ショッピング リマーケティング リストの使用

ショッピング リマーケティング リストを使用すると、以前に Google で検索を行って広告主様のサイトを訪問したことがあるユーザーに対して、ショッピング広告を表示することができます。この記事では、ショッピング キャンペーンにリマーケティング リストを追加する手順について説明します。

はじめに

リマーケティングについて詳しくは、ショッピング リマーケティング リストに類似した検索広告向けリマーケティング リストについての記事をご覧ください。なお、検索広告向けリマーケティング リストに適用されるルールは、ショッピング向けリマーケティング リストにも適用されます。

ショッピング リマーケティング リストを使うと、これまでのサイトでのエンゲージメントによってサイト訪問者を分類できます。「ショッピング カートを放棄したユーザー」、「ロイヤリティの高いユーザー」、「リピート訪問者」などのこれまでのサイトでのエンゲージメントに基づいて、ユーザー グループのショッピング広告の入札単価をカスタマイズすることが可能です。目標広告費用対効果のようなスマート自動入札を使っている場合、リマーケティング リストを追加すると、個々のユーザーリストのパフォーマンスがさらに向上します。
 

手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

  1. 新しいショッピング キャンペーンを作成します。または、既存のショッピング キャンペーンと広告グループを選択します。
  2. [キーワード] タブの隣にある [オーディエンス] タブをクリックします。
  3. [オーディエンス] タブが表示されない場合は、タブバーの右端にあるプルダウン メニューをクリックして有効にし、[オーディエンス] を選択してください。
  4. [+ ターゲット設定] をクリックします。
  5. オーディエンスの適用先に応じて、[追加先] から [キャンペーン] または [広告グループ] を選択します。
  6. [キャンペーンのターゲット設定を追加] または [広告グループのターゲット設定を追加] プルダウン メニューをクリックして、[インタレストとリマーケティング] を選択します。
  7. [カテゴリを選択] プルダウン メニューをクリックして、[リマーケティング リスト] を選択します。「すべての訪問者」のリストに加え、サイト訪問者グループごとに作成したルールベースのリストが表示されます。広告グループにリマーケティング リストを追加します。
  8. 必要に応じて、リマーケティング リストをさらに作成します。
  9. サイト全体にリマーケティング タグを追加します。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。