入札単価調整に関する問題を解決する

入札単価調整で問題が発生した場合は、以下のよくある問題とその解決方法を参考にしてください。

入札単価調整を設定した結果、キャンペーンが「予算による制限」を受けた

入札単価を引き上げるように調整値を設定した場合、オークションを勝ち抜いて広告が掲載される可能性が高くなります。一方、入札単価を引き上げることで、キャンペーンが「予算による制限」を受ける場合もあります。この制限により、キャンペーンで新しいトラフィックを最大限に獲得できない可能性があります。

「予算による制限」を受けているキャンペーンでも、一定の成果を上げて、広告掲載の目標の達成につなげることはできます。ただし、入札単価調整を設定してからキャンペーンが「予算による制限」を受けるようになった場合は、予算を引き上げてクリック数を増やすか、入札単価または入札単価調整を引き下げて限られた予算の中でより多くのクリックを獲得できるようにすることを検討してください。

たとえば、入札単価を 100 円、1 日の予算を 10,000 円に設定し、キャンペーンの 1 日あたりのクリック数が約 200 回、費用が 9,500 円であるとします(「予算による制限」は受けていません)。次に、神戸における携帯端末での検索に対する入札単価調整を +100% に設定すると、入札単価は 200 円になります。

入札単価を引き上げると、広告の表示機会が増えます。新たなクリックをすべて獲得し、できるだけ多くのトラフィックを誘導するには、1 日の予算を 15,000 円程度に増やす必要があります。一方で、1 日の予算を 10,000 円のままとした場合は、トラフィックが「予算による制限」を受けます。1 日の予算を変更しない場合は、獲得できるクリック数が減少する場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。