「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」について

この記事は AdWords 従来版に関する内容となっています。ご使用の AdWords がリニューアル版と従来版のどちらであるかをご確認ください。AdWords リニューアル版をご利用の場合は「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワークへの拡張)」キャンペーンについてをご覧ください。

「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」キャンペーンを使用すると、Google で検索しているユーザーと、Google ディスプレイ ネットワークのサイトを閲覧しているユーザーに広告を表示できます。この記事では、このキャンペーン タイプの基本的な仕組みのほか、同様の機能を持つ「検索ネットワークのみ」のキャンペーン タイプとの違いや、キャンペーンを「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」に変更する方法について解説します。

仕組み

この「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」タイプのキャンペーンの管理方法では、「検索ネットワークのみ」の場合と同様に、予算の設定、関連性の高いキーワードの選択、広告の作成、入札単価の設定を行います。

広告は、Google 検索または検索パートナーのサイトでお客様が設定したキーワードと一致する語句が検索されたときと、Google ディスプレイ ネットワークのサイトの関連ページに表示されます。ディスプレイ ネットワークでは広告がターゲットを絞って表示され、入札単価の設定も自動的に行われるので、宣伝している商品やサービスに関心を持つ可能性が高いユーザーに効率的にアプローチできます。

キャンペーン タイプの比較

  [検索ネットワークのみ] [検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)]
広告のプレースメント 標準、すべての機能
    Google 検索結果
    検索パートナーのサイト
標準、すべての機能
    Google 検索結果
    検索パートナーのサイト
    Google ディスプレイ ネットワークのサイトと動画
広告フォーマット 標準
    テキスト広告*

すべての機能
    テキスト広告*
    ショッピング広告
    動的検索広告
    アプリ / デジタル コンテンツ広告

*キーワードの挿入を含む
標準
    テキスト広告*

すべての機能
    テキスト広告*
    イメージ広告
    ディスプレイ広告ビルダーで作成した広告
    アプリ / デジタル コンテンツ広告

*キーワードの挿入を含む
ターゲット設定 標準
    キーワード

すべての機能
    キーワード
    検索広告向けのリマーケティング リスト
標準
    キーワード

すべての機能
    キーワード
    プレースメント
    検索広告向けのリマーケティング リスト
    サイトカテゴリ オプション
入札単価 標準、すべての機能
    個別単価設定 / 自動入札
    (検索ネットワーク)
標準、すべての機能
    個別単価設定 / 自動入札
    (検索ネットワーク)
    自動入札
    (ディスプレイ ネットワーク)
 

留意点

「検索ネットワークのみ」のキャンペーンから「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」に切り替えたケースでは、コンバージョンの獲得数が平均 15% 増加し、費用についてもほとんどの場合に 15% 増加しています。

キャンペーンをアップグレードする

  1. AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. [設定] に移動します。
  4. アップグレードするキャンペーンを選択します。注: 「ディスプレイ ネットワークのみ」キャンペーンから「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」にアップグレードすることはできません。
  5. [タイプ] セクションで [編集] をクリックします。
  6. プルダウン メニューをクリックし、[検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)] を選択します。
  7. [保存] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。