グループを作成し、グループ設定を選択する

職場または学校のアカウントにログインしている場合は、表示されるオプションが異なる場合があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください。

組織やクラス、チームなどのグループで Google グループを使用して、以下のようなことを行えます。

  • 同じような趣味、関心を持つユーザーを見つけて、オンライン ディスカッションに参加する
  • グループのメールアドレスを使用して、メンバー同士でメールをやり取りする
  • プロジェクトで共同作業する
  • 会議やイベントを主催する

グループを作成する

  1. Google グループにログインします。
  2. 左上の [グループを作成] をクリックします。
  3. グループの情報を入力し、設定を選択します。
    設定リファレンス
  4. [グループを作成] をクリックします。
    新しいグループにメールを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメールを送信すると、メールを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。
  5. (省略可)次の手順: グループの詳細設定を選択します。

設定リファレンス

グループ情報

オプション 説明
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループメール

グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

グループの説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

プライバシー設定

オプション  説明
グループを検索できるユーザー

グループの名前、メールアドレス、会話でグループを検索できるユーザーのオプションを選択します。

  • グループ メンバー - 仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、ディレクトリでグループを非表示にすることをグループ オーナーに許可するオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。
  • 組織のメンバー - このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている場合のみ表示されます。
  • ウェブ上のすべてのユーザー - 仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、グループを一般公開するオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。

 

グループに参加できるユーザー

次のいずれかを選択します。

  • 招待されたユーザーのみ - 招待されたユーザーでなければグループに参加できません。招待を受けていないユーザーが自分自身を直接グループに追加したり、参加をリクエストしたりすることはできません。
  • 組織内の誰でも参加をリクエストできる - 組織内のユーザーはグループへの参加をリクエストできます。このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている場合のみ表示されます。
  • 組織内の誰でも参加できる - 組織内のユーザーは自分自身をグループに追加できます。このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている場合のみ表示されます。
  • 誰でもリクエスト可能 - ウェブ上の誰でもグループへの参加をリクエストできます。仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、外部メンバーを許可するグループ オーナー向けオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。
  • 誰でも参加可能 - ウェブ上の誰でも自分自身をグループに追加できます。仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、外部メンバーを許可するグループ オーナー向けオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。
会話を閲覧できるユーザー グループに投稿されたスレッドを表示できるユーザーを選択します。
投稿できるユーザー グループのメールアドレス宛にメッセージを送信できるユーザーを選択します。
メンバー一覧を表示できるユーザー グループのメンバー一覧を表示できるユーザーを選択します。

メンバーの追加

オプション 説明
グループ メンバー 追加してメンバーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。
グループの参加者全員にメンバーの役割が割り当てられます。メンバーの役割に付与されている権限は、マネージャーとオーナーにも自動的に付与されます。
グループのマネージャー 追加してマネージャーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。

デフォルトでは、マネージャーは、以下の操作以外はオーナーができる操作をすべて行えます。

  • グループを削除する。
  • 他のメンバーをオーナーにする。
  • オーナーの役割をマネージャーまたはメンバーに変更する。

グループのオーナーは、いずれの権限でもオーナー限定にして、マネージャーが行える操作を制限することができます。ただし、マネージャーがグループ設定を変更する権限を制限することはできません。

また、グループを別のグループのマネージャーにすることはできません。

グループのオーナー 追加してオーナーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。  

オーナーの役割を付与されたメンバーには、次の権限があります。

  • グループにメッセージを送信する。
  • オーナーを含むグループ メンバーを追加または削除する。
  • メンバーの役割を変更する(メンバーからオーナーに変更するなど)。
  • グループの設定を変更する。
  • グループを削除する。
  • グループのメンバーシップとメッセージを書き出す。

オーナーの役割はどのグループ メンバーにも割り当てることができます。ただし、グループに別のグループのオーナーの役割を割り当てることはできません。

ウェルカム メッセージ 招待状なしでグループに追加されたユーザーに送信されるメールのメッセージ。このオプションは、[メンバーを直接追加] が [オン] の場合にのみ使用できます。
招待メッセージ ユーザーに送信されるグループへの招待メールのメッセージ。招待されたユーザーは招待状の中のリンクをクリックしてグループに参加します。このオプションは、[メンバーを直接追加] が [オフ] の場合にのみ使用できます。
登録

グループから受け取るメールの設定。指定できるオプションは次のとおりです。

  • メッセージごとにメール — グループにメッセージが投稿されるたびに、そのメッセージがメールで配信されます。
  • 要約 — 最大 150 件のメッセージの要旨が 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
  • ダイジェスト — 最大 25 件の完全なメッセージが 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
  • メールなし — グループからのメールは届きません。

