動的に認識され、予備のディスプレイとして追加されます。

ビデオハングアウト中、画面には次の内容が表示されます。

  • メインの画面には、背景画像、会議の詳細、参加者の「フィルムストリップ」(サムネイル)が表示されます。ここには現在の発言者も表示されますが、1 人の参加者だけを常に固定表示することもできます。
  • 予備の画面には、現在の室内の映像が表示されます。1 人の参加者をメインの画面に固定表示している場合は、プレゼンテーションを行っている人物や現在の発言者の映像に切り替わります。
デュアル ディスプレイを使用する
現在のところ、デュアル ディスプレイは Chromebase for meetings ではサポートされていません。

詳細は次のとおりです。

会議の開始時

特別な設定は不要です。リモコンを使用して、メインのモニターで会議に参加します。

  • メインの画面には、会議の詳細、参加者の「フィルムストリップ」、現在の発言者が表示されます。
  • 予備の画面には、現在の室内の映像が表示されます。

リモコンの使用

リモコンでは、メインの画面を通常どおりに操作できます。予備の画面は操作できません。

プレゼンテーション中

メインの画面に現在の発言者が表示され、予備の画面にはプレゼンテーション中のドキュメントが表示されます。

メインの画面に 1 人の参加者を「固定表示」する

リモコンを使って 1 人の参加者を選択し、メインの画面に固定表示することができます。こうすると、他の参加者が発言したりプレゼンテーションを行ったりしているときでも、メインの画面には固定表示された参加者の映像が常に表示されます。

この場合、予備の画面には現在の発言者かプレゼンテーション中のドキュメントが表示されます。

会議の参加者が 1 名のみの場合は、その参加者が両方の画面に固定表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。