グループを作成し、グループ設定を選択する

職場または学校のアカウントにログインしている場合は、表示されるオプションが異なる場合があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください。

組織やクラス、チームなどのグループで Google グループを使用すると、以下のようなことを行えます。

  • 同じような趣味、関心を持つユーザーを見つけて、オンライン ディスカッションを主催する
  • グループのメールアドレスを使用して、メンバー同士でメールをやり取りする
  • プロジェクトで共同作業する
  • 会議や予定を主催する

この他にも、新しい Google グループと従来の Google グループではさまざまなことを行えます。

: 一部の機能は従来の Google グループでのみご利用いただけます。新しい Google グループと従来の Google グループについての記事をご覧ください。


手順: 新しい Google グループ | 従来の Google グループ|すべて表示|すべて非表示にする

グループを作成する

新しい Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. 左上の [グループを作成] をクリックします。
  3. グループの情報を入力し、設定を選択します。
    設定リファレンス
  4. [グループを作成] をクリックします。
    新しいグループにメールを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメールを送信すると、メールを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。
  5. (省略可)次の手順: グループの詳細設定を選択します。

新しい Google グループの設定リファレンス

グループ情報

オプション 説明
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループのメールアドレス

グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

グループの説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

 

プライバシー設定

オプション  説明
グループを検索できるユーザー グループの名前、メールアドレス、スレッドでグループを検索できるユーザーを選択します。職場や学校で Google グループを使用している場合、利用できるオプションは組織の設定によって異なります。
グループに参加できるユーザー

次のいずれかを選択します。

  • 招待されたユーザーのみ — ユーザーがグループに参加するには、そのグループに招待される必要があります。ユーザーが自分自身を直接グループに追加したり、参加をリクエストしたりすることはできません。
  • 組織内のユーザーのみ — 組織内のユーザーは自分自身を直接グループに追加できます。
  • 組織内のユーザーが参加をリクエストできる — 組織内のユーザーはグループへの参加をリクエストできます。
会話を閲覧できるユーザー グループに投稿されたスレッドを表示できるユーザーを選択します。
投稿できるユーザー グループのメールアドレス宛にメッセージを送信できるユーザーを選択します。
メンバー一覧を表示できるユーザー グループのメンバー一覧を表示できるユーザーを選択します。

 

メンバーの追加

オプション 説明
グループ メンバー 追加してメンバーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。
グループの参加者全員にメンバーの役割が割り当てられます。メンバーの役割に付与されている権限は、他のすべての役割にも自動的に付与されます。
グループのマネージャー 追加してマネージャーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。マネージャーは、グループを削除することと、他のメンバーをオーナーにすること以外は、オーナーができる操作をすべて行えます。なお、グループを別のグループのマネージャーにすることはできません。
グループのオーナー 追加してオーナーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。  

オーナーロールを持つメンバーには、次の権限があります。

  • グループにメッセージを送信する。
  • オーナーを含むグループ メンバーを追加または削除する。
  • メンバーのロールを変更する(メンバーからオーナーに変更するなど)。
  • グループ設定を変更する。
  • グループを削除する。
  • グループのメンバーシップとメッセージを書き出す。

: オーナーのロールは、任意のグループ メンバーに割り当てることができます。ただし、グループで別のグループのオーナーのロールを割り当てることはできません。

 

ウェルカム メッセージ 招待状なしでグループに追加されたユーザーに送信されるメールのメッセージ。このオプションは、[メンバーを直接追加] が [オン] の場合にのみ使用できます。
招待メッセージ ユーザーに送信されるグループへの招待メールのメッセージ。招待されたユーザーは招待状の中のリンクをクリックしてグループに参加します。このオプションは、[メンバーを直接追加] が [オフ] の場合にのみ使用できます。
登録

グループから受け取るメールの設定。指定できるオプションは次のとおりです。

  • メッセージごとにメール — グループにメッセージが投稿されるたびに、そのメッセージがメールで配信されます。
  • 要約 — 最大 150 件のメッセージの要旨が 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
  • ダイジェスト — 最大 25 件の完全なメッセージが 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
  • メールなし — グループからのメールは届きません。

グループのメッセージの要約またはダイジェストをメールで受け取るには、グループの会話の履歴をオンにする必要があります。

メンバーを直接追加

メンバーをグループに直接追加するか、メンバーをグループに招待するかを指定します。

[メンバーを直接追加] をオンにした場合: 指定したユーザーがグループに追加され、選択した登録設定が適用されます。メンバーは各自の登録設定を後で変更することができます。

[メンバーを直接追加] をオフにした場合: 指定したユーザーに、グループに参加するための招待メールが送信されます。招待を承諾したユーザーのみグループに追加されます。

