マッチタイプの選び方

キーワードのマッチタイプは、どのような検索語句で広告が掲載されるかを決めるための設定です。たとえば、部分一致を指定して広範囲のユーザーに広告を表示することも、完全一致を指定して広告の表示機会を絞り込むこともできます。キーワードのマッチタイプについてご覧ください

この記事では、マッチタイプの選び方について説明します。

幅広いものから始め、徐々に限定的なものに移行していく

キーワードのマッチタイプを選ぶ際、通常は幅広いものから始め、徐々に限定的なものに移行していくことをおすすめします。

まずは部分一致を指定して、関連性の高い検索で広告が表示されるチャンスを最大限に高めることをおすすめします。部分一致はデフォルトで設定されているので、キーワードを追加したら何もする必要はありません。キーワードを追加する方法をご覧ください

次に、キーワードの掲載結果を一定期間観察します。関連性の低い検索語句で広告が表示されるケースがあまりに多い場合は、除外キーワードを追加することで、そのような検索語句で広告が表示されないようにしたり、より限定的なキーワードのマッチタイプを使用して、広告表示の対象となるユーザーを絞り込んだりすることができます。広告とキーワードの掲載結果を観察する方法をご覧ください

広告の表示につながった検索語句を確認する

表示回数やクリック数に関するデータがある程度蓄積されたら、「検索語句レポート」で実際に広告の表示につながった検索語句を確認します。検索語句レポートの詳細をご覧ください

検索語句レポートの活用のヒント:

  • キーワードと検索語句との関連性を確認する。[マッチタイプ] 列では、設定したキーワードと、広告が実際に表示された検索語句との関連性を確認することができます。この情報を基に、キーワードのマッチタイプを調整することができます。たとえば、キーワードとして「バナナ ケーキ」と設定したとします。「バナナ ケーキ」にマッチタイプとして「完全一致」が表示された場合、「バナナ ケーキ」に完全に一致するフレーズで検索したユーザーが、広告を見たことを意味します。
  • キーワード候補を確認する。これまで考えもしなかった新しい語句で広告が表示されている場合があります。これらの語句を新しいキーワードとして追加します。
  • 除外キーワードの候補を調べる。広告と関連性が低い検索語句で広告が表示されている場合、除外キーワードに指定します。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。