ショッピング広告でウェブサイト訪問者用のデータ セグメントを使用する

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報がまとめられています。キャンペーン アイコン Campaigns Icon をクリックして [オーディエンス、キーワード、コンテンツ] タブを開き、[オーディエンス] をクリックします。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。オーディエンス レポートについて
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されています。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されました。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新

データ セグメントを使用すると、広告主様のサイトを訪問したことがあるユーザーが Google で検索しているときに、専用のショッピング広告を表示することができます。この記事では、ショッピング キャンペーンにデータ セグメントを追加する手順について説明します。

始める前に

サイトやアプリを利用したことがあるユーザーに向けて広告を表示する手法の基本知識は、検索広告向けデータ セグメントの概要でご確認いただけます(ショッピング広告向けデータ セグメントと類似の機能です)。検索広告向けデータ セグメントご利用時のルールは、ショッピング広告向けデータ セグメントでも遵守する必要があります。

ショッピング広告向けデータ セグメントを使うと、サイトでのこれまでのエンゲージメントに応じてサイト訪問者を分類(セグメント化)できます。これにより、サイトでの過去のエンゲージメントに基づくユーザー群(「ショッピング カートを放棄したユーザー」「ロイヤリティの高いユーザー」「リピート訪問者」など)ごとに、ショッピング広告の入札単価をカスタマイズすることが可能です。スマート自動入札(目標広告費用対効果など)をご使用の場合、データ セグメントを追加すると、オーディエンスごとにさらなる成果向上を図ることができます。

手順

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面で、[キャンペーン] アイコン Campaigns Icon をクリックします。
  2. セクション メニューの [オーディエンス、キーワード、コンテンツ] プルダウンをクリックします。
  3. [オーディエンス] をクリックします
  4. ターゲティングを変更するには、[オーディエンス セグメントの編集] をクリックします。
  5. 更新するキャンペーンか広告グループを選択します。
  6. [検索] や [閲覧] のオプションを使って、ターゲットに設定するセグメントを見つけて選択します。
  7. ターゲットに設定するセグメントの横にあるチェックボックスをオンにします。オンにしたオーディエンスがターゲティングに追加されます。
  8. [保存] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
16955349169391384757
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067