Google 広告レポートの Google アナリティクス データについて

Google アナリティクス アカウントと Google 広告アカウントをリンクすると、Google アナリティクス データを Google 広告にインポートして、Google 広告アカウントでデータを確認できます。アナリティクス データをあわせて確認すると、広告の掲載結果をさらに詳しく分析してキャンペーンの最適化を図ることができます。

この記事では、Google 広告 での Google アナリティクス データの活用方法の概要を説明します。準備が整ったら、Google アナリティクスの表示項目をレポートに追加します。

機能

Google 広告 で Google アナリティクスのデータを確認するには、まず Google 広告 アカウントの自動タグ設定を有効にし、Google 広告 アカウントと Google アナリティクス アカウントをリンクし、サイト指標をインポートする Google アナリティクスのビューを選択します。それから、Google アナリティクスの表示項目を Google 広告 レポートに追加します。

Google アナリティクスのサイト エンゲージメント データと Google 広告 の掲載結果データを並べて表示することで、広告をクリックしたユーザーがランディング ページでどのような行動を取っているかを確認できます。確認できるデータには次の種類があります。

  • 直帰率: ユーザーが 1 つのページだけを閲覧して離脱した場合、または 1 つのイベントだけをトリガーして離脱した場合、アナリティクスではその訪問を「直帰」とみなします。サイトの直帰率は、直帰となったセッションの割合を表します。
  • 平均セッション時間(秒): ユーザーがサイトに滞在した平均時間です。
  • ページ/セッション: 1 回のセッション中に閲覧された平均ページ数です。
  • 新規セッション率: 新規セッションの割合の推定値です。

こうした情報は、キャンペーンや広告グループの効果を測る目安となり、予算や入札単価、ランディング ページ、広告文などを最適化するうえで役立ちます。

たとえば、広告グループの直帰率とクリック率を並べて表示すると、広告をクリックしたユーザーに適切な情報を表示できているかどうかがある程度判断できます。

Google アナリティクス データを Google 広告レポートに追加するには、Google アナリティクス データを Google 広告 レポートに追加します。

山田さんはインターネットで花を販売しています。複数実施しているキャンペーンの 1 つでは、誕生日用の花束を宣伝することにしました。どのようなメッセージが最も売り上げが伸びるかを見極めるため、現在、数種類のキーワードのテーマを試しています。「誕生日ブーケ」というテーマで広告グループを 1 つ作成し、さらに別の広告グループでは「誕生日用フラワー アレンジメント」というテーマでキーワードと広告を作成しました。

両方のクリック率を確認したところ、「フラワー アレンジメント」広告グループより、「ブーケ」広告グループの広告の方がより多くのクリック数を獲得しています。これを見る限り、「ブーケ」広告グループの方が効果がありそうです。ところが、広告グループのレポートに [直帰率] の表示項目(Google アナリティクスのデータ)を追加したところ、重大な事実が判明しました。

広告のクリック率は「ブーケ」広告グループが 8%、「フラワー アレンジメント」広告グループでは 6% です。しかし、「ブーケ」広告グループは直帰率も高く 60% に達しています。「ブーケ」広告グループの広告をクリックしてサイトを訪れたユーザーの半分以上は、他のページを閲覧することなく花も購入していないことがわかります。

「ブーケ」広告グループの方がクリック率は高くても、それは山田さんが望んでいるクリックではないようです。一方、「フラワー アレンジメント」広告グループの直帰率は 30% なので、「フラワー アレンジメント」の広告をクリックしてサイトにアクセスしたユーザーは、サイトに滞在する時間が長いことがわかります。

 

広告グループの「テーマ」 表示回数 クリック率 クリック数 直帰率 直帰しなかった
ユーザー数
誕生日ブーケ 1,000 8 % 80 60% 32
誕生日用フラワー アレンジメント 1,000 6% 60 30% 42

 

「フラワー アレンジメント」の広告グループはクリック数は少ないものの、クリック後にウェブサイトに長く滞在するユーザーが多いため、より効果的だと言えます。

Google 広告 での Google アナリティクス データの詳細

Google 広告 と Google アナリティクスのデータの相違

Google 広告 のデータと、Google アナリティクスから読み込んだデータには相違が見られる場合があります。よくある原因は次のとおりです。

  • Google 広告 はクリック数をトラッキングしますが、Google アナリティクスは訪問数をトラッキングします。この 2 つの指標には次のような理由で差異が生じる場合があります。
    • ユーザーは広告を複数回クリックする場合があります。1 人のユーザーが 1 回の訪問で同じ広告を何度もクリックした場合、Google 広告では複数回のクリックが記録されますが、Google アナリティクスでは複数のページビューが 1 回の訪問として認識されます。
    • ユーザーは広告をクリックした後、別のセッション中にブックマークや保存されたリンクを介してサイトに直接戻ってくる場合があります。これは、Google 広告では 1 回のクリックとして登録されますが、アナリティクスでは複数のセッションとして登録されます。
    • 広告をクリックしたユーザーが、ページが完全に読み込まれる前に別のページに移動したり、ブラウザの「中断」ボタンや「戻る」ボタンをクリックしたりする場合があります。こうしたケースは、アナリティクスでは訪問としてカウントされませんが、Google 広告 では 1 回のクリックとして記録されます。
  • 請求内容の正確性を期すため、Google 広告 のレポートでは無効なクリックが自動的に除外されます。
  • 長い期間でデータを比較すると、アカウントがリンクされていなかった期間も含まれる場合があります。
利用可能なデータと更新について
注: 2019 年 10 月現在、Google 広告で利用できるのは 2016 年 5 月までの Google アナリティクス データのみです。

Google 広告に表示する Google アナリティクス ビューのサイト指標をインポートした後、データがインポートされて Google 広告に表示されるまでに時間がかかります。ステータス メッセージは、Google 広告の [リンクされたアカウント] > [Google アナリティクス] にあるレポート表の [アクション] 列で確認できます。ほとんどの場合、データと列が Google 広告に表示されるまでは 1 時間もかかりませんが、大規模なアカウントの場合は時間がかかる場合があります。データをインポートしたら、Google アナリティクス データを Google 広告レポートに追加できます。

Google アナリティクスと Google 広告 のアカウントをリンクすると、直ちに Google アナリティクスで Google 広告 固有のデータの収集と保存が始まります。その後、Google 広告 とアナリティクスのアカウントをリンクしている限り、Google アナリティクス データが Google 広告 にインポートされます。

たとえば、5 月 1 日にアカウントをリンクして、5 月 15 日に Google アナリティクス データを Google 広告 アカウントにインポートした場合、Google 広告 レポートには 5 月 1 日以降のすべての Google アナリティクス データが表示されます

2016 年 5 月時点で収集および処理された Google アナリティクス データのみが Google 広告に表示されます。通常、Google アナリティクスは 1 日を通じて継続的にデータを処理しますが、すべてのデータが更新されるまでに最長 24 時間かかる場合があります。たとえば、今日の午後 3 時に「昨日」のレポートを作成した場合、昨日のデータの一部(正確には午後 3 時から夜中の 12 時のデータ)はまだレポートに反映されない可能性があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。