360°カメラで撮影して公開する

車、自転車、徒歩で移動しながら撮影した動画から、ストリートビューを作成できます。録画した動画は、公開時にストリートビュー向けに変換されます。その際、撮影者の位置情報に基づいて画像にジオタグが付けられ、地図上に配置されます。

ヒント:

  • ストリートビュー対応カメラが Android 版のストリートビュー アプリと互換性があることを確認してください。
  • ストリートビュー向けに変換できるのは屋外で撮影した動画のみです。屋内で撮影したコレクションでは、通常、正確な GPS 情報を記録することはできません。
  • 公開したコレクションは、スマートフォンにもコピーされます。ダウンロード時間は、動画の長さの 2 倍になる場合があります。
  • スマートフォンの保存容量が十分にあることを確認してください。5 分間の録画では約 2.5 GB の容量が必要です。

自分のストリートビューを作成する

  1. スマートフォンを 360°カメラに接続します。
  2. [作成] タブでカメラを選択します。
  3. 左にスワイプして [動画] モードを選択します。
  4. 録画を開始または停止するには、カメラアイコン ビデオカメラ をタップします。 
    • 録画が完了すると、録画に関する情報の概要が記載された通知が届きます。ダウンロードが完了すると、撮影した動画をカメラから削除できます。
  5. 録画が完了したら、[今すぐダウンロード] をタップします。ダウンロードが開始されたことを示す通知が届きます。
  6. 録画を確認するには、[プロフィール] タブをタップします。
  7. [公開] をタップします。公開にかかる時間は動画の長さの 3 倍になる場合があります。
    • ヒント: ネットワーク帯域幅により処理時間が変わります。画像のアップロードは、Wi-Fi ネットワークに接続して行うことをおすすめします。

画像の処理が完了すると、プロフィールに表示されます。個々の 360°写真の合成には、公開から 4 日以上かかります。

ストリートビュー画像を作成するためのガイドライン

  • 360°動画には大容量の保存ストレージが必要です。ストリートビュー アプリで動画をダウンロードする際に、[ダウンロード後に削除] チェックボックスをオンにすると、ストレージを解放することができます。
  • 削除しない場合、動画はスマートフォンのギャラリーに保存されます。そこから YouTube に公開できます。
  • Ricoh Theta V カメラから画像を削除するには、Ricoh Theta アプリをダウンロードしてください。
  • ストリートビュー アプリでコレクションを閲覧する場合、一度に表示できる 360°写真は最大 10 枚です。写真を拡大して細部を確認できます。
  • 長時間の録画は自動的に分割されます。そのため、録画全編を保存する容量がない場合でも、分割してスマートフォンにコピーし、公開することができます。
  • すでに存在するストリートビュー コンテンツを公開した場合、品質、解像度、撮影日時に基づいて、デフォルトのコレクションが自動的に決定されます。ストリートビュー アプリの共有ボタンから、ストリートビューにいつでもアクセスできます。また、Google マップのタイムマシン機能を使用して、特定の日付からコレクションを見つけることもできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
76697
false