定期購入の作成

デベロッパー ポリシー センターの定期購入に関するポリシーを参照して、アプリが最新の変更内容に準拠していることをご確認ください。

Google Play の課金システムを使用すると、コンテンツやサービスについて、ユーザーに定期的に請求を行うアプリ内アイテムを提供できます。これは、定期購入と呼ばれます。定期購入では、Google Play のアプリ内で定期的に料金を請求して、アプリやゲームなどのコンテンツのコレクションといったアイテムを提供できます。

同一のアプリ内で複数の定期購入を提供することができます。定期購入の価格は、適正な価格帯の範囲内で設定する必要があります。また、定期購入を非公開にすることはできません。

重要: アプリ内アイテムと定期購入には、Google Play デベロッパー プログラム ポリシーサービス手数料が適用されます。

対応状況

Google Play の課金システムは、販売者の登録がサポートされている国や地域でご利用になれます。

サポート対象の国 / 地域にお住まいで、ご自身のアプリで Google Play の請求システム機能を初めて使用する場合は、お支払いプロファイルを設定し、Google Play Billing System API のガイドをご確認ください。

作成した定期購入は、最新バージョンの Google Play ストアを使用しているユーザーが利用できるようになります。

定期購入と無料試用期間

  • 週単位
  • 1 か月単位
  • 3 か月単位
  • 6 か月単位
  • 年単位
注: 週単位の定期購入で、キャリア決済(DCB)を使用した請求を行えるようになりました。詳しくは、Google Play でご利用いただけるお支払い方法をご覧ください。

定期購入をアプリに追加する

定期購入を追加する手順は、アプリ内アイテムを追加する手順とほぼ同じです。ただし、定期購入の場合は、料金を期間単位で設定します。

定期購入を作成する前に、アイテム ID を慎重に設定してください。アイテム ID はアプリに固有のものである必要があり、作成後に変更したり、再利用したりすることはできません。

  • アイテム ID は、先頭を必ず小文字の英字または数字とし、全体をアルファベットの小文字(a~z)、数字(0~9)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)のみで構成する必要があります。
  • : android.test というアイテム ID や、android.test で始まるアイテム ID はすべて使用できません。

定期購入を追加する前に、Google の定期購入のポリシーをご覧ください。

定期購入を追加するには:

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. [定期購入を作成] をクリックします。
  3. 定期購入の詳細を入力します。
    • 名前: 「睡眠薬」など、アイテムの短い名前(最大半角 55 文字(全角 27 文字)を入力できますが、常に正しく表示されるように半角 25 文字(全角 12 文字)以内にすることをおすすめします)。
    • 説明: 「怪物を即時に眠らせる」など、アイテムの長い説明(半角 80 文字、全角 40 文字まで)。
    • 特典: 定期購入の内容を表す特典を最大 4 つ指定できます(それぞれ半角 40 文字、全角 20 文字まで)。
      • 特典では、定期購入の内容(「テレビ番組や映画をすべて視聴可能」など)をユーザーにわかりやすく伝える必要があります。
      • すべてのユーザーがプロモーション価格や無料試用の対象となるわけではないため、[特典] 内で無料試用や価格について言及することはできません。たとえば、「7 日間無料でお試し」などは許可されません。
  4. [価格] に、料金の詳細を入力します。
    • 請求対象期間: 請求明細の間隔を選択します。
    • デフォルトの価格: デフォルト価格を入力するか、既存の価格設定テンプレートからインポートします。各国の現地価格を生成する際に使用します。現地価格は、最新の為替レートと現地の一般的な価格の付け方に基づいて決定されます。現地通貨での支払いに対応していない国では、デフォルトの価格が使用されます。
  5. [定期購入の設定] で、以下の追加オプションについて選択、定義します。
    • 無料試用: ユーザーが支払いを行う前に定期購入を試すことができるようにします。[有効] を選択した場合は、無料で利用できるようにする日数を選択します。詳細については、下記の説明をご覧ください。
    • お試し価格: 新しく定期購入を申し込むユーザーに対して、特定の期間、割引価格を提供できます。お試し価格を提供する場合は、適正な価格帯の範囲内にする必要があり、1 日あたりの価格が通常価格よりも低くなるように指定する必要があります。詳細については、下記の説明をご覧ください。
    • 猶予期間: 定期購入をアクティブにしたまま、支払いに関する問題を解決するための時間をユーザーに与えることができます。猶予期間として、3 日、7 日、14 日のいずれかを指定できます。詳細については、下記の説明をご覧ください。
    • 再度定期購入: 再度定期購入機能を有効にしておくと、ユーザーは解約後に Play ストアから定期購入を再開できるようになります。詳細については、下記の説明をご覧ください。
      • 重要: 再度定期購入を利用できるのは、すべてのアクティブな APK の中で Billing Library 2.0 を使用しているアプリだけに限られます。
  6. [保存] をクリックします。
  7. [有効にする] をクリックすると、作成した定期購入がアクティブになります。
    • 購入可能な状態にするには、アイテムがアクティブであり、対象アプリが公開されている必要があります。
    • テスト アカウントを使用している場合は、有効なアイテムを公開停止中のアプリで利用できます。詳細については、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