グループのメッセージの要約またはダイジェストをメールで受け取るには、グループの会話の履歴をオンにする必要があります。

メンバーを直接追加

メンバーをグループに直接追加するか、メンバーをグループに招待するかを指定します。

[メンバーを直接追加] をオンにした場合: 指定したユーザーがグループに追加され、選択した登録設定が適用されます。メンバーは各自の登録設定を後で変更することができます。

[メンバーを直接追加] をオフにした場合: 指定したユーザーに、グループに参加するための招待メールが送信されます。招待を承諾したユーザーのみグループに追加されます。

詳細設定のリファレンス

グループを作成した後は、メッセージの管理やメールのフッターなどの詳細設定を選択できます。

全般 | メンバーのプライバシー | 投稿ポリシー | メール オプション | メンバー管理

全般

設定 説明
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループメール

グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

グループの説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

ウェルカム メッセージ グループのウェルカム メッセージを入力、編集、削除します。グループのウェルカム メッセージを追加または編集するをご覧ください。
追加の Google グループの機能を有効にする グループに「共同トレイ」を作成するオプションを選択します。共同トレイ機能を有効にする手順をご覧ください。
共有ラベル このチェックボックスをオンにすると、会話にラベルを付けて、簡単に整理したり検索したりできるようになります。ラベルの作成と使用についての記事をご覧ください。
グループを表示できるユーザー

グループの名前、メールアドレス、会話でグループを検索できるユーザーのオプションを選択します。

  • グループ メンバー - 仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、ディレクトリでグループを非表示にすることをグループ オーナーに許可するオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。
  • 組織のメンバー - このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている場合のみ表示されます。
  • ウェブ上のすべてのユーザー - 仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、グループを一般公開するオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。

 

グループに参加できるユーザー

次のいずれかを選択します。

  • 招待されたユーザーのみ - 招待されたユーザーでなければグループに参加できません。招待を受けていないユーザーが自分自身を直接グループに追加したり、参加をリクエストしたりすることはできません。
  • 組織内のユーザーのみ — 組織内のユーザーは自分自身をグループに追加できます。このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている場合のみ表示されます。
  • 組織内のユーザーが参加をリクエストできる — 組織内のユーザーはグループへの参加をリクエストできます。このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている場合のみ表示されます。
  • 組織内のユーザーが参加でき、ウェブ上の誰でも参加をリクエストできる - 組織内のユーザーは自分自身をグループに追加でき、ウェブ上のユーザーは誰でもグループへの参加をリクエストできます。このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしていて、外部メンバーを許可するグループ オーナー向けオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ表示されます。
  • ウェブ上の誰でも参加をリクエストできる - ウェブ上の誰でもグループへの参加をリクエストできます。仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、外部メンバーを許可するグループ オーナー向けオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。
  • ウェブ上の誰でも参加できる - ウェブ上の誰でも自分自身をグループに追加できます。仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログイン中は、外部メンバーを許可するグループ オーナー向けオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ、このオプションが表示されます。
外部メンバーを許可する

組織外のユーザーがグループのメンバーになることを許可するかどうかを選択します。

このオプションは、当該のグループが仕事用アカウントまたは学校用アカウントで作成されていて、外部メンバーの参加を許可するグループ オーナー向けオプションを管理者の方が有効にしている場合のみ表示されます。

会話を閲覧できるユーザー グループに投稿されたスレッドを表示できるユーザーを選択します。
投稿できるユーザー グループのメールアドレス宛にメッセージを送信できるユーザーを選択します。
メンバー一覧を表示できるユーザー グループのメンバー一覧を表示できるユーザーを選択します。
グループのコンテンツ分類

グループのコンテンツの対象が全ユーザーなのか、成人のみなのかを選択します。成人のみにした場合、後で変更することはできません。

このオプションは、一般公開の googlegroups.com ドメインで作成したグループでのみ表示されます。

メンバーのプライバシー

設定 説明
新しいメンバーの ID が必要です

新しいメンバーの必須 ID 形式。

  • 表示名または組織プロフィール — Google アカウントのプロフィール名がメンバーのデフォルトの表示名となります。メンバーは自分の表示名を変更できるほか、Google アカウントとリンクさせるかどうかも選択できます。
  • プロフィール名のみ表示 — メンバー各自のメールアドレスの短縮版がデフォルトの表示名として各メンバーに割り当てられます。メンバーは自分の表示名を変更することはできますが、Google アカウントをリンクさせることはできません。
  • 組織プロフィールのみ — メンバーは Google アカウントのプロフィール名を使用し、Google アカウントとリンクさせる必要があります。

この設定を変更すると、既存のユーザーの表示名が次のように影響を受けます。

  • 設定を組織プロフィールに変更すると、すべてのユーザーの ID が Google アカウントのプロフィール名に更新されます。
  • 組織プロフィールから表示名に変更すると、すべての表示名がデフォルトの表示名に更新されます。
  • どちらかの設定から表示名に変更すると、組織プロフィールを選択していたすべてのユーザーの ID がデフォルトの表示名に変更されます。カスタムの表示名を使用しているメンバーには影響ありません。

