Firebase のデータを使用したリマーケティングについて

Google 広告アカウントを Firebase プロジェクトにリンクすると、Firebase のデータで作成したオーディエンスを使用できるようになります。

はじめに

Firebase オーディエンスに基づいたリマーケティング リストを使用するには、あらかじめ Google 広告アカウントを Firebase にリンクしておく必要があります。Google 広告アカウントを Firebase にリンクする方法については、Google 広告と Google アナリティクス アプリ + ウェブまたは Firebase をリンクするをご覧ください。

仕組み

Google 広告アカウントでは、Firebase オーディエンスに基づいてモバイルアプリのリマーケティング リストを作成できます。モバイルアプリのデータに基づくリストは、検索、ディスプレイ、動画の各キャンペーンでターゲットに設定できます。また、イベントとユーザー プロパティを自由に組み合わせて、Firebase でオーディエンスを作成することもできます(例: 「ブラジルに住んでいる Android ユーザー」)。Google 広告アカウントを Firebase プロジェクトにリンクすると、Google 広告ではデフォルトで次のようなリマーケティング リストを使用できるようになります。

  • 購入者: アプリを購入したか、アプリ内購入を行ったユーザー。
  • すべてのユーザー: アプリをインストールしたユーザー。

Firebase で作成したリマーケティング リスト

Firebase アカウントで作成したリマーケティング リストはすべて Firebase で管理されるので、Google 広告アカウントでそれらのリストに変更を加えることはできません。Google 広告アカウントのリンクを解除すると、Firebase のデータに基づくリマーケティング リストを使用している広告グループでは、広告の掲載が停止されます。

複数の Google 広告アカウントでリマーケティング リストを共有する

Firebase のデータにアクセスできるクライアント センター(MCC)アカウントは、子アカウントと Firebase のデータを共有することができます。また、Firebase のアカウント管理者は、他の子アカウントまたは MCC アカウントとリマーケティング リストを共有できます。Google 広告 アカウントと Firebase のリンクが壊れた場合は、データを共有している他のすべてのアカウントからデータにアクセスできなくなり、該当するアカウントに基づくリマーケティング リストを使用している広告グループで、広告の掲載が停止されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。