定期購入の価格設定オプション

定期購入の価格

アプリ内の特定のコンテンツやサービスを、特定の期間にわたり、期間単位の価格でユーザーに表示することができます。この場合は、ユーザーが解約するまで、選択した頻度で期間単位の価格が請求されます。

たとえば、1 月 1 日に 1,000 円の定期購入を 1 年分購入したユーザーは、12 月 31 日まで定期購入にアクセスでき、次の更新日に 1,000 円が請求されます。

要件

  • デベロッパーは、アプリ内で提供する定期購入サービスまたはコンテンツについて、透明性を保つ必要があります。
  • すべてのアプリ内プロモーションまたはスプラッシュ画面で提供内容を明確に伝えることが重要です。
  • 定期購入の条件(定期購入の費用、請求の期間と頻度、アプリを利用するうえで定期購入が必須かどうかなど)を明示する必要があります。ユーザーが追加の操作を行わなくても、これらの情報をすべて確認できるようにしてください。
  • 定期購入の価格は、適正な価格帯の範囲内であることが必要です。
  • 定期購入のタイトルまたは SKU の名前は、その内容を正確に反映したものであることが必要です。たとえば、定期購入に「無料トライアル」という名前は付けないでください。
お試し価格

一定の日数、週数、月数、または請求対象期間に適用される初期価格として、お試し価格を設定できます。たとえば、最初の 3 か月間は毎月 100 円で定期購入できるように設定できます。または、最初の 10 日間にお試し価格として 100 円で提供し、その後、通常の月額料金を提示することができます。

お試し期間終了後は、通常の定期購入価格が適用されます。

要件

  • 特典の条件(期間、価格設定、利用できるコンテンツやサービスなど)について明確かつ正確に説明する必要があります。 
  • お試し期間が終了した場合にどうなるか(ユーザーに請求される金額や解約方法など)を説明します。
  • お試し価格の期間は 3 日~12 か月の間で指定できます。
  • お試し価格は、適正な価格帯の範囲内で、正規の定期購入価格より少ない値を指定してください。
  • 無料試用とお試し価格の両方を設定している場合、試用期間の終了時にお試し価格がユーザーに対して請求されます。
  • ユーザーが各定期購入商品(SKU)をお試し価格で購入できるのは、1 回のみです。
  • お試し価格の期間が定期購入期間と異なる場合は、1 日あたりのお試し価格が 1 日あたりの正規の定期購入価格よりも低くなるよう設定する必要があります。たとえば、正規の定期購入価格が月額 1500 円(1 日あたり 50 円)である場合、1 週間のお試し価格は 350 円未満になります。1 か月は 30 日として計算します。

