Meet の字幕翻訳(ベータ版)に登録すると、字幕のリアルタイム翻訳をテストできます。

Google Meet で参加者を表示する方法

Google Meet のビデオ会議のレイアウトは、会話の中心となっているコンテンツや参加者が大きく表示されるように自動で切り替わります。

レイアウトを変更する

画面に表示される参加者の数を変更することができます。参加者を表示するタイルの数はブラウザ ウィンドウのサイズによって変わる場合があります。

  1. パソコンでビデオ会議に参加します。
  2. 画面下部のその他アイコン Google Chrome をカスタマイズ、制御 and then レイアウトを変更 をクリックします。次のどちらかを選択します。
    • 自動: Meet が自動で画面の表示方法を選択します。デフォルトでは、画面に 9 枚のタイルが表示されます。
    • タイル表示: 最大 49 人を同時に画面に表示できます。デフォルトでは、画面に 16 枚のタイルが表示されます。
      • 画面下部にあるスライダーを使用して、画面に表示するタイルの数を選択します。後でもう一度変更するまでは、選択中のタイルの数が今後の会議のデフォルトになります。
    • スポットライト: 発言中の参加者または共有中の画面がウィンドウ全体に表示されます。
    • サイドバー: 発言中の参加者または共有中の画面が大きく表示され、その横に他の参加者のサムネイルが表示されます。
  3. 新しいレイアウトを選択すると、その設定が自動的に保存されます。

レイアウトに関する問題を解決する

レイアウトでタイル表示を使用すると、動画がフリーズするなどのパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。問題を解決するには、以下の方法をお試しください。

  • 開いているだけで現在使用していないブラウザのタブ、ウィンドウ、アプリがある場合は、すべて閉じる
  • レイアウト内のタイルの数を減らす
  • カメラをオフにする

Meet の問題が引き続き発生する場合は、ご使用のデバイスに推奨ハードウェアが搭載されていることをご確認ください。

ビデオ会議で自分の映像を表示する

会議に参加すると、セルフビューが自動的にオンになります。

1 人の相手と会議中は、自分のセルフビューが右下にフローティング画像として表示されます。別のユーザーが参加したり、共有画面が追加されたりすると、自分のセルフビューが自動的にグリッドに追加されます。どちらの場合も、フローティング画像とグリッド間で切り替えることができます。設定は保存され、次回以降の会議に適用されます。

画面上でフローティング画像をドラッグしたり、自分のセルフビューを最小化したりすることもできます。

グリッドでセルフビューのタイルを追加または削除する

  1. セルフビューにカーソルを合わせ and then タイルとして表示 をクリックします。 
  2. セルフビューにカーソルを合わせ and then このタイルを削除 をクリックします。 

セルフビューをフローティング画像として管理する

  • セルフビューをフローティング画像にするには、自分のセルフビューにカーソルを合わせ and then このタイルを削除 をクリックします。
  • セルフビューのフローティング画像を移動するには、フローティング画像にカーソルを合わせ and then セルフビュー を画面の隅にドラッグします。

""

  • セルフビューのフローティング画像を最小化するには、フローティング画像にカーソルを合わせ and then 最小化アイコン をクリックします。最小化したセルフビューを画面の別の隅にドラッグすることもできます。

""

重要: 動画フィードを最小化すると、そのフィードは自分のビューでのみ最小化されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false