定期購入の作成

Google Play の課金サービスを使用すると、コンテンツやサービスについて、ユーザーに定期的に請求を行うアプリ内アイテムを提供できます。これは、定期購入と呼ばれます。定期購入では、Google Play のアプリ内で定期的に料金を請求して、アプリやゲームなどのコンテンツのコレクションといったアイテムを提供できます。

同一のアプリ内で複数の定期購入を提供することができます。定期購入の価格は、許容される価格帯の範囲内で設定する必要があり、変更できません。また、定期購入を非公開にすることはできません。

重要: アプリ内アイテム(管理対象アイテムと定期購入を含む)には、Google Play デベロッパー プログラム ポリシー取引手数料が適用されます。

対応状況

販売者の登録がサポートされている国や地域では、Google Play の課金サービスをご利用いただけます。

サポートされている国や地域にお住まいで、アプリで Google Play の課金サービス機能を初めて使用する場合は、お支払いプロファイルを設定して、Google Play Billing API のドキュメントを確認してください。

作成した定期購入は、最新バージョンの Google Play ストアを使用しているユーザーが利用できるようになります。

定期購入と無料試用期間

  • 週単位: 週単位の定期購入はキャリア決済では請求できません。
  • 1 か月単位
  • 3 か月単位
  • 6 か月単位
  • シーズン単位: シーズン単位の定期購入には開始日と終了日を指定する必要があり、日割り計算が可能です。
  • 年単位

定期購入をアプリに追加する

定期購入を追加する手順は、管理対象アイテムを追加する場合とほぼ同じです。ただし、定期購入については料金を期間単位で設定します。

定期購入を作成する前に、アイテム ID を慎重に設定してください。アイテム ID はアプリに固有のものである必要があり、作成後に変更したり、再利用したりすることはできません。

  • 商品 ID は、先頭を必ず小文字の英字または数字とし、全体をアルファベットの小文字(a~z)、数字(0~9)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)のみで構成する必要があります。
  • : android.test のアイテム ID や、android.test で始まるアイテム ID はすべて使用できません。

定期購入を追加するには:

  1. Play Console にログインします。
  2. すべてのアプリアイコン All applications をクリックします。
  3. アプリを選択します。
  4. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [アプリ内アイテム] をクリックします。
  5. [定期購入] タブ > [定期購入を作成] の順に選択します。
  6. アイテムの詳細を入力します。
    • タイトル: 「睡眠薬」など、アイテムの短い名前(最大 55 文字を入力できますが、常に正しく表示されるように 25 文字以内にすることをおすすめします)。
    • 説明: 「怪物を即時に眠らせる」など、アイテムの長い説明(80 文字以内)。
    • 価格: 現地通貨で価格を入力します。
  7. [ステータス] の横にある [有効] または [無効] を選択します。
    • 購入できるようにするには、アイテムを有効にし、そのアプリを公開する必要があります。
    • テスト アカウントを使用している場合は、有効なアイテムを未公開アプリで利用できます。詳細については、Android デベロッパー サイトをご覧ください。
  8. [保存] をクリックします。

定期購入の価格設定オプション

お試し価格

一定の日数、週数、月数、または請求対象期間に適用される初期価格として、お試し価格を設定できます。たとえば、最初の 3 か月間は毎月 100 円で定期購入できるように設定できます。または、最初の 10 日間にお試し価格として 100 円で提供し、その後、通常の月額料金を提示することができます。

お試し期間終了後は、通常の定期購入価格が適用されます。

要件

  • お試し価格の期間は 3 日~12 か月の間で指定できます。
  • お試し価格は、正しい価格範囲内で、正規の定期購入価格より少ない値を指定してください。
  • シーズン単位の定期購入にお試し価格を設定することはできません。
  • 無料試用とお試し価格の両方を設定している場合、試用期間の終了時にお試し価格がユーザーに対して請求されます。
  • ユーザーが各定期購入アイテムをお試し価格で購入できるのは、1 回のみです。
  • お試し価格の期間が定期購入期間と異なる場合は、1 日あたりのお試し価格が 1 日あたりの正規の定期購入価格よりも低くなるよう設定する必要があります。たとえば、正規の定期購入価格が月額 1500 円(1 日あたり 50 円)である場合、1 週間のお試し価格は 350 円未満になります。1 か月は 30 日として計算します。

