YouTube リマーケティング リストを使用する

YouTube リマーケティング リストを使用すると、YouTube、検索、ショッピング、Gmail のユーザーにパーソナライズド広告を表示できます。YouTube リマーケティング リストは、広告主様の YouTube 動画を視聴したことがあるか、YouTube チャンネルを訪れたことのあるユーザーに広告を表示するのに役立ちます。この記事では、キャンペーンでリマーケティング リストを使用する方法を解説します。

はじめに

yes, confirmed YouTube チャンネルを Google 広告アカウントにリンクします。
yes, confirmed YouTube チャンネルを Google 広告アカウントにリンクして、「リマーケティング」機能を有効にします。
yes, confirmed

YouTube アカウント設定でパーソナライズド広告が有効になっていることを確認します。パーソナライズド広告が無効になっていると、YouTube チャンネルでリマーケティング リストを使用することができません。

yes, confirmed リマーケティング リストで使用する動画が、パーソナライズド広告ポリシーを遵守していることを確認してください。
yes, confirmed YouTube チャンネルと動画コンテンツが子ども向けとして設定されているかどうかを確認します。デリケートなコンテンツを含む動画はリマーケティングでは使用できません。
yes, confirmed リストのステータスが [オープン] に設定されており、アクティブ ユーザー数が 1,000 人以上であることを確認します。詳しくは、リマーケティング リストについての記事をご覧ください。
yes, confirmed リストサイズが減少している場合は、有効期間が終了に近づいていないかを確認します。たとえば、有効期間を 30 日間に設定すると、ユーザーはリマーケティング リストに最長 30 日間登録されます。
yes, confirmed ターゲットは幅広く設定しましょう。一度に複数のターゲティング方法を使用すると、広告主様の展開する Google 広告のすべてのキャンペーンにその設定が適用され、広告の表示回数が大幅に制限される可能性があります。
注: リストによっては、特定のキャンペーン タイプに使用できないものもあります。

手順

YouTube リマーケティング リストを作成する

  1. YouTube アカウントを Google 広告アカウントにリンクさせます(まだリンクしていない場合)。
  2. 画面右上にあるツールアイコン Google Ads | tools [Icon] をクリックします。
  3. [共有ライブラリ] の下にある [オーディエンス マネージャー] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックしてから、[YouTube ユーザー] をクリックします。
  5. オーディエンス名を入力します。
  6. プルダウン メニューから [リストのメンバー] をクリックし、オーディエンス リストに含めるユーザーを選択します。たとえば、過去に広告主様のチャンネル動画を視聴したユーザーやチャンネル登録したユーザーを選択できます。
  7. Google 広告アカウントにリンクされている YouTube チャンネルを選択します。
  8. [事前入力オプション] セクションを展開して、どのようなユーザーを追加するかを選択します。過去 30 日間にルールに一致したユーザーをリストに事前入力するか、または空のリストから開始するか、どちらかを選ぶことができます。
  9. [有効期間] で、ユーザーをオーディエンス リストに保持しておく日数を入力します。最大 540 日まで設定できます
  10. [作成] をクリックします。

リマーケティング リストは、アクティブ ユーザーが 1,000 人を超えるとキャンペーンに使用できます。新しいキャンペーンを作成するときや、既存の動画キャンペーンのターゲットとして使用するリマーケティング リストを選択できます。

広告グループやキャンペーンに YouTube リマーケティング リストを追加する

  1. [オーディエンス] を選択します。
  2. 鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  3. プルダウン メニューから [キャンペーン] または [広告グループ] を選択します。
  4. [キャンペーンを選択] をクリックします。
  5. リマーケティング リストを追加する広告グループまたはキャンペーンを選択します。
  6. [ターゲット設定] または [モニタリング] を選択します。
  7. ターゲットとして設定するオーディエンスを選択し、選択したオーディエンスに関連する特定のボックスをオンにします。
  8. [保存] をクリックします。

クライアント センター(MCC)アカウントで管理されている Google 広告アカウントを YouTube チャンネルにリンクすると、MCC アカウントからそのチャンネルの指標にアクセスできるようになります。また、Google 広告アカウントでリマーケティング リストの共有を有効にしておくと、お客様が作成したリマーケティング リストを MCC アカウントが他の子アカウントと共有できるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。