会議の参加者を表示する方法

チームで Google Meet を使用するG Suite Essentials を 2020 年 9 月 30 日まで無料でご利用いただけます。今すぐお試しください。

Google Meet automatically switches the layout in a video call to display the most active content and participants. 

ビューを変更する

  • 自動 - 自動でレイアウトが選択されます。
  • タイル表示 - 固定表示中の画面がない場合に、最大 16 人の参加者が表示されます。
    • 参加者にカーソルを合わせると、その参加者の名前が表示されます。
    • 会議が始まった後に誰かが参加すると、そのユーザーの画像が画面の一番下に表示されます。
    • 固定表示中の画面は大きなタイルで表示され、会話の中心にいる参加者がその横に表示されます。
  • スポットライト - 固定表示中の画面、発言中の参加者、または固定中のフィードがウィンドウ全体に表示されます。
  • サイドバー - 発言中の参加者または固定表示中の画面の横に他の参加者が表示されます。

ヒント: 新しいレイアウトを選択すると、その設定が自動的に保存されます。デフォルトのレイアウトに戻すには、[自動] をクリックします。

ビデオ会議で自分の映像を表示する

他の参加者のビデオ画像に加えて、自分のビデオ画像も会議画面に表示するかどうかを選択できます。なお、[スポットライト レイアウト] を選択するか、参加者の誰かを画面に固定した場合、他の参加者のビデオ映像のみが表示され、自分のビデオ画像は表示されません。

セルフビュー機能を有効にして自分のビデオ画像をビデオ通話画面に表示するには: 

重要: セルフビュー機能はデフォルトでオフになっていますが、設定を変更すると、次回以降の通話にもその変更が適用されます。

  • 画面右上の自分のビデオ画像のプレビューにカーソルを合わせ 次に をクリックします。
  • [ユーザー] パネルで をクリックします。

ビデオ通話でセルフビュー機能をオフにするには: 

  • 画面右上の自分のビデオ画像のプレビューにカーソルを合わせ 次に をクリックします。
  • [ユーザー] パネルで  をクリックします。
  • ビデオグリッドに表示されている自分のタイルにカーソルを合わせ 次に をクリックします。

ヒント: セルフビュー機能をオフにしても、画面右上には自分のビデオ画像のプレビューが小さく表示されます。

重要: 会議で他の参加者の画面が固定表示されている場合でも、自分の映像を表示できます。

レイアウトを変更する

  1. パソコンでビデオ会議に参加します。
  2. Meet の画面右下にあるその他アイコン その他 次に [レイアウトを変更] をクリックします。
  3. [レイアウトを変更] ボックスから、ご自身のパソコンで使用するレイアウトを選択します。

ヒント: 参加者の画像をクリックすると、その参加者が画面に固定されます。参加者の固定はあなたの画面にのみ適用されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。