お試し価格を設定する

  1. Play Console にログインします。
  2. すべてのアプリアイコン All applications をクリックします。
  3. アプリを選択します。
  4. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [アプリ内アイテム] をクリックします。
  5. [定期購入] タブを選択します。
  6. [お試し価格] の隣に、お試し価格(デフォルト通貨での価格)と適用する日数、週数、月数、または請求対象期間を入力します。
    • 請求対象期間を選択すると、入力した請求対象期間の回数分、お試し価格による請求が繰り返されます。日数、週数、月数を選択した場合、ユーザーは指定した期間中に 1 回だけお試し価格を請求されます。
    • ここで入力した価格を基に、各国の価格が計算されます。地域別の価格を手動で更新するには、[価格を編集] を選択します。
    • 定期購入の市場別価格を管理する方法について詳しくは、アプリ内課金の概要をご覧ください。
  7. 変更を保存します。

無料試用

無料試用を設定すると、ユーザーは購入前に定期購入を試すことができます。無料試用は設定した期間に適用され、この期間が終了すると、定期購入に設定された期間と価格を使用して、自動的に通常の定期購入に切り替わります。シーズン単位の定期購入を含む、すべてのタイプの定期購入で無料試用を設定できます。
: 2018 年 1 月 10 日以降、ユーザーが無料の試用期間を利用できるのは、アプリで提供されるすべての定期購入につき 1 回のみになります。

要件

  • 定期購入のアイテムごとに 1 つの無料試用を作成できます。
  • それぞれの定期購入 SKU に試用期間を設定する必要があります。
  • 無料試用の料金は常に 0 円です。
  • 試用期間は 3 日以上であることが必要です。
    • 試用期間はいつでも変更できますが、更新された試用期間を利用できるのは、新規の定期購入のみです。
  • ユーザーが無料の試用期間を利用できるのは、この無料試用が適用されているアイテムをこれまでに定期購入していない場合のみです。

無料試用を設定する

  1. Play Console にログインします。
  2. [すべてのアプリ] All applications をクリックします。
  3. アプリを選択します。
  4. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [アプリ内アイテム] をクリックします。
  5. [定期購入] タブを選択します。
  6. [定期購入の設定] をクリックします。
  7. [定期購入ごとの無料試用] チェックボックスをオンにします。

ユーザーが無料試用を開始する方法

無料試用を開始するには、ユーザーは Google Play で定期購入の標準的な手続きを完了する必要があります。最初の期間には無料試用が適用されるため、利用開始当初は請求されません。また、ユーザーには、定期購入に無料の試行期間が適用されることがメールで通知されます。Google Play には 0 円の取引として記録され、試用期間を通して、または定期購入が解約されるまで、この定期購入は購入済みとして設定されます。

試用期間が終了した翌日に、ユーザーの支払い方法に対して、通常の定期購入の料金が請求されます。この請求は、定期購入に設定された期間に基づいて繰り返し行われます。

: ユーザーは試行期間中いつでも定期購入を解約できます。解約した場合は、試行期間が終了するまで定期購入は有効のまま維持され、請求は行われません。

シーズン単位の定期購入

シーズン単位の定期購入を追加するときは、請求対象期間の開始後に申し込んだユーザーに対し、初回の請求対象期間の価格を日割り計算できます。ユーザーは、次回の定期購入の各シーズンの開始時に、定期購入の全額を支払うことになります。

10 月 1 日に開始するシーズン単位の定期購入で、割引価格を設定する方法の例を示します。

  • 10 月 1 日以降に申し込むユーザーは 18,000 円
  • 11 月 1 日以降に申し込むユーザーは 15,000 円
  • 12 月 1 日以降に申し込むユーザーは 13,000 円

日割り計算の価格設定ポリシー

  • 日割り計算価格は何度でも更新できますが、既存の定期購入者は元の価格設定スケジュールに従うことになります。
  • 日割り計算価格は定期購入の開始日と終了日の間にのみ設定できます。

定期購入への変更を管理する

アップグレードまたはダウングレード

アプリ内定期購入では、ユーザーが現行の定期購入をアプリで提供される別のプランにアップグレードまたはダウングレードできる機能を追加できます。たとえば、月単位の定期購入から年単位の定期購入への変更や、基本の定期購入からプレミアムの定期購入へのアップグレードなどが可能です。

プランを変更したユーザーに対しては、以前のプランについての払い戻しは行いません。現行の定期購入で未使用の期間が残っている場合、新しい定期購入プランの最初の請求の開始が先送りされます。

