ビデオ会議に参加する

職場や学校で Google アプリをご活用いただくには、G Suite の無料試用にお申し込みください

Google Meet を使用してビデオ通話に参加できます。

ビデオ会議に参加できるユーザー

G Suite ユーザー(職場または学校用アカウントで Google Meet を使用)

G Suite Essentials をご利用の場合は、下記の「G Suite Essentials ユーザー」セクションをご覧ください。

G Suite ユーザー以外(個人用アカウントで Google Meet を使用)
  • G Suite アカウントにログインしている組織内のユーザー
  • Google カレンダーの予定に追加された、Google アカウントを持つ組織外のユーザー
  • 会議中に参加者から招待された組織外のユーザー
  • Google アカウントを持つすべてのユーザー(会議の開始や参加が可能)
  • 会議の管理メンバーから会議に招待された Google アカウントを持つユーザー

ビデオ会議への参加をリクエストする必要があるユーザー

  • カレンダーの予定に追加されていないユーザー
  • ウェブユーザーのみ: Google アカウントを持っていないユーザー。G Suite ユーザーが作成した会議の場合に該当します。G Suite ユーザー以外が作成した会議への参加をリクエストするには、Google アカウントが必要です。
  • G Suite ユーザーのみ: G Suite for Education を使用している組織外のユーザー。会議の参加者は誰でもアクセスを許可できます。ビデオ会議に参加している組織内のユーザーもアクセスを許可できます。

ヒント: 最初の 5 人が参加するとチャイムが鳴ります。その後は、新しいユーザーが参加してもチャイムは鳴りません。

G Suite Essentials ユーザー

組織で G Suite Essentials をご利用の場合は、会議に直接参加できます。組織外のユーザーが参加するには、会議の参加者に参加を許可してもらう必要があります。

ビデオ会議に参加する

Google カレンダーの予定からビデオ会議に参加する

カレンダーで予定されている会議を表示して、すぐにビデオ会議に参加できます。

  1. Google カレンダー アプリで予定を開きます。
  2. [ビデオハングアウトに参加] をタップします。

G Suite 管理者が許可している場合、他のビデオ会議システムから参加することもできます。詳しくは、相互運用を設定するをご覧ください。

Meet からビデオ会議に参加する

Meet では、Meet アプリを使用するか、会議コードを入力してビデオ会議に参加できます。Meet アプリはどの Google アカウント(G Suite アカウントや @gmail.com アカウントなど)でも使用できます。

ヒント: 最初の 5 人が参加するとチャイムが鳴ります。その後は、新しいユーザーが参加してもチャイムは鳴りません。

Meet アプリからビデオ会議に参加する

  1. Google Meet アプリを開きます。
  2. 下から上にスワイプして、予定されている会議を表示します。Google Meet には、Google カレンダーでスケジュール設定された会議のみ表示されます。
  3. [参加] をタップするか、リストから会議を選択して [会議に参加] をタップします。

会議コードまたは会議のニックネームを使用してビデオ会議に参加する

すべての Meet ビデオ会議に固有のコードが割り当てられ、ユーザーはこのコードを使用して会議に参加することができます。会議コードは abc-defg-hjk のような文字列です。参加者への招待メールに記載されているほか、会議リンクの末尾にもこのコードが含まれています。

G Suite をご利用の場合: 会議のニックネームは「our-meeting」のような意味のあるフレーズです。任意のニックネームをつけて組織内の他のユーザーと共有すれば、全員が同じ会議にすぐに参加できます。

  1. Meet アプリを開き、[会議コード] をタップします。
  2. 会議コードまたは会議のニックネームを入力します。

    ヒント: 会議コードのハイフンは省略可能です。

  3. [会議に参加] をタップします。
  4. (省略可)組織外から参加する場合、または G Suite アカウントにログインした状態で参加する場合は、それぞれ次の操作を行います。
    • [参加をリクエスト] を選択します。
    • 名前を入力して [参加をリクエスト] をタップします。

3D Touch を使用してビデオ会議に参加する

3D Touch 対応のデバイスをご使用の場合は、Meet アプリから会議を開催したり会議に参加したりできます。会議を開始するには、G Suite アカウントにログインしている必要があります。

  1. ご利用のデバイスで、Meet アイコン Meet を長押しします。
  2. G Suite アカウントにログインしている場合は、[参加] または [会議を開始] をタップします。
  3. ログインしていない場合は、[会議コードを入力] をタップします。