新しい Google グループの詳細設定リファレンス

グループを作成した後は、メッセージの管理やメールのフッターなどの詳細設定を選択できます。

全般 | メンバーのプライバシー | 投稿ポリシー | メール オプション | メンバー管理

全般

設定 説明
   
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループメール

グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

グループを表示できるユーザー グループの名前、メールアドレス、スレッドでグループを検索できるユーザーを選択します。職場や学校で Google グループを使用している場合、利用できるオプションは組織の設定によって異なります。
グループに参加できるユーザー

次のいずれかを選択します。

  • 招待されたユーザーのみ — ユーザーがグループに参加するには、そのグループに招待される必要があります。ユーザーが自分自身を直接グループに追加したり、参加をリクエストしたりすることはできません。
  • 組織内のユーザーのみ — 組織内のユーザーは自分自身を直接グループに追加できます。
  • 組織内のユーザーが参加をリクエストできる — 組織内のユーザーはグループへの参加をリクエストできます。
会話を閲覧できるユーザー グループに投稿されたスレッドを表示できるユーザーを選択します。
投稿できるユーザー グループのメールアドレス宛にメッセージを送信できるユーザーを選択します。
メンバー一覧を表示できるユーザー グループのメンバー一覧を表示できるユーザーを選択します。

メンバーのプライバシー

設定 説明
新しいメンバーの ID が必要です
グループのオーナーに連絡できるユーザー グループのオーナーの役割を持つメンバーに連絡できるユーザーを選択します。
メンバーのメールアドレスを表示できるユーザー グループ メンバーのメールアドレスを表示できるユーザーを選択します。

投稿ポリシー

設定 説明
メールでの投稿を許可

メンバーがグループにメッセージを投稿できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオフにすると、ユーザーはグループにメッセージを送信する際にグループのメールアドレスを使用できません。

ウェブからの投稿を許可 ユーザーが Google グループのインターフェース(groups.google.com)を使用してグループにメッセージを送信できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。
グループ メッセージをアーカイブ
G Suite Basic 以上のエディションをご利用の場合、 メンバーがいつでも閲覧できるように、投稿をオンライン フォーラムに保管できます。 

この機能(メッセージのアーカイブ)はグループごとにオンまたはオフにできます。

  • オン — 更新情報をメールで受信するように設定しているメンバーは、Google グループのオンライン フォーラム、メール、またはこの両方を使って投稿を読んだり返信したりできます。メールによる更新情報の受信を無効にしている場合でも、オンラインで投稿にアクセスできます。
  • オフ — 過去の投稿はオンライン フォーラムにアーカイブされたままになり、グループ メンバーも引き続きアクセスできますが、新しい投稿はアーカイブされません。更新情報をメールで受信するように設定しているメンバーは、メールを通じて投稿を読んだり返信したりできます。メールによる更新情報の受信を無効にしている場合、アーカイブされている既存の投稿にはアクセスできますが、新しい投稿を閲覧することはできません。
ユーザーが各自の投稿を編集することを許可する ユーザーが投稿済みの自分のメッセージを変更できるようにします。グループ内の自分の投稿を編集するには、そのグループの投稿をウェブ上で表示する権限が必要です。
投稿者に非公開で返信できるユーザー グループ全体ではなく、投稿者にのみ非公開で返信できるユーザーを選択します。
ファイルを添付できるユーザー ドキュメントや写真などのファイルを添付できるユーザーを選択します。
コンテンツを管理できるユーザー グループ内のメッセージを承認、ブロック、削除できるユーザーを選択します。
メタデータを管理できるユーザー コンテンツにタグを付けたり、共同トレイ機能を使用したりできるユーザーを選択します。
グループとして投稿できるユーザー 自分のメールアドレスではなく、グループのメールアドレスを使用してメッセージを投稿できるユーザーを選択します。

デフォルトの差出人

グループから送信されるメッセージのデフォルトのアドレスを選択します。

  • 投稿者のアドレス - ディスカッション グループに適しています。
  • グループ アドレス - 製品サポート グループなど、グループの代表として多数のユーザーが返信するグループに適しています。
メッセージの管理

グループに送信する前にメッセージを確認して承認するかどうかを選択します。

  • 管理しない — 受信したメッセージを確認せずに、そのまま投稿します。
  • メンバー以外のユーザーからのメッセージを管理 — メンバー以外のユーザーから受信したメッセージに限り、グループに送信する前に確認と承認を行います。
  • すべてのメッセージを管理 — 受信したすべてのメッセージについて、グループに送信する前に確認と承認を行います。

