プライバシーとパーソナライズド広告(旧インタレスト ベース広告)について

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報がまとめられています。キャンペーン アイコン Campaigns Icon をクリックして [オーディエンス、キーワード、コンテンツ] タブを開き、[オーディエンス] をクリックします。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。オーディエンス レポートについて
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されています。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されました。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新

オンライン広告業界全体において重要なのは、パーソナライズド広告を配信するにあたり、オンラインでの閲覧行動に関する情報が、表示される広告の改善にどのように使われるかをユーザーに伝え、さらに、情報の使われ方をユーザーが選択できるようにすることです。そこで Google では、パーソナライズド広告(旧インタレスト ベース広告)の掲載を通じて収集される情報をユーザーが管理できるよう、複数の手段をご用意しています。

その具体的な手段には次のものがあります。

  • 表示と管理: Google アカウントにログインしているユーザーは、Google ディスプレイ ネットワークでパーソナライズド広告の表示条件として使用されるトピックを、[広告設定] から確認、追加、削除できます。Google がユーザーにパーソナライズド広告を表示するとき、Cookie などのテクノロジーから取得するユーザーの識別子と、人種、宗教、性的指向、健康などに基づくデリケートなカテゴリを関連付けることはありません。詳しくは、パーソナライズド広告に関するポリシーをご覧ください。
  • オプトアウト オプション: ユーザーは広告設定によってパーソナライズド広告からオプトアウトすることができ、これには広告主様のサイトやアプリのユーザーから成るデータ セグメントも含まれます。ただし、パーソナライズド広告からオプトアウトすると、ほとんどの場合 Google ディスプレイ ネットワークで表示される広告の関連性が低下します。
  • 広告内での通知: ユーザーは Google ディスプレイ ネットワークのサイトに掲載されている広告内の「Ads by Google」や「Ad Choices」といったリンクをクリックすることで、詳しい情報を確認できます。

Interactive Advertising Bureau(IAB)、Network Advertising Initiative(NAI)、Internet Advertising Bureau United Kingdom(IAB-UK)などでは、広告主様、パブリッシャー様、広告ネットワーク、オンライン広告に携わるその他の対象者向けにガイドラインが作成されています。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー