完全一致を使用する

完全一致を指定すると、指定したキーワードやその類似パターンで検索したユーザーだけに広告が表示されます。4 つのキーワード マッチタイプの中で、完全一致は広告の表示対象を最も絞り込むことができるものであるため、クリック率をさらに高めることができます。

完全一致の仕組み

完全一致では、あらかじめ指定したキーワードと「意味」が完全に同じ語句で検索が行われた際に広告が表示対象になります。

指定したキーワードやその類似パターンに当たる語句が検索された場合に広告が表示されます。類似パターンには、次のような検索語句が含まれます。

  • 誤字脱字
  • 単数形や複数形
  • 語形の変化(例: 英語の「floor」と「flooring」)
  • 略語
  • アクセント付き記号の有無
  • 意味が同じで語順が異なる語句(例: [靴 男性用] と [男性用 靴])
  • 機能語の有無。機能語とは助詞(例: 「から」、「の」)や接続詞(例: 「ための」、「しかし」)など、検索の意図に影響しない単語です。たとえば、[男性用の靴] というキーワードは、「の」という機能語がない [男性用靴] の類似パターンに該当します。

完全一致を使用すると、インプレッション数やクリック数が思ったほど増えない場合がありますが、その代わりに高いクリック率(CTR)が期待できます。これは、お客様の商品やサービスと極めて関連性の高い検索語句で検索された場合に、広告が表示されるためです。

完全一致キーワード 広告が表示される検索語句の例 広告が表示されない検索語句の例
[男性用の靴]

靴 男性用
男性用 靴
男性用靴
男性用の靴

赤い靴 男性用
購入 男性用靴

完全一致(類似パターンを除く)での掲載結果は、品質スコア推定 First Page Bid の算出に使われます。

完全一致が役立つ場面

完全一致を使用すると、広告の表示対象を、キーワードやその類似パターンで検索するユーザーに限定することができます。つまり、提供している商品やサービスに最も関心が高いと思われるユーザーです。

他のオプションのほうが効果が見込めるケース

  • 完全一致キーワードのリストを作成して運用するには、個別に上限入札単価を指定するなど管理作業に時間がかかるため、運用に時間を割けない場合にはおすすめできません。
  • 完全一致では、他のマッチタイプに比べてインプレッション数、クリック数、コンバージョン数が少なくなる可能性があります。ただし、お客様の商品やサービスにより関心が高いユーザーのトラフィックを獲得できます。

キーワード リストの作成に役立つツール

できるだけ多くの完全一致キーワードを指定するには、次の方法が役立ちます。

こうして見つけた語句のうち、ビジネスと関連性の高いものをキーワードとして追加して、新しい広告で使用しましょう。

ヒント

  • 広告キャンペーンをより効果的に実施するために、2 つ以上のキーワード マッチタイプを組み合わせて使用することをおすすめします。たとえば、部分一致と完全一致を併用すれば、幅広いリーチを確保しながら、同時に広告の表示対象を正確に絞り込むことができます。
  • 特定の検索語句に対して広告を表示しないようにする場合は、その語句を広告グループまたはキャンペーンに除外キーワードとして追加します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。