広告をモバイル向けに最適化する

この記事では、広告をモバイル向けに最適化する方法について解説します。ここでご紹介する方法を参考にして、増え続けているモバイル検索のユーザーにアプローチしましょう。

この記事は全 2 部シリーズのパート 2 です。パート 1 では、ウェブサイトをモバイル向けに最適化するためのガイドをご紹介します。

1. 拡張テキスト広告にアップグレードする

拡張テキスト広告は広告文のスペースが広く、モバイル端末で成果が高まるように設計されています。この新しい広告フォーマットのメリットを利用できるよう、ぜひ既存のテキスト広告を拡張テキスト広告に更新しましょう。更新に費用はかかりません。

詳しくは、拡張テキスト広告の記事をご覧ください。

既存の広告を拡張テキスト広告に更新する方法
  1. Google 広告にログインします。
  2. 左側のページメニューで、[広告と広告表示オプション] をクリックします。
  3. 編集するテキスト広告にカーソルを合わせ、鉛筆アイコンをクリックします。既存の広告文が新フォーマットの該当する欄にあらかじめ入力されているため、最小限の手間で拡張テキスト広告を作成できます。
  4. 最終ページ URL、広告見出し、広告文、「パス」項目(省略可)を入力します。入力した内容のモバイル版とパソコン版の広告がすぐに [広告プレビュー] に表示されます。
  5. 新しいテキスト広告が完成したら、[広告を保存] をクリックします。

2. モバイル向けの効果的な広告表示オプションを使用する

広告表示オプションを使うと、ビジネスの住所や電話番号、サイトの特定のページへのリンクといったビジネス情報を広告に付加して表示できます。広告表示オプションを使った広告は、モバイル ユーザーの目を引きやすく、魅力が増します。

広告表示オプションは無料でご利用いただけます。なお、広告がクリックされた場合には通常の広告費用がかかります。

ここでは、モバイルでの成果向上に役立つ広告表示オプションをご紹介します。

サイトリンク表示オプションを使ってオンライン販売を促進

サイトリンク表示オプションを使うと、ビジネスの営業時間や目玉商品などを掲載した、サイトの特定のページへのリンクを広告に追加できます。ユーザーは知りたい情報や購入したい商品が掲載されたページに、広告から直接移動できるようになります。

住所表示オプションを使って来店を促進

住所表示オプションを使うと、お店の地図や住所、お店までの距離を広告に表示できます。ユーザーはお店のだいたいの場所が広告ですぐにわかり、具体的な場所を簡単に確認して足を運ぶことができます。

住所表示オプションの設定方法

電話番号表示オプションを使って問い合わせ電話を促進

電話番号表示オプションを使うと広告に電話番号が追加され、クリック率が 4~5% 伸びると見込まれます。ユーザーはお客様のビジネスに広告から直接電話で問い合わせができるようになります。

電話番号表示オプションの設定方法

3. 効果的なモバイル広告を作成するための運用ガイドを活用

モバイル端末で見込み顧客を呼び込むには、ユーザーにとって関連性が高く、魅力的で有益な広告を作る必要があります。効果的なモバイル広告を作成するための運用ガイドに記載された、一部の項目をご紹介します。

  • 広告見出しで人目を引く: 広告見出しはユーザーが最初に目にする要素です。モバイル広告で最も目立ち、クリック可能な要素である広告見出しでは、特にユーザーに対する関連性と魅力を高めるようにしましょう。求める情報と広告に関連性があることがユーザーにすぐにわかるよう、広告見出しにキーワードを含めてみましょう。
  • 行動を促す力強いフレーズを使う: 行動を促すフレーズとして明確で力強い表現を使うことで、広告のリンク先でできることをモバイル ユーザーに伝え、広告主様が期待する行動をユーザーが達成するよう促します。たとえば、「購入する」、「電話する」、「注文する」、「登録する」、「見積もりを取る」といった力強い動詞を使います。また、的確なフレーズを選択すれば、ビジネスにつながる可能性の低いクリックを減らして、無駄な費用を抑えることができます。
  • 広告文を最大限に活用する: ビジネスを差別化できる要素と、ユーザーのニーズを満たせる理由を強調しましょう。競合他社と差別化できるセールス ポイント(サービス、信頼性、豊富な品揃え、独自商品、お得な価格やプロモーションなど)をアピールしましょう。
  • 複数パターンの広告を掲載する: 1 つの広告グループに複数の広告を設定すると、デフォルトでは、掲載結果の良いものが優先的に表示されるようになります。広告見出しや広告文を変えた複数のパターンで、2〜4 個の広告を作成することをおすすめします。

広告作成に取り掛かる際には、拡張テキスト広告の作成手順をご覧ください。

4. 広告とモバイル ランディング ページで扱う情報を一致させる

モバイル ランディング ページは、広告のクリックを購入につなげるうえで大きな役割を果たします。広告をクリックしたユーザーは、広告で目にした情報と関連するページが表示されるものと考えます。期待した情報がすぐに表示されなければ、サイトを離脱する可能性が高まります。

広告文の行動を促すフレーズにマッチするモバイル ランディング ページを選択し、特定の商品の購入やフォームへの登録といった、具体的な行動を取る手順を明確に示しましょう。広告で約束したプロモーションや特典は、ランディング ページで目立つように取り上げます。

モバイル広告とランディング ページとの結びつきが、広告主様の期待する行動へとユーザーを導く橋渡しとなります。どちらでも同じ行動へユーザーを導いていますか?どちらでも同じセールス ポイントをアピールしていますか?広告とランディング ページとの結びつきが強いほど、ビジネスの成果につながる可能性が高まります。

パート 1 に移動: ウェブサイトをモバイル向けに最適化する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。