詳細と例については、デベロッパー ポリシー センターの無料試用とお試し特典をご覧ください。

お試し価格を設定する

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. [お試し価格] の横で、以下のいずれかを選択します。
    • 1 回限りのお支払い: 新しく定期購入を申し込むユーザーは、1 回限りのお試し価格を支払うことで、指定期間の利用資格を得ることができます。指定期間の終了後は、通常価格になります。
    • 定期的なお支払い: 新しく定期購入を申し込むユーザーは、指定の期間、請求対象期間ごとにお試し価格を支払うことで利用資格を得ることができます。指定期間の終了後は、通常価格になります。
  3. ステップ 2 で [1 回限りのお支払い] を選択した場合は、対象とする期間を入力して、[]、[週間]、[か月] のいずれかを選択します。ステップ 2 で [定期的なお支払い] を選択した場合は、お試し価格の請求が定期的に発生する月次請求対象期間の回数を入力します。 
    • 注: 請求対象期間ごとの定期的なお支払いを選択した場合、入力した請求対象期間の回数分、お試し価格の請求が繰り返されます。1 回限りのお支払いを選択した場合、ユーザーは、指定期間(日付単位、週単位、月単位のいずれか)に 1 回だけお試し価格が請求されます。
  4. [価格を設定] をクリックして、お試し価格をデフォルト通貨で入力します。
    • ここで入力した価格を基に、各国の現地価格が計算されます。地域別の価格を手動で更新するには、[価格を編集] を選択します。
    • 各国の定期購入価格を管理する方法については、アプリ内アイテムの設定オプションをご覧ください。
  5. [価格を適用] をクリックします。
  6. 変更内容を保存します。
無料試用
無料試用を設定すると、ユーザーは購入前に定期購入を試すことができます。無料試用は設定した期間に適用され、この期間が終了すると、定期購入に設定された期間と価格を使用して自動的に正規の定期購入に切り替わります。すべてのタイプの定期購入で無料試用を設定できます。
: 2018 年 1 月 10 日以降、デフォルトではアプリで提供されるすべての定期購入において、ユーザーが無料の試用期間を利用できるのは 1 回のみになります。定期購入商品ごとに無料試用を提供したい場合は、Google Play Console で設定を変更できます。

要件

  • 次のことをユーザーに知らせる必要があります。
    • 無料試用で利用できるコンテンツやサービス
    • 無料試用が有料の定期購入に切り替わる方法とタイミング
    • 有料の定期購入の料金
    • 有料の定期購入への移行を希望しない場合の解約方法
  • 定期購入商品ごとに 1 回の無料試用を作成できます。
  • それぞれの定期購入 SKU に試用期間を設定する必要があります。
  • 無料試用の料金は常に 0 円です。
  • 試用期間は 3 日以上にする必要があります。
    • 試用期間の変更はいつでも可能ですが、その更新された試用期間を利用できるのは、新規の定期購入のみとなります。
  • ユーザーが無料の試用期間を利用できるのは、対象となっている商品をこれまでに定期購入していない場合のみです。

詳細と例については、デベロッパー ポリシー センターの無料試用とお試し特典をご覧ください。

無料試用を設定する

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. [定期購入の設定] で、[定期購入の設定を管理] をクリックします。
  3. [定期購入のオプション] で、[無料試用] の横にある下矢印をクリックして、[有効] を選択します。
  4. ユーザーが支払いを行う前に定期購入を試すことができる日数を入力します(3 日以上にする必要があります)。
  5. 変更内容を保存します。

ユーザーが無料試用を開始する方法

無料試用を開始するには、ユーザーは Google Play で定期購入の標準的な手続きを完了する必要があります。最初の期間には無料試用が適用されるため、料金は請求されません。また、ユーザーには、定期購入に無料の試行期間が適用されることがメールで通知されます。Google Play には 0 円の取引として記録され、試用期間を通して、定期購入が解約されるまで、この定期購入は購入済みとして設定されます。

試用期間が終了した翌日に、ユーザーのお支払い方法に対して正規の定期購入価格が請求されます。この請求は、定期購入に設定された期間に基づいて繰り返し行われます。猶予期間が設定されていない場合でも、お支払いステータスは 24 時間ほど保留中として表示されることがあります。

: こうした試用期間中のいずれかの時点でユーザーが定期購入を解約した場合、当該の定期購入は試用期間が終了するまで有効なままとなり、請求は行われません。

注目の定期購入

定期購入をアプリ内で販売するだけでなく、「注目の定期購入」の機能を利用して Play ストアから直接、おすすめの SKU を販売することもできます。

Google の調査によると、定期購入を Play ストアから直接販売する場合、定期購入者の増加につながる可能性がある一方で、インストール数が減少するおそれもあります。注目の定期購入を設定する前には、こうしたトレードオフがアプリに適したものであるかどうかを慎重に検討することをおすすめします。たとえば、アプリ内の多くのコンテンツに定期購入者しかアクセスできないようになっているアプリでは、注目の定期購入は有用な選択肢となるでしょう。

注: 2020 年 2 月の時点で、この機能は米国でのみ有効です。

要件

  • ご使用のアプリが Billing Library 2.0 以降をサポートしている必要があります。Billing Library について詳しくは、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

  • アプリに purchase ack API を実装する必要があります。purchase ack API の実装について詳しくは、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

  • 定期購入名は、Play ストアの掲載情報ページに表示されるものであるため、その定期購入がどのようなタイプのアイテムであるかを正確に表す名前を入力する必要があります。たとえば、「無料試用」を定期購入の名前にすることはできません。適切な定期購入名としては、「月間プレミアム VIP 定期購入」のような名前を付けます。

  • 定期購入の説明では、その定期購入の特色を正確に記述する必要があります。「月間プレミアム VIP 定期購入」のような定期購入名を単にそのまま説明欄にも入力することは避けてください。定期購入のメリットを強調し、定期購入によってどのようなコンテンツが提供されるかをユーザーにわかりやすく示すよう説明することをおすすめします。たとえば、「ご用意しているテレビ番組や映画をすべて広告なしでお楽しみいただけます。ご視聴にはお好きなデバイスをお使いになれます。」のようにしてください。

注目の定期購入を設定する

注目の定期購入を設定する前に、該当の定期購入について、ストアの掲載情報ページに適切な名前と説明が記載されていること、他の言語にローカライズ済みであることを確認します。この情報は、ストア掲載情報ページ上でユーザーに表示されることになります。

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. [注目の定期購入] で、[作成] をクリックして新しい注目の定期購入を設定するか、既存の注目の定期購入の横にある右矢印をクリックして内容を変更します。
  3. [+ 国 / 地域] をクリックして、ターゲットにする場所を選択します。
  4. [定期購入] で、[+ 定期購入を追加] をクリックします。注目の定期購入は 1~3 個選択できます。選択した定期購入が正しくローカライズされていることを確認してください。
  5. [サーフェス] で、注目の定期購入を提供するサーフェスを選択します。サーフェスごとに、以下の 3 つのオプションのいずれかを指定できます。
    • すべてで使用: 要件を満たしているすべてのユーザーが、注目の定期購入を表示、購入できます。
    • ライセンス テスターに対して有効: 注目の定期購入を表示、購入できるのは、ライセンス テスターだけに限られます。このオプションを使用すると、定期購入を実際に公開して販売する前に、テストを行うことができます。
    • 使用しない: どのユーザーも、注目の定期購入を利用できません。デフォルトでは、このオプションが選択されています。
  6. 変更内容を保存します。

ユーザーが注目の定期購入を利用する方法

注目の定期購入を有効にすると、この機能に対応している国の Play ストア ユーザーに対し、ストアの掲載情報ページでその定期購入の名前、説明、価格が表示されます。ユーザーは、[インストール](定期購入せずにアプリをダウンロードする場合)か、[無料試用&インストール](定期購入を申し込む場合)を選ぶことができます。

ユーザーが [無料試用&インストール] を選択した場合、定期購入の申し込みを求めるメッセージが表示されます。購入の手続きが正常に完了すると、アプリが自動的にユーザーのデバイスにインストールされます。

