データ セグメントに関してプライバシー ポリシーに記載する必要がある情報

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報がまとめられています。キャンペーン アイコン Campaigns Icon をクリックして [オーディエンス、キーワード、コンテンツ] タブを開き、[オーディエンス] をクリックします。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。オーディエンス レポートについて
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されています。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されました。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新

データ セグメントを使用すると、広告主様のウェブサイトにアクセスしたりアプリを使用したりしたことのあるユーザーにリーチし、適切なユーザーに適切なメッセージを届けることができます。これらの機能は、過去にサイトやアプリを利用したことがあるユーザーを呼び戻すうえで効果的な手法ですが、サイトまたはアプリでデータ セグメント用の情報を収集していることをユーザーに伝える必要があります。

サイトやアプリでデータ セグメントを使用している場合、プライバシー ポリシーに次の情報を含めることが必須となります。

  • データをオンライン広告にどのように利用しているかについての適切な説明。
  • Google を含む第三者配信事業者が、インターネット上のさまざまなサイトに広告主様の広告を掲載する方法についてのメッセージ。
  • Google を含む第三者配信事業者が Cookie やデバイス ID を使用し、広告主様のウェブサイトにアクセスした記録または広告主様のアプリを使用した記録に基づいてユーザーに広告を提供する方法についてのメッセージ。
  • Google の広告設定にアクセスして、Google による Cookie やデバイス ID の使用をオプトアウトできる旨の説明。または、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページで第三者配信事業者による Cookie の使用を無効にしたり、ユーザー自身のデバイスの設定で第三者配信事業者によるデバイス ID の使用を制御したりできることを、ユーザーに案内します。

データ セグメントに Google マーケティング プラットフォームのピクセルを使用する場合

データ セグメントに Google マーケティング プラットフォームのピクセルを使用している場合は、Google マーケティング プラットフォームのオプトアウト ページまたは Network Advertising Initiative のオプトアウト ページで Google マーケティング プラットフォームによる Cookie の使用を無効にできることを、プライバシー ポリシーに記載します。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
10721815119321077407
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067