お支払いが承認されなかった場合の猶予期間とアカウントの保留

猶予期間を設定すると、定期的なお支払いが不承認となった場合に定期購入者がお支払い方法を更新できる機会が設けられるようになります。このように設定しておくと、定期購入者のクレジット カードが有効期限切れになった場合や、プリペイド カードを使用して定期購入している場合、お支払い情報を更新していないためにカードが無効になった場合に役立ちます。

お支払いの不承認と猶予期間

猶予期間の開始時点には、お支払いが不承認となったことが定期購入者にメールで通知されます。定期購入者には、定期購入を中断しないでお支払い方法を更新するための猶予期間が与えられます。定期購入者がお支払い方法を有効な方法に更新すると、次回の定期購入の請求日程は以前と同様になります。

2015 年 4 月 28 日より後に作成された新しい定期購入アイテムについては、次の猶予期間がデフォルトで設定されます。

  • 週単位の定期購入: 3 日間
  • その他の単位の定期購入: 7 日間

猶予期間の変更

個々の定期購入について猶予期間(3 日間または 7 日間)を変更したり、猶予期間を無効にしたりできます。

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [アプリ内アイテム] をクリックします。
  4. [定期購入] タブを選択します。
  5. 定期購入を選択します。
  6. 猶予期間の設定を変更します。

猶予期間の終了

猶予期間の終了時点で定期購入者のお支払い方法がまだ不承認となっている場合、定期購入が解約され、定期購入コンテンツにアクセスできなくなります。

コンテンツへのアクセスの制限

定期購入者の定期的なお支払いが不承認となった場合、Google がお支払い処理を再度試みる間、30 日間にわたって、その定期購入者の定期購入を一時的に停止し、コンテンツへのアクセスを制限できます。このアカウントの一時停止機能を有効にした場合、アプリ内のすべての定期購入に適用されます。

定期購入コンテンツへのアクセスを制限するには:

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [アプリ内アイテム] をクリックします。
  4. [定期購入] タブを選択します。
  5. [定期購入の設定] セクションを展開します。
  6. [アカウントの一時停止を有効にする] チェックボックスをオンにします。
解約

ユーザー エクスペリエンス

ユーザーが定期購入を途中で解約した場合、払い戻しは行われません。その代わりに、すでに支払いの済んだ定期購入期間が終了するまで、該当の定期購入アイテムにアクセスできます。

アプリで定期購入を再開する

定期購入を解約したユーザーが定期購入を再開しやすくするため、現行の定期購入期間が終了する前でも再度定期購入できる機能をアプリに追加することができます。現行の定期購入期間が終了する前にユーザーが再度定期購入を行った場合、請求額は 0 円と表示されます。

Play ストア アプリから定期購入を再開する

ユーザーが定期購入を再開できるようにすると、ユーザーはまだ有効期限が切れていない解約済みの定期購入へのアクセスを Play ストア アプリから復元できます。ユーザーはアクセスを復元する際に次回のお支払い日を確認し、デベロッパーには通知が届きます。

ヒント: この機能を効果的に使用するには、リアルタイム デベロッパー通知を設定することをおすすめします。

ユーザーが定期購入を再開できるようにするには:

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [ストアでの表示] > [アプリ内アイテム] をクリックします。
  4. [定期購入] タブを選択します。
  5. [定期購入の設定] セクションを展開します。
  6. [ユーザーが定期購入を再開することを許可します] オプションの横にあるチェックボックスをオンにします。

デベロッパーの責任

  • コンテンツ プロバイダまたはアクセス プロバイダは、ユーザーに対して直接、より柔軟な払い戻しポリシーを実施することもできます。その場合は、プロバイダの責任において、そのポリシーが該当法に準拠していることを確認し、払い戻しポリシーを変更する際はユーザーに通知します。
  • ユーザーがデベロッパーに直接、定期購入の解約を依頼することもあります。このような場合は、サーバー側の API を使用してサーバーからユーザーの定期購入を直接解約できます。
  • 定期購入については、1 人でも利用しているユーザーがいる限りサポートを継続する必要があります。定期購入を利用しているユーザーがいるにもかかわらず、デベロッパーがサポートを提供しない場合は、そのデベロッパーのアカウントが停止となり、デベロッパーのアカウントから該当ユーザーの定期購入の払い戻しが行われます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。