動的リマーケティング用のディスプレイ広告を作成する

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある [設定] アイコン YouTube 設定アイコンの画像 で [字幕] を選択し、言語を選択します。


動的リマーケティング キャンペーンでは、広告主様が管理してキャンペーンに添付した商品フィードの中から、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされたコンテンツ(お客様のウェブサイトまたはアプリでユーザーが閲覧した商品の広告を含む)が表示されます。動的リマーケティング キャンペーン用にレスポンシブ ディスプレイ広告を作成できますが、クリエイティブを厳密に管理したい場合は、ディスプレイ広告をアップロードすることも可能です。

レスポンシブ広告の例

レスポンシブ ディスプレイ広告にない機能が必要な場合は、後述の手順に沿って、Google Web Designer で作成したカスタム動的広告をアップロードすることができます。

留意点

標準の動的広告を使用している場合は、動的キャンペーンで設定されたレスポンシブ ディスプレイ広告の候補が表示されるようになります。これらの広告は、確認して有効にするまで一時停止の状態になります。

既存の標準の動的広告は読み取り専用(編集不可)になりますが、広告主様がご自身で一時停止にしない限り引き続き配信されます。

始める前に

  • 動的リマーケティング キャンペーンで使用する商品やサービスのフィードを作成します。動的リマーケティング キャンペーンにはフィードが必要です。
  • Google のすべての広告フォーマットの利用を可能にするには、画像が必要です。Google が広告を簡単に最適化できるよう、複数のアセットを提供することをおすすめします。最大 15 枚のマーケティング画像と 5 個のロゴをアップロードできます。1 枚の画像をトリミングして横長のフォーマットとスクエアのフォーマットに使用することも、アスペクト比ごとに異なる画像を使用することもできます。お手持ちの画像をアップロードするか、ウェブサイトの画像をスキャンするか、または無料ストックフォトの画像を選択してください。最近使用した画像から選択することも可能です。画像に関する推奨事項

手順

レスポンシブ ディスプレイ広告の作成方法

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 上部にある [表示] バーから [ディスプレイ キャンペーン] を選択します。
    注: 左側のナビゲーション パネルを使用する場合は、Google 広告アカウントの左上にある [表示形式を変更] をクリックします。
    左側のページメニューで [広告とアセット] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックして、[レスポンシブ ディスプレイ広告] を選択します。
  4. 広告グループを選択します。レスポンシブ ディスプレイ広告で動的リマーケティングをサポートする場合は、広告グループまたはそのキャンペーンを必ずフィードに添付します。
  5. 画像を追加して、保存します。レスポンシブ ディスプレイ広告用の画像に関する推奨事項
  6. 広告に表示する情報を入力します。複数の広告見出しや説明文を作成して、レスポンシブ ディスプレイ広告でレンダリングさせることができます。次の要素の、複数のバージョンをアップロードできます。
    • 短い広告見出し: 半角 30 文字(全角 15 文字)以内で作成します(1~5 個)。短い広告見出しは、広告の 1 行目として表示されます(動的ディスプレイ広告のプロモーション用テキストが指定されていない場合)。説明文と一緒に表示される場合とされない場合があります。短い広告見出しに関する推奨事項
    • 長い広告見出し: 半角 90 文字(全角 45 文字)以内で作成します。
    • 説明文: 1~5 個の説明文を作成します。広告見出しに加えて説明文を表示することで、ユーザーに行動を促します。
    • ビジネスの名前: ビジネスやブランドの名前を入力します。指定したとおりの内容が広告に表示されるため、表記ミスや大文字と小文字の間違いなどがないよう正確に入力してください。
    • 最終ページ URL: 広告をクリックしたユーザーの移動先を入力します。
    • (省略可)[広告の URL オプション] に移動し、トラッキング パラメータまたはカスタム パラメータを URL に追加します。
    • (省略可)[その他のオプション] に移動し、[行動を促すフレーズのテキスト] を選択します。プルダウン メニューから、行動を促すフレーズのテキストとその言語を選択します。
    • (動的レスポンシブ広告の場合は省略可)プロモーション用テキスト(「2,500 円以上のご注文で送料無料」など)と価格のプレフィックスを追加します。このアセットを活用することで、広告のエンゲージメントを促進することができます。プロモーション用テキストを使用するには、[その他のオプション] をクリックし、[動的広告のオプション] のチェックボックスをオンにして、テキストを追加します。
      プロモーション用テキストを作成する際のヒントを以下にいくつか挙げます。
      • 特典の内容は具体的に伝えましょう。たとえば「30% オフ」よりも「学用品全品 30% オフ」のほうが効果的です。
      • 特典を過度に強調することは避けましょう。欧文の全大文字表記や句読点の乱用は、かえってユーザーの興味を削ぐ可能性があります。
      • 繰り返しは避けましょう。プロモーション用テキストではブランド名を繰り返さないでください。
      • 効果的なメッセージの例: 新発売の情報、抽選で当たる特典、来店特典、期間限定セール
      • 多くのユーザーは、価格関連の記述に敏感です。会社のスローガンよりも、セールや価格に関するプロモーションを表示したほうが効果が出ることが一般的です。
      • プロモーション用テキストは、長期間(たとえば 6 か月以上)表示することを想定したものではありません。ユーザーに常時見せておきたい文言(例: 会社のスローガン)がある場合は、短い広告見出しのほうが適しています。
  7. 人気の高いサイズと広告フォーマットを使用した広告をプレビューで確認します。レスポンシブ ディスプレイ広告は、ディスプレイ ネットワークのほぼすべての広告スペースに合わせて表示されるため、そのレイアウトは何千種類にもおよびます。
  8. Google Merchant Center フィードに関するその他の推奨事項をご確認ください。
  9. キャンペーンの内容を確認します。[確認] ページでは、選択した設定をすべて確認できます。通知がある場合は、ここで問題を修正することができます。通知内の [修正] をクリックします。
  10. [保存] をクリックします。
  11. 広告が承認されたら、少なくとも 1 週間以上待ってから掲載結果の分析を始めてください。そうすることで、十分なデータに基づいて結果を分析できます。

