動的検索広告の不承認の問題を解決する

動的広告ターゲットのステータスは、ターゲットによって広告を掲載できているかどうかを示します。動的広告ターゲットで広告を掲載できていない場合は、ステータスを使って問題の性質を特定することができます。

以下のステータスは、Google 広告のページメニューの [動的広告ターゲット] に掲載されています。この記事では、各ステータスの意味と問題の解決方法について説明します。

動的検索広告のステータスの種類

ステータスには次のような種類があります。

ステータスの種類
広告主様の管理下にあるステータス
  • キャンペーン停止中
  • 削除済み

Google のシステムが広告主様のウェブページを
処理中である場合のステータス

  • 保留
変更が必要な場合のステータス
  • 推定入札単価(1 ページ目)を下回る
  • ドメインの不一致
  • 無効な URL
  • 一致するページがありません
  • 一致するクエリがありません
  • ページが除外自動ターゲット設定によってブロックされています
  • ページをクロールできません
  • リダイレクトまたはクロスドメイン
  • URL がインデックスに登録されていません
他の要素の影響を受けるステータス
  • ターゲットの重複

ステータスの意味と対処方法

動的広告ターゲットのステータスでは、ターゲットによってユーザーに広告を表示できているかどうかを確認できます。ターゲットは通常、次の 3 つの状態のいずれかになります。

  • 広告が表示されている
  • キーワード、広告グループ、またはキャンペーンを一時停止または削除したため、広告が表示されていない
  • ターゲット、ウェブサイト、または設定に問題があるため、広告が表示されていない

キーワードの各ステータスと、その意味や対応方法は次のとおりです。

動的広告ターゲットのステータス 意味 次のステップ
推定入札単価(1 ページ目)を下回る 入札単価が低すぎるため、検索結果の 1 ページ目に広告が表示されていません。 入札単価を引き上げます。入札戦略のステータスの詳細
不承認: ドメインの不一致 キャンペーン設定で指定したドメインが、URL_EQUALS の動的広告ターゲットで使用されているドメインと一致しません。 動的検索広告の設定で指定しているドメインが、動的広告ターゲットで使用されているドメインと同じであることを確認します。
不承認: 無効な URL URL_EQUALS のターゲット URL が無効です。 URL が有効で、ブラウザで読み込まれるかどうかを確認します。
不承認: ページをクロールできません 動的検索広告では、Google のウェブページ クローラを使用してウェブサイトからデータを収集し、ウェブサイトの見出しとターゲットを生成します。URL_EQUALS でターゲティングしているウェブページをクロールできない場合、そのウェブページは動的検索広告で使用できません。商品のクロールに関する一般的な問題の詳細

GoogleBot と AdsBot は、動的検索広告で使用する情報を Google 広告のシステムに提供します。ウェブ担当者の方は、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドに沿って、これらのクローラがウェブページでブロックされないようにするとともに、クローラが利用する情報を改善してください。

詳しくは、動的広告グループのクロールできないランディング ページのトラブルシューティングをご覧ください。

ウェブサイトで AJAX を使用している場合は、Google がウェブサイトにアクセスしやすくするための方法をご覧ください。

Search Console へのサイトの登録方法の詳細

不承認: リダイレクトまたはクロスドメイン URL_EQUALS のターゲットでリダイレクトは使用できません。

URL_EQUALS の動的広告ターゲットでは、すべてのリダイレクトの後にある最終ページ URL をターゲットとして設定するようにします。ステータスにカーソルを合わせると、リダイレクト URL が表示されます。

たとえば、https://example.com/home.html で広告を配信する場合、動的広告ターゲットにこの URL を正確に入力し、クリエイティブや設定のトラッキング パラメータの部分にトラッキング情報を含めます。

有効: 保留

1 つ目の動的広告グループを設定してから広告の掲載が始まるまで、最大 24 時間かかります。

また、このステータスは動的広告グループの設定が完了していない場合にも表示されます。

動的広告グループに動的検索広告が含まれていることを確認します。広告グループが正しく設定されていることを確認したら、24 時間待ちます。
有効(制限付き): 一致するページがありません このステータスは、Google 広告のシステムが、動的広告ターゲットと一致する条件を満たすページを見つけられないことを意味します。その原因には、ターゲットの設定に問題がある、キャンペーンの設定が非対応である、動的広告グループに広告が含まれていない、ページをクロールできないなど、さまざまな問題が考えられます。 設定とターゲットを確認します。以下の点についてチェックしてください。
  • 動的広告ターゲットが正確で、ターゲットとするページと一致していることを確認します。たとえば、動的広告ターゲットが「URL が次に等しい」で設定されている場合、その URL が存在しており、正しく入力されていることを確認します。
  • 動的広告グループに広告が含まれていることを確認します。
  • ドメインとキャンペーンの言語設定が正確で、条件と一致していることを確認します。たとえば、すべてのウェブページがフランス語であるにもかかわらず、動的検索広告の設定でドイツ語がターゲットになっている場合は、動的広告ターゲットで広告を掲載できません。
  • Google クローラによる URL のインデックス化がブロックされていないか確認します。たとえば、ウェブサイトで robots.txt を使用して Googlebot によるウェブページのクロールをブロックしている場合、ターゲットで広告を掲載できない場合があります。ウェブサイトで Googlebot をブロックしているものの、AdsBot はブロックしていない場合、ページフィードによるターゲット設定をして、インデックス化のプロセスを回避し、ページをキャンペーンに直接追加することができます。詳しくは、下記の「不承認: ページをクロールできません」のステータスの対処法をご覧ください。
有効(制限付き): 一致するクエリがありません 動的検索広告は、広告配信に適した見出しやクエリの特定のために、AdsBot がクロールできるウェブページに適しています。このステータスは、Google 広告のシステムが、ターゲットとなるページで広告を配信するためのクエリを特定できないことを示します。

