Google Meet ハードウェアの要件

会議室に Google Meet ハードウェアを導入してビデオ会議を行えるようにするにあたり、以下の要件を満たしていることをご確認ください。詳しくは、会議室の設計ガイドをご覧ください。

ハードウェアの要件

ディスプレイ

ディスプレイをテーブルに設置して壁にもたせ掛けるか、壁に取り付けます。壁に取り付ける場合は、壁にドリルで穴を開けてケーブルを収納する必要が生じることがあります。ビデオ会議システムをすでに導入している会議室では、既存の設備を Chromebox システム用に再利用できる場合があります。

  • デバイスは、LCD、LED、プラズマ、プロジェクター タイプのモニターやテレビに接続できます。
  • HDMI 入力、DVI 入力、DisplayPort 入力のいずれかを利用できるディスプレイが必要です。
  • 解像度は 1280 x 720 ピクセル以上必要です。最適な画質で動画を表示するには、1920 x 1080 ピクセルの解像度をおすすめします。
コネクタと付属品

設置方法に応じて、次のものが必要です。

  • 壁に取り付ける場合のケーブルカバー(必要に応じて別途購入)
  • 有線ネットワーク接続用 CAT 5 イーサネット ケーブル(同梱)
  • 壁に取り付ける場合の Chromebox 壁面取り付け用金具(同梱)
  • カメラ用 USB 延長ケーブル(5 フィートのケーブル 1 本同梱)
  • マイク付きスピーカー用 USB 延長ケーブル(3 フィートのケーブル 1 本同梱)

ヒント: 追加の USB 延長ケーブルが必要になる場合があります。カメラ用とマイク付きスピーカー用の延長ケーブルは、それぞれ異なるものを購入する必要があります。詳しくは、Google Meet ハードウェア キット向けに認定済みの周辺機器をご覧ください。

ネットワークの要件

一般的なネットワークの要件
  • Chromebox for meetings デバイスは、有線ネットワークと Wi-Fi ネットワークで利用できます。最適な音質と画質を得るには、有線ネットワーク接続の利用をおすすめします。
  • 組織で求められる画質とビデオ会議の参加者数に対して、十分な帯域幅が確保されていることを確認します。
  • ネットワークのハードウェアを設置したら、ネットワークを準備するを読んでネットワークソフトウェアを最適化します。
  • DHCP サーバーを使用することが推奨されますが、必須ではありません。静的 IP を設定するには、Chrome OS モードに切り替えて静的 IP を使用するようにネットワークを設定してから、CFM モードでデバイスを再起動します。
  • ファイアウォールを無効にします。
  • ネットワークを設定する際は、Chromebox ユニットを「ユーザー」とみなします。

詳しくは、Chrome デバイス向けの企業ネットワークの準備をご覧ください。

最小限必要な帯域幅

Chromebox は帯域幅が 300 Kbps 程度でも動作しますが、画質や音質が低下することがあります。高画質(HD)や標準画質(SD)の動画をご利用いただくには、以下の要件よりも狭い帯域幅で Chromebox ユニットを利用することはおすすめしません。

HD 動画の帯域幅の要件

  • Google が一般公開している DNS サーバー(8.8.8.8)への ping コマンドのレイテンシは 50 ミリ秒未満である必要があります。
  • 参加者からの送信信号は、状況を問わず必ず 3.2 mbps の帯域幅要件を満たしている必要があります。
  • 受信信号の帯域幅は、参加者数によって異なります。
    • 参加者 2 人の場合: 2.6 mbps
    • 参加者 5 人の場合: 3.2 mbps
    • 参加者 10 人の場合: 4.0 mbps

SD 動画の帯域幅の要件

  • Google が一般公開している DNS サーバー(8.8.8.8)への ping コマンドのレイテンシは 100 ミリ秒未満である必要があります。
  • 参加者からの送信信号は、状況を問わず必ず 1 mbps の帯域幅要件を満たしている必要があります。
  • 受信信号の帯域幅は、参加者数によって異なります。
    • 参加者 2 人の場合: 1 mbps
    • 参加者 5 人の場合: 1.5 mbps
    • 参加者 10 人の場合: 2 mbps
サポートされるポート、プロキシ、ネットワークの設定

ドメインに登録したデバイスのネットワーク設定(プロキシ設定など)を管理するには、Google 管理コンソールを使用します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側にある [ネットワーク] をクリックします。
  4. Wi-Fi 設定かイーサネット設定を追加し、[プロキシ設定] で [インターネットへの直接接続]、[手動プロキシ接続]、[自動プロキシ設定] のいずれかを指定します。

Chrome デバイス用のネットワークについて詳しくは、ネットワークの管理に関する記事をご覧ください。

次の項目はサポートされていません

  • 802.1x 証明書
  • SSL MiTM パケット インスペクション

サポートされているポートは、Google Meet 用にネットワークを最適化する場合に必要なポートと同じです。

サービスの要件

会議室間のビデオ会議
予定されているビデオ会議の場合

会議の招待状に会議名やビデオ会議へのリンクを追加する場合、Google カレンダーや Microsoft Outlook といった、サポートされているカレンダー プラットフォームを使用する必要があります。

Google カレンダー


ビデオ会議を Google カレンダーの予定に追加するには、組織で以下の条件が満たされている必要があります。

デフォルトでは、ユーザーが作成したビデオ会議の名称または会議 ID が各 Google カレンダーの新しい予定に自動的に追加されます。

管理者は、カレンダーの予定にビデオ会議が自動的に追加される設定を無効にすることができます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [カレンダー] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックします。
  4. [ビデオ会議] で、[ユーザーが作成する予定にビデオ会議を自動的に追加する] チェックボックスをオンまたはオフにします。
  5. [保存] をクリックします。

この設定を無効にすると、ユーザーは手動で [ビデオ会議を追加] をクリックする必要があります。

この設定を有効にしても、ユーザーは各予定にビデオ会議を追加したり、予定からビデオ会議を削除したりすることができます。なお、予定に追加された会議に名前がついていない場合、予定は Chromebox に表示されますが、このユニットでは会議を開始できません。

Outlook

G Suite ユーザーは、Microsoft Outlook 用の Google プラグインを使用して、社内の他の Outlook ユーザーと Google ビデオ会議の予定を設定することもできます。

詳しくは、Outlook に Meet のビデオ会議を追加するをご覧ください。

パソコンまたはモバイル デバイスからビデオ会議に参加するには

個人のデバイスから Google Meet ハードウェアのビデオ会議に参加するには、組織で必要な G Suite サービスの登録、設定が完了している必要があります。さらに、各ユーザーのデバイスに必要なアプリまたはプラグインをインストールしておく必要があります。

G Suite に関する要件

個人のデバイスから Google Meet ハードウェアのビデオ会議に参加するには、組織で以下の条件が満たされている必要があります。

デバイスの要件

各デバイスに Meet アプリ、またはブラウザ プラグインをインストールしておく必要があります。

関連トピック



Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。