複数のメンバーが同じ ID を使用しないようにするには、[表示名には固有の名前のみ使用できるものとする] チェックボックスをオンにします。

グループのオーナーに連絡できるユーザー グループのオーナーの役割を持つメンバーに連絡できるユーザーを選択します。
メンバーのメールアドレスを表示できるユーザー グループ メンバーのメールアドレスを表示できるユーザーを選択します。

投稿ポリシー

設定 説明
メールでの投稿を許可

メンバーがグループにメッセージを投稿できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオフにすると、ユーザーはグループにメッセージを送信する際にグループのメールアドレスを使用できません。

ウェブからの投稿を許可 ユーザーが Google グループのインターフェース(groups.google.com)を使用してグループにメッセージを送信できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。
会話の履歴
会話の履歴をオンにすると、メンバーが Google グループの投稿をいつでも閲覧できます。

会話の履歴はグループごとにオンとオフを切り替えることができます。

  • オン — 更新情報の通知メールを受信するように設定しているメンバーは、Google グループのウェブサイト、メール、またはこの両方を使って投稿を読んだり、投稿に返信したりできます。この通知メールの受信を無効にしている場合は、Google グループのウェブサイトから投稿にアクセスできます。
  • オフ - グループのメンバーは、古い投稿(会話の履歴を無効にする前に履歴に追加された投稿)に Google グループのウェブサイトからアクセスできます。新しい投稿は履歴には含まれません。更新情報の通知メールを受信するように設定しているメンバーは、メールで新しい投稿を読んだり、投稿に返信したりできます。更新情報の通知メールを無効にしている場合、既存の投稿にはアクセスできますが、新しい投稿を閲覧することはできません。

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

投稿者に非公開で返信できるユーザー グループ全体ではなく、投稿者にのみ非公開で返信できるユーザーを選択します。
ファイルを添付できるユーザー ドキュメントや写真などのファイルを添付できるユーザーを選択します。
コンテンツを管理できるユーザー グループ内のメッセージを承認、ブロック、削除できるユーザーを選択します。
メタデータを管理できるユーザー 共同トレイ機能を使用できるユーザーを選択します。
グループとして投稿できるユーザー 自分のメールアドレスではなく、グループのメールアドレスを使用してメッセージを投稿できるユーザーを選択します。

デフォルトの差出人

グループから送信されるメッセージのデフォルトのアドレスを選択します。

  • 投稿者のアドレス - ディスカッション グループに適しています。
  • グループ アドレス - 製品サポート グループなど、グループの代表として多数のユーザーが返信するグループに適しています。
メッセージの管理

グループに送信する前にメッセージを確認して承認するかどうかを選択します。

  • 管理しない — 受信したメッセージを確認せずに、そのまま投稿します。
  • メンバー以外のユーザーからのメッセージを管理 — メンバー以外のユーザーから受信したメッセージに限り、グループに送信する前に確認と承認を行います。
  • すべてのメッセージを管理 — 受信したすべてのメッセージについて、グループに送信する前に確認と承認を行います。

詳しくは、メッセージを管理する方法をご覧ください。

新しいメンバーの制限

新しいメンバーの投稿権限を制限するかどうかを選択します。

  • 新しいメンバーの投稿制限なし - 投稿を管理せずに、新しいメンバーがグループにメッセージを送信できるようにします。
  • 新しいメンバーの投稿を管理する - 新しいメンバーが送信したメッセージを確認し、承認してからグループに投稿します。
  • 新しいメンバーに投稿を許可しない - 新しいメンバーがグループにメッセージを送信できないようにします。
スパム メッセージの処理

グループに送信されたメッセージのうち、システムがスパムに分類したメッセージの処理方法を選択します。

  • スパムに分類されたすべてのメッセージを拒否 - スパムに分類されたメッセージがグループに配信されないようにする場合は、このオプションを選択します。これは、スパムに対する最も厳格な管理レベルです。正当なメールであっても、スパムに分類されて拒否される場合があります。
  • 管理してコンテンツ管理者に通知 - スパムに分類されたメッセージを審査のために送信し、コンテンツ管理者に通知する場合は、このオプションを選択します。
  • 管理してコンテンツ管理者には通知しない - スパムに分類されたメッセージを審査のために送信し、コンテンツ管理者には通知しない場合は、このオプションを選択します。
  • グループ宛の疑わしいメッセージの投稿を許可 - スパムに分類されたメッセージでもグループに配信されるようにする場合は、このオプションを選択します。
拒否されたメッセージに関する通知 メッセージがグループに配信されずに拒否された場合に、送信者に通知するかどうかを選択します。