詳しくは、メッセージを管理する方法をご覧ください。

新しいメンバーの制限

新しいメンバーの投稿権限を制限するかどうかを選択します。

  • 新しいメンバーの投稿制限なし - 投稿を管理せずに、新しいメンバーがグループにメッセージを送信できるようにします。
  • 新しいメンバーの投稿を管理する - 新しいメンバーが送信したメッセージを確認し、承認してからグループに投稿します。
  • 新しいメンバーに投稿を許可しない - 新しいメンバーがグループにメッセージを送信できないようにします。
スパム メッセージの処理

グループに送信されたメッセージのうち、システムがスパムに分類したメッセージの処理方法を選択します。

  • スパムに分類されたすべてのメッセージを拒否 - スパムに分類されたメッセージがグループに配信されないようにする場合は、このオプションを選択します。これは、スパムに対する最も厳格な管理レベルです。正当なメールであっても、スパムに分類されて拒否される場合があります。
  • 管理してコンテンツ管理者に通知 - スパムに分類されたメッセージを審査のために送信し、コンテンツ管理者に通知する場合は、このオプションを選択します。
  • 管理してコンテンツ管理者には通知しない - スパムに分類されたメッセージを審査のために送信し、コンテンツ管理者には通知しない場合は、このオプションを選択します。
  • グループ宛の疑わしいメッセージの投稿を許可 - スパムに分類されたメッセージでもグループに配信されるようにする場合は、このオプションを選択します。
拒否されたメッセージに関する通知 メッセージがグループに配信されずに拒否された場合に、送信者に通知するかどうかを選択します。

メール

設定 説明
件名のプレフィックス

グループから届いたメールを識別できるように、グループのメールの件名にプレフィックスを自動的に追加することができます。

メールフッター

グループメールのフッターに表示する内容を選択します。

  • 標準のグループ フッターを含める — groups.google.com にあるメッセージへのリンクと、該当する場合は配信登録設定がフッターに表示されます。リンクからメッセージを表示するには、ウェブ上の Google グループにアクセスできる必要があります。
  • カスタム フッターを含める — 法的通知や組織に関する情報など、指定したテキストがフッターに表示されます。フッターにはテキストのみを 1,000 文字まで追加できます。
グループのメールの言語 メールの言語は、グループ メンバーに送信されるシステム生成情報(メールのダイジェストとフッターのコンテンツも含む)に使用されます。

メンバー管理

設定 説明
メンバーの管理 メンバーを追加または削除できるユーザーを選択します。
役割を変更できるユーザー グループの各役割の権限を変更できるユーザーを選択します。
従来の Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. 左上の [グループを作成] をクリックします。
  3. グループの情報を入力し、設定を選択します。
     設定リファレンス
  4. [グループを作成] をクリックします。

新しいグループにメールを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメールを送信すると、メールを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。


従来の Google グループの設定リファレンス

オプション 説明
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループメール

グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

グループの説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

グループの主要言語 メールの言語は、グループ メンバーに送信されるシステム生成情報(メールのダイジェストとフッターのコンテンツも含む)に使用されます。
グループの種類

作成するグループの種類を選択します。グループの種類は後で変更できます。

  • メーリング リスト — 1 つのメールアドレスを使用して、メンバー同士でコミュニケーションをとることができます。
  • ウェブ フォーラム — Google グループまたはメールを使用して、メンバー同士でコミュニケーションをとることができます。
  • Q&A フォーラム — メンバーがお互いに質問したり回答したりできます。
  • 共同トレイ — メンバーが別のメンバーにトピックを割り当てて、タスクとして進捗状況を追跡することができます。
基本的な権限

次の権限を設定できます。

  • グループの公開設定: グループのメールアドレスと説明を閲覧できるユーザー。
  • トピックを表示: グループ内のトピックを表示できるユーザー。
  • 投稿: グループにメッセージを投稿できるユーザー。
  • グループに参加: グループに参加できるユーザー。

グループを共同トレイまたは Q&A フォーラムにする

: この機能を使用するには、ビジネス向け Google グループが必要です。Q&A フォーラムは従来の Google グループでのみご利用いただけます。また、新しい Google グループへの切り替えとともにサポートが終了する予定です。

新しい Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  4. [追加の Google グループの機能を有効にする] で [共同トレイ] を選択します。
従来の Google グループの使用

グループの種類は、グループのコミュニケーション方法やワークフローに合わせていつでも変更できます。

  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 右側の [グループを管理] をクリックします。
  5. 左側のメニューで [情報次に [詳細設定] をクリックします。
  6. [グループの種類を選択] の横の [グループをリセット] セクションで、下矢印アイコン 下矢印 をクリックします。
  7. グループの種類を選択し、[このグループをリセット] をクリックします。

グループの名前、説明、メール設定を変更する

新しい Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  5. [全般] で変更を加えます。
  6. [変更を保存] をクリックします。
従来の Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 右側の [グループを管理] をクリックします。
  5. 左側のメニューで [情報次に [全般情報] をクリックします。
  6. 変更を加えます。
  7. [保存] をクリックします。

