Google Meet アプリと Google Duo アプリのアイコンが変わります。詳細

ビデオ会議中にプレゼンテーションを行う

会議中に画面全体または特定のウィンドウを固定表示して、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートなどの情報を参加者と共有することができます。

ヒント:

  • Google Workspace を使用している場合、大規模なリモート イベントを開催できます。
  • 管理機能が利用可能な Workspace 組織では、組織全体に対してこの機能をオンまたはオフにすることができます。

詳しくは、管理者向け Google Meet 設定リファレンスをご覧ください。

会議中に画面を共有する

  1. Meet のビデオ会議に参加します。
  2. 画面下部の画面を共有 画面を共有 をクリックします。
  3. [あなたの全画面]、[ウィンドウ]、[タブ] のいずれかを選択します。
    • Chrome のタブを共有すると、そのタブの音声もデフォルトで共有されます。
    • 別のタブを共有するには、共有するタブを選択し、[代わりにこのタブを共有] をクリックします。
  4. [共有] をクリックします。
  5. 省略可: 共有画面の固定を解除してタイル表示にするには、固定を解除  をクリックします。これで、画面共有中により多くの参加者を会議画面に表示できるようになります。

ヒント:

  • カメラがオンになっていると、画面を共有している間も自分の映像が参加者に表示されます。
  • 画面を共有する場合は、会議ウィンドウではなく、新しいウィンドウや特定のタブを共有してください。これにより、画面共有がよりスムーズになるほか、画面が合わせ鏡のように無限に表示される事象を避けることができます。
  • 音声を共有するには、[Chrome タブを共有] または [このタブを共有] を選択する必要があります。

画面共有を停止する

  • Meet のウィンドウで [画面共有を停止] をクリックします。
  • 右下の [あなたの画面が共有されています] 次の操作 [画面共有を停止] をクリックします。

別の参加者の画面共有中に、画面を共有する

  1. 画面下部の [画面を共有] をクリックします。
  2. [あなたの全画面]、[ウィンドウ]、[Chrome タブ] のいずれかを選択します。
  3. [自分の画面を共有] を選択します。
ヒント: 別のユーザーが画面を共有しているときに自分の画面の共有を開始すると、そのユーザーの画面共有が一時停止します。

Google Meet で Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドの画面を共有する

重要: Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドから Google Meet に直接画面を共有するには、パソコンと Chrome ブラウザを使用する必要があります。
Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドから Google Meet に直接画面を共有できます。この機能を使用すると、参加中の会議でドキュメント、スプレッドシート、スライドの画面を共有しやすくなります。 共有する前に会議に参加し、会議が録画されているかどうか確認してください。
  1. Google Meet のビデオ会議に参加します。
  2. Google ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかでファイルを開きます。
  3. 上部の Meet アイコン をクリックします。
  4. 次のどちらかを行います。
    • 予定されている会議で画面を共有するには、参加したい会議名をクリックします。
    • 会議コードを使用して会議で画面を共有するには、[会議コードを使用] をクリックし、コードを入力します。
  5. [会議画面でこのタブを共有] をクリックします。
    • 重要: 会議画面をまだ開いていない状態で [会議画面でこのタブを共有] をクリックすると、ファイルの画面は共有されますが、そのファイルのタブで Google Meet のビデオ会議を表示することはできません。画面共有中にドキュメント、スプレッドシート、またはプレゼンテーションと Google Meet ビデオ会議を 1 つのタブで表示するには、ドキュメント、スプレッドシート、スライドからビデオ会議に参加する手順を行います。
  6. 現在開いているタブを選択します。
  7. タブを共有するには、[共有] をクリックします。
    • 重要: ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションからタブを共有する場合、共有するタブを変更することはできません。画面共有中にタブを切り替えるには、代わりに Google Meet から画面を共有します。
  8. Meet に戻り、共有したコンテンツの画面を会議で直接表示します。
ヒント: スライドの画面を共有する場合は、共有を開始アイコン をクリックすると、共有画面を全画面モードで表示できます。

画面共有でのみ参加する

画面共有で参加すると、自分のパソコンのウィンドウまたはアプリケーションのみが会議中に表示されます。音声またはその他の動画が送受信されることはありません。
  1. https://meet.google.com/ にアクセスします。
  2. 予定されている会議を選択するか、[ミーティングに参加または開始]をクリックします。
  3. 会議コードを入力します。
  4. [画面共有] をクリックします。
  5. ウィンドウまたはアプリケーションを選択します。
  6. [共有] を選択します。

参加者による画面共有を禁止する

重要: この機能を使用するには、[主催者向けの管理機能] をオンにする必要があります。
会議の主催者は参加者による画面共有を禁止できます。定期的に繰り返すように設定されている会議、または同じ会議コードを使い回す会議で画面共有をオフにすると、その設定は次回の会議にも適用されます。1 回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議で画面共有をオフにした場合は、会議終了後に設定がオンに戻ります。

画面共有をオンまたはオフにするには:

  1. Meet のビデオ会議に参加します。
  2. 右下の主催者用ボタン をクリックします。
  3. 表示されたサイドパネルで [参加者の画面を共有] をオンまたはオフにします。
ヒント: 設定のオンとオフを切り替えられない場合は、必要に応じて Meet の Chrome 拡張機能を無効にしてください。手順については、拡張機能をインストールして管理するをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
713370
false
false