メール オプション

設定 説明
件名のプレフィックス

グループから届いたメールを識別できるように、グループのメールの件名にプレフィックスを自動的に追加することができます。

メールフッター

グループメールのフッターに表示する内容を選択します。

  • 標準のグループ フッターを含める — groups.google.com にあるメッセージへのリンクと、該当する場合は配信登録設定がフッターに表示されます。リンクからメッセージを表示するには、ウェブ上の Google グループにアクセスできる必要があります。
  • カスタム フッターを含める — 法的通知や組織に関する情報など、指定したテキストがフッターに表示されます。フッターにはテキストのみを 1,000 文字まで追加できます。
グループのメールの言語 通知やメールのフッターなど、システム生成情報に使用する言語を入力します。
自動応答

チェックボックスを使用して、グループ メンバー、もしくはグループに参加していない組織内または組織外のユーザーから受信したメッセージに自動返信するかどうかを選択できます。

このオプションは、仕事用アカウントまたは学校用アカウントにログインしている場合のみ表示されます。

返信の投稿先

グループ宛の投稿に対する返信の宛先を選択します。

  • グループのメンバー全員
  • グループのマネージャーのみ
  • グループのオーナーのみ
  • 元のメッセージの投稿者のみ
  • 送信者が選択した宛先
  • あなたが指定したカスタム アドレス
会話モード

スレッドモードのオンとオフは自在に切り替えられます。スレッドモードにより、最近なんらかのアクティビティがあった既存のスレッドと同一の件名が付けられているものの、そのスレッドに対する返信として送信されたわけではない新しいメッセージの処理方法を指定できます。

スレッドモードをオンにすると、このようなメッセージは返信としてスレッドに追加されます。オフにすると、このようなメッセージをもとに新しいスレッドが生成されます。

スレッドモードをオフにしても、スレッドの既存のメッセージに影響はありません。新しいメッセージのみがスレッド生成の対象となります。

メンバー管理

設定 説明
メンバーの管理 メンバーを追加または削除できるユーザーを選択します。
カスタムの役割を変更できるユーザー グループの各役割の権限を変更できるユーザーを選択します。
カスタムの役割 グループで使用するカスタムの役割を作成および編集する。カスタムの役割を作成する手順をご覧ください。

グループを共同トレイにする

: 仕事用アカウントまたは学校用アカウントからログインしてこの機能を使用するには、ビジネス向け Google グループが必要です。

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  4. [追加の Google グループの機能を有効にする] で [共同トレイ] を選択します。

グループの名前、説明、メール設定を変更する

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  4. [全般] で変更を加えます。
  5. [変更を保存] をクリックします。

グループのメール オプションを設定する

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. ページ左側で [グループ設定] 次に [メール オプション] を選択します。

  4. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  5. メール オプションを設定します。
    • 件名のプレフィックス - グループからのメールであることがわかるようにします。
    • メールのフッター - ユーザーがメールから Google グループの登録設定にアクセスしたり、投稿を見つけたりできるようになります。
    • 会話モード - 投稿された各メッセージを別々に表示する代わりに、メッセージを件名別にまとめてスレッドとして表示します。
    • 返信の投稿先 - グループのメッセージにメールで返信する際の、デフォルトの送信先です。ここで選択したオプションが、返信メールの [To] フィールドに自動入力されます。返信メールの宛先を手動で変更することも可能です。
  6. [変更を保存] をクリックします。

メンバーの ID の表示方法を設定する

メンバーが表示名で投稿することを許可するか、メンバーと各自の Google プロフィールとのリンクを必須にすることができます。

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  4. ページ左側で [グループ設定] 次に [メンバーのプライバシー] をクリックします。
  5. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  6. 必要な ID 形式を 1 つ選択します。
  7. [変更を保存] をクリックします。

投稿、会話の表示、グループへの参加を行えるユーザーを設定する

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. ページ左側で [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] の順にクリックします。
  4. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  5. グループに対する権限を選択します。
  6. [変更を保存] をクリックします。

メンバーおよび役割を管理できるユーザーを設定する

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. ページ左側で [グループ設定] 次に [メンバー管理] の順にクリックします。
  4. グループに対する権限を選択します。
  5. [変更を保存] をクリックします。

自分の登録設定を変更する

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. 左側のパネルで [メンバー設定] をクリックします。
  4. [登録] で次のいずれかを選択します。
    • メッセージごとにメール — グループにメッセージが投稿されるたびに、そのメッセージがメールで配信されます。
    • 要約 — 最大 150 件のメッセージの要旨が 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
    • ダイジェスト — 最大 25 件の完全なメッセージが 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
    • メールなし — グループからのメールは届きません。

    グループのメッセージの要約またはダイジェストをメールで受け取るには、グループの会話の履歴をオンにする必要があります。

  5. [変更を保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。