グループのメール オプションを設定する

新しい Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. ページ左側で [グループ設定] 次に [メール オプション] を選択します。

  5. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  6. メール オプションを設定します。
    • 件名のプレフィックス: グループからのメールを識別できるようにします。
    • メールのフッター: ユーザーがメールから Google グループの登録設定にアクセスしたり、投稿を見つけたりできるようになります。
    • スレッドモード: 投稿された各メッセージを別々に表示する代わりに、メッセージを件名別にまとめてスレッドとして表示します。
    • 返信の投稿先: グループのメッセージに対する返信メールのデフォルトの宛先です。ここで選択したオプションが、メッセージに対する返信メールの [To] フィールドに自動入力されます。返信メール内で宛先を手動で変更することも可能です。
  7. [変更を保存] をクリックします。
従来の Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 右側の [グループを管理] をクリックします。
  5. 左側で [設定次に [メール オプション] をクリックします。
  6. メール オプションを設定します。
    • 件名のプレフィックス: グループからのメールを識別できるようにします。
    • メールのフッター: ユーザーがメールから Google グループの登録設定にアクセスしたり、投稿を見つけたりできるようになります。
    • 自動返信: メンバーやメンバー以外のユーザーに自動で返信できるようになります。この機能は従来の Google グループでのみご利用いただけ、新しい Google グループへの切り替えとともにサポートが終了する予定です。
    • スレッドモード: 投稿された各メッセージを別々に表示する代わりに、メッセージを件名別にまとめてスレッドとして表示します。
    • 返信を投稿: グループのメッセージに対する返信の宛先です。
  7. [保存] をクリックします。

メンバーの ID の表示方法を設定する

新しい Google グループの使用

メンバーが表示名で投稿することを許可するか、メンバーと各自の Google プロフィールとのリンクを必須にすることができます。

  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  5. ページ左側で [グループ設定] 次に [メンバーのプライバシー] をクリックします。
  6. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  7. 必要な ID 形式を 1 つ選択します。
  8. [変更を保存] をクリックします。
従来の Google グループの使用

メンバーが表示名で投稿することを許可するか、メンバーと各自の Google プロフィールとのリンクを必須にすることができます。

  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 右側の [グループを管理] をクリックします。
  5. 左側のメニューで [設定次に [ID] をクリックします。
  6. 必要な ID 形式を 1 つ選択します。
  7. [保存] をクリックします。

投稿、トピックの表示、グループへの参加を行えるユーザーを設定する

新しい Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. ページ左側で [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] の順にクリックします。
  5. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  6. グループに対する権限を選択します。
  7. [変更を保存] をクリックします。
従来の Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 右側の [グループを管理] をクリックします。
  5. 左側で [権限次に [基本的な権限] をクリックします。
  6. グループに対する権限を選択します。
  7. [保存] をクリックします。

メンバーおよび役割を管理できるユーザーを設定する

新しい Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. ページ左側で [グループ設定] 次に [メンバー管理] の順にクリックします。
  5. グループに対する権限を選択します。
  6. [変更を保存] をクリックします。
従来の Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 右側の [グループを管理] をクリックします。
  5. 左側で [権限次に [管理権限] をクリックします。
  6. グループに対する権限を選択します。
  7. [保存] をクリックします。

自分の登録設定を変更する

新しい Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 左側のパネルで [メンバー設定] をクリックします。
  5. [登録] で次のいずれかを選択します。
    • メッセージごとにメール — グループにメッセージが投稿されるたびに、そのメッセージがメールで配信されます。
    • 要約 — 最大 150 件のメッセージの要旨が 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
    • ダイジェスト — 最大 25 件の完全なメッセージが 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
    • メールなし — グループからのメールは届きません。

    グループのメッセージの要約またはダイジェストをメールで受け取るには、グループの会話の履歴をオンにする必要があります。

  6. [変更を保存] をクリックします。
従来の Google グループの使用
  1. Google グループにログインします。
  2. [マイ グループ] をクリックします。
  3. グループの名前をクリックします。
  4. 右上の [個人設定] アイコン 個人設定 次に [メンバーシップとメールの設定] をクリックします。
  5. メンバーシップ設定ウィンドウの [メール配信設定] セクションで目的のオプションを選択します。
    • 更新情報をメールで送信しない: グループからメールは届きません
    • 1 日の要約を送信する 最大 25 件の完全なメッセージが 1 つのメールにまとめられ、毎日配信されます
    • 更新情報をまとめて送信する: 最大 150 件のメッセージの要旨が 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます
    • メッセージごとに通知する: グループにメッセージが投稿されるたびに、そのメッセージがメールで配信されます
  6. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。