モバイル デバイスのロック画面からビデオ会議に参加する

Meet アプリのショートカットを追加する

  1. ロック画面で右にスワイプします。
  2. 一番下までスクロールして [編集] をタップします。
  3. [Meet] までスクロールして、追加アイコン 新規作成 をタップします。

ロック画面からビデオ会議に参加する

  1. ロック画面で右にスワイプします。
  2. [Meet] までスクロールし、[参加] または [再参加] をタップします。

ヒント: [カレンダーの通知]、会議のリンクの順にタップして参加することもできます。

会議のリンク URL を使用してビデオ会議に参加する

会議のスケジュールを設定したり、会議室を予約したりする時間がない場合でも、Meet があれば、テキスト メッセージまたはメールで送られてきた会議リンクの URL をクリックするだけで、臨時のビデオ会議に参加することができます。

  1. テキスト メッセージまたはメールで送られてきた会議のリンクをタップします。
  2. 画面の手順に沿って会議に参加します。

電話で会議にダイヤルインする

重要: 電話でダイヤルインできるのは、G Suite ユーザーが主催している会議に限られます。

  • G Suite 管理者がダイヤルイン機能を有効にしている場合のみ、ビデオ会議に参加用電話番号が追加されます。
  • G Suite 管理者がダイヤルインを許可している場合、会議の開始 15 分前から会議の終了まで、音声のみで Meet ビデオ会議にアクセスできます。すでに会議に参加しているユーザーにアクセスを許可してもらった場合は、いつでも参加できます。主催者とは異なる組織に所属しているユーザーや、別の G Suite エディションを使用しているユーザーも会議に参加できます。会議の画面にはユーザーの名前(主催者の組織に所属しているユーザーの場合)または電話番号の一部(主催者の組織に所属していないユーザーの場合)が表示されます。
  • 他の参加者は、ダイヤルインするユーザーが正当な参加者であることを必ず確認するようにしてください。ダイヤルインしたユーザーも参加者数としてカウントされ、通常の通話料金がかかります。

電話番号を使用して会議に参加する

注: 予定の開始時刻より前またはユーザーが会議を開始する前に、カレンダーの予定で作成した会議にダイヤルインしようとすると、PIN を認識できないというエラーが表示されます。

予定されている会議時間内であれば、次のいずれかの方法でダイヤルインできます。

  • Google カレンダーの予定または会議の招待状に記載されている電話番号を入力します。
    次に、PIN と # を続けて入力します。
  • Meet アプリまたはカレンダー アプリで電話番号をタップします。
    PIN が自動的に入力されます。

G Suite のすべてのエディションで、参加用電話番号として米国内の電話番号が表示されます。G Suite Essentials、G Suite Enterprise Essentials、G Suite Basic、G Suite Business、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education では、Meet のビデオ会議で国際電話番号もサポートされます。なお、ご利用には通常の通話料金がかかります。

電話をミュートする、ミュートを解除する

会議の他の参加者にミュートされた場合、またはあなたが次のいずれかの操作を行った場合、あなたがミュート状態になります。

  • *6 を押す
  • 電話の音量を最小にする
  • すでに 5 人以上が参加している会議に参加する

ヒント: ミュートを解除するには、もう一度 *6 を押すか、音声が聞こえるまで音量を上げます。

会議へのダイヤルインに対応している国

ダイヤルインに対応している国で国名の一覧をご覧ください。

サードパーティのシステムからビデオ会議に参加する

組織で許可されている場合は、サードパーティの会議システムからビデオ会議に参加できます。

注: サードパーティのビデオ会議システムから参加するには、G Suite 管理者相互運用を有効にしている必要があります。

  1. カレンダー アプリで予定または会議の招待状を開きます。
  2. 手順に沿って、サードパーティの会議システムから参加します。

できないこと

サードパーティのシステムから参加する場合、Meet を使用してカメラやマイクなどの機能を制御することはできません。代わりに、サードパーティのシステムのコントロールを使用してください。

たとえば、サードパーティのシステムから次の操作を行うことはできません。

  • 会議中のチャットの表示、書き込み
  • Meet の録画の開始、停止
  • 他の参加者の承認、ブロック
  • 他の参加者のミュート、ミュート解除
  • Meet の他の参加者があなたをミュートすることはできません

Google アカウントを使用せずにビデオ会議に参加する

Google アカウントまたは Gmail アカウントにログインしていない場合、モバイル デバイスを使用して参加することはできません。

関連トピック

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。