注: ユーザーが無料試用の利用条件を満たしていない場合には、[無料試用&インストール] ではなく [定期購入&インストール] が表示されます。

定期購入の変更を管理する

価格変更

ユーザー エクスペリエンス

既存の定期購入の価格を変更すると、新規ユーザーと既存の定期購入者にどう影響するのかを以下に示します。

  • 新規ユーザーは、定期購入の新しい価格がすぐに表示され、Google Play で定期購入できます。
  • 既存の定期購入者に対して値上げが行われる場合には、価格が変更される 7 日以内にメールと Google Play の通知で連絡されます。定期購入者は価格の変更に 30 日以内に同意する必要があります。同意しない場合、期限経過後の次の更新日に定期購入が解約されます。
    • 重要: 定期購入者が価格変更に同意しない場合は、値上げによって離脱が増加することがあります。影響を受ける定期購入者に連絡して、7 日以内に値上げを通知し、変更について説明し、定期購入で提供されている価値についてお客様に再確認することをおすすめします。
    • 注: ユーザーの次回更新日までに複数回価格が変更された場合、ユーザーは最新の価格変更に対応するだけで済みます。
  • 既存の定期購入者に対して値下げが行われる場合には、通知が送信され、次回の更新日から引き下げられた価格が適用されます。

定期購入の価格を変更する

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. 変更する定期購入の横にある [定期購入を確認] をクリックします。
  3. [価格] で、[価格を編集] をクリックして、更新後の価格を入力します。
  4. [価格を適用] をクリックします。
  5. 変更内容を保存します。

価格変更の管理に関するヒント

  • 定期購入の価格を変更すると、元に戻すことはできません。
  • 定期購入の価格の変更は何度でも行えますが、頻繁に変更することはおすすめできません。価格を変更するたびに定期購入者を失う可能性があるため、価格変更については慎重に計画してください。
    • : 定期購入の価格を短期間で 2 回変更した場合、その変更後の価格が有効になるには、定期購入者が最初の価格変更に同意することと、さらに 2 回目の価格変更にも同意することが必要となります。
  • 既存の定期購入者にある価格を提示し、新規ユーザーに別の価格を提示したい場合は、新規ユーザーに提示する価格で新たな定期購入を作成してください。これにより、既存の定期購入者は、価格変更に同意する必要なく、引き続き定期購入を更新できます。
アップグレードまたはダウングレード

アプリ内定期購入では、ユーザーが現行の定期購入を、アプリで提供される別のプランにアップグレードまたはダウングレードできる機能を追加できます。たとえば、月単位から年単位の定期購入への変更や、基本の定期購入からプレミアムの定期購入へのアップグレードなどが可能です。

プランを変更したユーザーに対しては、以前のプランについての払い戻しは行いません。現行の定期購入で未使用の期間が残っている場合、新しい定期購入プランの最初の請求の開始が先送りされます。

猶予期間

猶予期間を設定しておくと、定期購入ユーザーは、定期的なお支払い方法が不承認となった場合でも、アクセスを維持したまま支払い方法を更新することができます。猶予期間は、定期購入ユーザーのクレジット カードが有効期限切れになった場合や、プリペイド カードを使用して定期購入していた場合、お支払い情報を更新していないためにカードが無効になった場合などに役立ちます。

支払い方法の不承認と猶予期間

猶予期間の開始時、対象の定期購入ユーザーは、支払い方法が不承認となったことを通知するメールを受信します。定期購入者には、定期購入を中断しないでお支払い方法を更新するための猶予期間が与えられます。定期購入者がお支払い方法を有効な方法に更新すると、次回の定期購入の請求日程は以前と同様になります。

新しい定期購入商品については、次の猶予期間がデフォルトで設定されます。

  • 週単位の定期購入: 3 日間
  • 月単位の定期購入:7 日間
  • その他の単位の定期購入: 14 日間

猶予期間の変更

定期購入ごとに、猶予期間を変更したり(3 日間、7 日間、14 日間、30 日間)、猶予期間を無効にしたりすることができます。

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. 変更する定期購入の横にある [定期購入を確認] をクリックします。
  3. 猶予期間の設定を変更します。
  4. 変更内容を保存します。