キャンペーンの下書き

作成したキャンペーンのうち未公開のものは、下書きとして保存されます。キャンペーンの下書きは、公開の妨げとなる重大な問題がなければいつでも公開できます。

 

新しいキャンペーンを作成する際は、既存の下書きを選択することも、既存の下書きを使用せず新たに作成することもできます。

 

手順:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. [概要] デフォルト ビューで、[新しいキャンペーン] ボタンをクリックします。
  3. [キャンペーンの下書きを再開] を選択します。
  4. [下書き] メニューで、作成を再開する下書きまたは公開する下書きを選択します。

動的広告をアップロードする方法

独自のイメージ広告を作成してアップロードすることで、ディスプレイ キャンペーンのクリエイティブを詳細に管理することもできます。このような広告は Google 広告以外の場所(Google Web Designer など)で作成し、.zip ファイルとして Google 広告にアップロードできます。さらに Google Web Designer ではルールを設定することも可能で、Google ディスプレイ ネットワークで表示される場所に応じて広告のサイズが調整されるようにすれば、広告をレスポンシブにすることができます。これらの広告を動的リマーケティングのフィードにリンクします。

HTML5 広告のご利用要件

HTML5 広告は、一部の広告主様にご利用いただけます。現在は HTML5 広告をご利用いただけないアカウントであっても、次の要件を満たしている場合には、HTML5 広告を使うためのリクエストをお送りいただけます。
  • これまでポリシーを遵守してきた実績があること
  • これまでお支払いに関して問題が発生していないこと
  • これまでのご利用金額が 10 万円を超えていること
リクエストの審査が完了しましたら、メールでお知らせいたします。当面の間は、アップロード型イメージ広告やレスポンシブ広告など、別のフォーマットをご利用ください。
Google Web Designer を初めてお使いになる場合は、Google Web Designer で動的広告を作成する手順をご確認ください。Google Web Designer をご利用になったことがある場合、Rich Media Gallery のテンプレートと総合ガイドをご利用ください。詳しくは、ディスプレイ ネットワーク用のアップロード型広告についての記事をご覧ください。
  1. Google Web Designer を初めてお使いになる場合は、Google Web Designer で動的広告を作成する手順をご確認ください。重要: 広告の作成を始める前に必ずお読みください。Google Web Designer をご利用になったことがある場合、Rich Media Gallery のテンプレートと総合ガイドをご利用ください。
  2. 広告を追加するキャンペーンまたは広告グループにフィードが関連付けられていることを確認します。
  3. [広告と広告表示オプション] を選択し、プラスボタン をクリックします。
  4. [ディスプレイ広告のアップロード] を選択します。
  5. テンプレートを使って広告を作成するか、広告をアップロードします。
  6. [保存] をクリックします。

注: 新しいカスタム動的広告をアップロードする際は、その広告の種類(動的)と業種を適切に設定してください。クリエイティブの業種設定は、キャンペーンの設定と一致している必要があります。フィードについて詳しくは、[キャンペーン設定] ページをご覧ください。

また、固定された特定の数(2 つや 3 つなど)の商品ではなく、1 つ以上の不特定数の商品が表示されるよう広告を作成してください。動的リマーケティングの場合、Google が保証できるのは、不特定の数の商品が表示されることのみです。

レイアウトタグ

関連性の高い商品には、掲載結果を高めるためにレイアウトタグが表示されることがあります。これらのレイアウトタグは、フィードから取得した商品に関するインサイトに基づいて自動的に表示されます。表示対象となるのは、小売業を営む広告主様のレスポンシブ ディスプレイ広告です。表示されるレイアウトタグは次のとおりです。

  • 「値下げ」タグ: 最近 Google Merchant Center フィードの商品が値下げされた際に表示されることがあります。
  • 「新着」タグ: Google Merchant Center フィードに新商品が追加された際に表示されることがあります。
  • 「注目」タグ: Google Merchant Center フィードで人気の高いアイテムに基づいて表示されることがあります。
  • 「セール」タグ: 「sale_price」が「price」よりも低い Google Merchant Center フィードのアイテムで表示されることがあります。

Google では、掲載結果を高めるため、他の種類のレイアウトタグをテストさせていただく場合もありますのでご了承ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー