ビデオ通話中に画面を共有する

会議中に画面全体または特定のウィンドウを共有して、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートなどの情報を参加者と共有することができます。

ヒント(Google Workspace ユーザー限定): 効果的なプレゼンテーションのための G Suite 活用法トップ 10 と、(250 人まで参加できる)大規模なリモート イベントを開催するもご参照ください。

会議中に画面を共有する

  1. ビデオ会議に参加します。
  2. 画面下部で、[画面を共有] Share screen を選択します。
  3. [あなたの全画面]、[ウィンドウ]、[タブ] のいずれかを選択します。
    • Chrome のタブを共有すると、そのタブの音声もデフォルトで共有されます。
    • 別のタブを共有するには、共有するタブを選択し、[代わりにこのタブを共有] をクリックします。
  4. [共有] を選択します。

カメラがオンになっていると、画面を共有している間も自分の映像が参加者に表示されます。

画面共有を停止する

  • Meet のウィンドウで [画面共有を停止] をクリックします。
  • 画面下部の [あなたの画面が共有されています] 次に [画面共有を停止] をクリックすることもできます。

別の参加者の画面共有中に、画面を共有する

  1. 画面下部の [画面を共有] をクリックします。
  2. [あなたの全画面]、[ウィンドウ]、[Chrome タブ] のいずれかを選択します。
  3. [自分の画面を共有] を選択します。

ヒント: 別の参加者が画面を共有中でも、自分の画面を共有できます。その場合は、画面の共有を開始すると、別の参加者の画面共有が一時停止します。

画面共有でのみ参加する

画面共有で参加すると、自分のパソコンのウィンドウまたはアプリケーションのみが会議中に表示されます。音声またはその他の動画が送受信されることはありません。

  1. https://meet.google.com/ にアクセスします。
  2. 予定されている会議を選択するか、[ミーティングに参加または開始]をクリックします。
  3. 会議コードを入力します。
  4. [画面共有] をクリックします。
  5. ウィンドウまたはアプリケーションを選択します。
  6. [共有] を選択します。

Google Workspace for Education ユーザー

参加者による画面共有を禁止する

会議の主催者は参加者による画面共有を禁止できます。定期的に繰り返すように設定されている会議、または同じ会議コードを使用する会議で画面共有をオフにすると、その設定は次回の会議にも適用されます。1 回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議で画面共有をオフにした場合は、会議終了後に設定がオンに戻ります。

画面共有をオンまたはオフにするには:

  1. Meet のビデオ通話に参加します。
  2. 画面下部の主催者用ボタン をクリックします。
  3. [参加者の画面を共有] をオンまたはオフにします。

ヒント: 設定のオンとオフを切り替えられない場合は、必要に応じて Meet の Chrome 拡張機能を無効にしてください。手順については拡張機能をインストールして管理するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。