クローラがウェブサイトにアクセスできるようにするための方法について、詳しくは検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドをご覧ください。

また、ウェブページのタイトルが簡潔で、わかりやすいものであるようにしてください。Google がウェブページを使用して動的検索広告の見出しを生成しやすくなるようにするためのヒントをチェックし、ウェブページの見出しを確認してください。

有効(制限付き): ターゲットの重複

より範囲の狭いターゲット、またはさらに成果が期待されるターゲットとの重複により、ターゲットが無効になっているか、トラフィックが制限されている場合があります。

トラフィックは、より大きな成果が期待されるターゲットによってウェブページに誘導されています。特に対応は必要ありません。
有効(制限付き): ページが除外動的広告ターゲットによってブロックされています

除外動的広告ターゲットがターゲットと重複しています。これにより、ターゲットが無効になっています。

たとえば、「在庫なし」の PAGE_CONTENT の除外設定を追加した場合、すべてのウェブページのテキストに「在庫なし」が含まれていると、動的広告ターゲットは無効になります。

除外動的広告ターゲットをチェックし、ターゲットとの重複がないかどうかを確認します。[ウェブサイトのカバレッジ] 列を確認すると、除外動的広告ターゲットの対象となるページの割合を確認できます。広告のターゲット設定の詳細

動的検索広告のページフィードのステータス

ページフィードのステータスを確認するには、次の手順で操作します。

  1. ツールアイコン をクリックします。
  2. [ビジネスデータ] をクリックします。
  3. ステータスを確認するフィードをクリックします。
  4. [ステータス] の下に情報が表示されます。

ページフィードのエントリの各ステータスと、その意味や対応方法は次のとおりです。

動的広告ターゲットのステータス 意味 次のステップ
承認済み ページフィードの URL が有効になっており、動的広告ターゲットと配信されます。 こちらのページの手順に沿って、ページフィードの URL をターゲットとする動的広告グループを設定します。
承認済み(制限付き) 指定された URL は、同じドメイン内のウェブページにリダイレクトされます。

同じドメイン内でリダイレクトされる URL は配信可能です。ただし、広告を配信するページをターゲットに設定することをおすすめします。

ページフィードの URL を確認し、リダイレクト後に表示される最終ページ URL がターゲットに設定されているか確認します。ステータスにカーソルを合わせると、リダイレクト URL が表示されます。

また、広告や設定のトラッキング パラメータのセクションに、トラッキング情報が含まれるようにする必要があります。

不承認: 不適切なリンク先 動的検索広告では、クロスドメイン リダイレクトは使用できません。

最終ページ URL が、ページフィードで指定している URL と同じドメインであることを確認します。

たとえば、ページフィードの URL が example.com で、この URL が example1.com にリダイレクトされる場合、その URL は配信されません。

不承認: 機能していないリンク先 ターゲットの URL が無効です。 URL が有効で、ブラウザで読み込まれるかどうかを確認します。
不承認: URL の重複 ページフィードに同一の URL がある場合、そのフィードに最後に追加された URL だけが配信対象になります。その他すべての重複する URL には「不承認」というラベルが付きます。

重複した URL に関連付けられているラベルを確認し、承認および配信されている URL に正しいラベルが関連付けられていることを確認します。

また、フィードを管理しやすくするために、不承認の重複 URL を削除する必要があります。

不承認: クロール不可 動的検索広告では、Google のウェブページ クローラを使用してウェブサイトからデータを収集し、ウェブサイトの見出しとターゲットを生成します。クロールできないウェブページは、動的検索広告で使用できません。商品のクロールに関する一般的な問題の詳細

GoogleBot と AdsBot は、動的検索広告で使用する情報を Google 広告のシステムに提供します。ウェブ担当者の方は、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドに沿って、これらのクローラがウェブページでブロックされないようにするとともに、クローラが利用する情報を改善してください。

ウェブサイトで AJAX を使用している場合は、Google がウェブサイトにアクセスしやすくするための方法をご覧ください。

Search Console へのサイトの登録方法の詳細

審査中: クロールを待機しています ページフィードの作成または修正後、すべてのページをクロールするのに最大 24 時間かかる場合があります。

このステータスは、URL の追加や編集、またはカスタムラベルの編集により、ページフィードを変更した場合に表示されます。ほとんどの URL は、フィードを変更してから 24 時間以内にクロールされます。

Google 広告によるクロールをブロックしていない場合でも、クロールの効率を妨げてしまっていることがあります。これは特に、多数のページフィードのエントリを一度にアップロードまたは編集した場合に発生します。クロールの頻度は Search Console で確認や調整をすることができます

ウェブサイトが大量のクロールに対応できない場合は、ページフィード内のすべてのページでクロールが完了するまでに、さらに多くの時間がかかる場合があります。

広告でクリック トラッカーを利用している場合は、クロール処理に影響を与えていないかどうかを確認してください。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。