猶予期間の終了

猶予期間が終了しても、定期購入ユーザーのお支払い方法がまだ不承認となっている場合、その定期購入は「アカウント一時停止」の状態になり、定期購入ユーザーは定期購入コンテンツにアクセスできなくなります。

支払い方法が不承認となった場合のアカウント一時停止

定期購入ユーザーの定期的なお支払い方法が不承認となった場合、Google が支払い処理を再試行している間、その定期購入は一時停止状態になり、30 日間アクセスが制限されます。このアカウント一時停止機能は必須であり、アプリ内のすべての定期購入に適用されます。

アカウント一時停止の実装に関する詳細については、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

定期購入の一時停止

ユーザーが定期購入を一時停止できるようにしておくと、自発的チャーンを削減し、定期購入の解約に代わる手段をユーザーに提供することができます。定期購入の一時停止機能はデフォルトで有効になっています。定期購入の一時停止機能を有効にした場合、アプリ内の年間 SKU を除くすべての定期購入に適用されます。なお、定期購入一時停止機能を有効にするには、アカウント一時停止機能を有効にする必要があります。定期購入の一時停止機能を有効にする手順は以下のとおりです。

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. [定期購入の設定を管理] をクリックします。
  3. [一時停止] の横にある [有効] を選択します。
  4. 変更内容を保存します。
解約

ユーザー エクスペリエンス

ユーザーが定期購入を途中で解約した場合、払い戻しは行われません。ただし、前払い済みの定期購入期間が終了するまでは、購入済み定期購入にアクセスできます。

アプリ内で定期購入を再開する

定期購入を解約したユーザーが定期購入を再開しやすくするため、現行の定期購入期間が終了する前でも再度定期購入できる機能をアプリに追加することができます。現行の定期購入期間が終了する前にユーザーが定期購入を再開した場合、請求額は 0 円と表示されます。

Play ストア アプリから定期購入を再開する

ユーザーが定期購入を再開できるようにしておくと、ユーザーは、まだ有効期限が切れていない解約済み定期購入へのアクセスを Play ストア アプリから復元できるようになります。アクセスを復元する際、ユーザーは次回の支払い日に関する同意を行い、その通知がデベロッパーに送信されます。

ヒント: この機能を効果的に使用するため、リアルタイム デベロッパー通知をセットアップしておくことをおすすめします。

ユーザーが定期購入を再開できるようにするには:

  1. Google Play Console を開いて、[定期購入] ページ([収益化] > [商品] > [定期購入])に移動します。
  2. [定期購入の設定を管理] をクリックします。
  3. [再度定期購入] の横にある [全ユーザーに対し有効] を選択します。
  4. 変更内容を保存します。

デベロッパーの責任

  • デベロッパーは、ユーザーが定期購入を管理または解約する方法をアプリに明示しておく必要があります。
  • コンテンツ プロバイダまたはアクセス プロバイダは、ユーザーに対して直接、より柔軟な払い戻しポリシーを実施することもできます。その場合は、プロバイダの責任において、そのポリシーが適用される法律に準拠していることを確認し、払い戻しポリシーを変更する際はユーザーに通知します。
  • ユーザーがデベロッパーに直接、定期購入の解約を依頼することもあります。このような場合は、サーバー側の API を使用してサーバーからユーザーの定期購入を直接解約できます。
  • 定期購入については、1 人でも利用しているユーザーがいる限りコンテンツの提供を継続する必要があります。定期購入を利用しているユーザーがいるにもかかわらずデベロッパーが提供を続けない場合、そのデベロッパーのアカウントは停止となり、該当のユーザーに対してデベロッパーのアカウントから定期購入の払い戻しが行われます。

詳細と例については、デベロッパー ポリシー センターの管理と解約をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
92637
false